FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
地下50メートルの鉱山鉄道 写真集2
吉澤石灰 葛生鉱山地下鉄道写真集その2

5番線終点


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
栃木県佐野市葛生地区には、古生代ペルム紀に属する良質な石灰石、マグネシウムを大量に含んだドロマイトが半円形状に広く分布している。
吉澤石灰エ業株式会社は、鉱区としてその富鉱部の大半を保有し、埋蔵鉱量10数億トン以上を確保している。ここは日本最大のドロマイト鉱山・日本有数の石灰鉱山である。佐野市立吉澤記念美術館で行われた、小堀鞆音没後80年の話を吉澤慎太郎社長に取材した後、鉱山を案内していただいた。ルーフネットでは、その様子を数回に渡り、報告してきた。今回は反響の大きかった、地下鉄道の写真をさらに詳しく紹介する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かつての採掘跡
かつての採掘跡

地下鉄道への入り口
地下鉄道への入り口

超大型ダンプで地表の投入口まで運ばれた鉱石はホッパーに落とされる。
超大型ダンプで地表の投入口まで運ばれた鉱石はホッパーに落とされる。

破砕場入り口
破砕場入り口

地下への階段入り口付近。鉱石の運搬は左に見えるベルトコンベアと鉄道だ
鉱石の運搬は左に見えるベルトコンベアと鉄道だ


P2164338.jpg

1段の高さ20センチ。50メートル下へ降りる。行きは下りで簡単、帰りののぼりが心配。「ホントに行きたいんですね。 大丈夫ですね」と案内の蛭子部長に念を押されて出発。
1段の高さ20センチ。50メートル下へ降りる。行きは下りで簡単、帰りののぼりが心配。「ホントに行きたいんですね。 大丈夫ですね」と案内の蛭子部長に念を押されて出発。"

ベルトコンベア
ベルトコンベア

P2164379.jpg
3キロの行程を40分で走る。 ドロマイトを満載して到着した貨物列車はすぐに引き返してゆく。

それでも鉱石を下した直後の列車のスピードはかなり早い
それでも鉱石を下した直後の列車のスピードはかなり早い

地下電気鉄道
地下電気鉄道

ケーブルカーのガイドローラーのような感じです。ケーブルカーなら2本のレールの中央に1列に並んでいますが、これはレールが消えたところで、本来レールがあるはずの部分の、さらに1メートルほど上に並行して並ん
ケーブルカーのガイドローラーのような感じです。ケーブルカーなら2本のレールの中央に1列に並んでいますが、これはレールが消えたところで、本来レールがあるはずの部分の、さらに1メートルほど上に並行して設置されている

線路幅   センチ

不思議な穴の様子。ここで線路は切れている。そしてレールが1本だけぐにゃっと曲がって敷設されている。さらにレールのかなり上にガイドローラーのように車輪が並んでいる。そう、線路が切れたここで列車はローラー
さらにレールのかなり上にガイドローラーのように車輪が並んでいる。そう、線路が切れたここで列車はローラー
に肘をかけ、車輪はレールを離れる。

またしてもその秘密。貨車の側面下から三分の一位之ところにツバがある
またしてもその秘密。貨車の側面下から三分の一位之ところにツバがある

その秘密が
側面のローラーに肘(ツバ)を乗せ、車輪は宙に浮く。同時にトロッコの底が真ん中のガイドレールによって開き鉱石を下の穴に落とす。折り返す時に、閉じる。行って帰るだけで、鉱石は下に落ちる。

台車がはずされ修理中のYOSHIZAWA5号
台車がはずされ修理中のYOSHIZAWA5号

地下鉄道のターンテーブル
地下鉄道のターンテーブル

鉱石列車は1日9往復する。
鉱石列車は1日9往復する


東鉱保電第58号五番線終点
東鉱保電第58号五番線終点

(写真は全て森田喜晴撮影)

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会