FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「中古住宅・リフォームトータルプラン」国土交通省
  国土交通省は、平成22年6月18日閣議決定に示された新成長戦略(「中古住宅・リフォーム市場の倍増」に向け、新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品質・性能を高め、中古住宅流通により循環利用されるストック型の住宅市場への転換を図るために、今後講ずべき施策について検討を行ってきた。平成24年3月27日「中古住宅・リフォームトータルプラン」として発表した。

このプランを実行することにより、2020年(平成32年)までに
中古住宅流通・リフォーム市場規模の倍増(20兆円)を目指す。


鶴川絵日記


我が国の住宅ストックは、平成20 年時点で約5,760 万戸となり、世帯数(約5,000
万世帯)を15%上回り量的充足が進んでいる.
一方、我が国の中古住宅流通・リフォーム市場の規模は未だ欧米諸国に比べて小さい
が、首都圏の中古マンションの取引量が新築マンションを上回るようになるなど中古住
宅の流通は次第に拡大しつつあり、また、リフォームにより中古住宅の魅力を高める取
り組みも広がりつつある。

施策の具体化により、新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品
質・性能を高め、中古住宅流通により循環利用されるストック型の住宅市場への転換を
図り、国の新成長戦略に盛り込まれた2020 年までの市場規模の倍増という目標の実現
を目指す。



全住宅流通量(既存住宅流通量と新築着工数の合計)に占める中古住宅の流通シェア
は、13.5%(平成20 年)であり、アメリカの77.6%、イギリスの88.8%やフランスの
66.4%に比べると依然として低い水準にある。
また住宅リフォーム市場の規模は、1996 年(平成8 年)の約9 兆円をピークとして、
近年は約6兆円でほぼ横ばいになっている。住宅投資に占めるリフォームの割合は
28.1%(平成22 年)と、イギリスの57.2%、フランスの57.0%やドイツの76.8%と比
べると依然低い水準にある。
欧米では、一次取得者を中心に中古住宅を取得し、必要に応じリフォームするという
ライフスタイルが一般的であるのに対し、我が国では従来から住宅の取得・確保が新築
中心であったことを表していると考えられる。
しかしながら、我が国でも中古住宅の流通シェアが平成2年5.5%から平成20 年
13.5%と上昇しており、平成21 年には、首都圏の中古マンションの流通量が新築を上
回るなど、次第に中古住宅のウェイトが高まりつつあると考えられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中古住宅・リフォームトータルプランの概要
1中古住宅流通を促す市場の環境整備 
(1)中古住宅に関する情報提供の充実(インターネット等を活用した物件・価格情報の提供)
(2)中古住宅流通に関連するサービスの一体的な提供
①宅地建物取引業者によるワンストップサービスの提供
②中古住宅流通を契機としたリフォームの促進
(3)中古住宅の品質の確保
①インスペクションの普及促進(ガイドラインの策定)
②住宅の性能評価・表示の充実・普及促進【H32年度までに性能評価住宅の流通割合20%】
• 住宅の1次エネルギー消費量の見える化の導入等【新築についてH24年度中に具体化】
③住宅履歴情報の蓄積・活用
(4)定期借家制度の普及(地方公共団体との連携等による普及・啓発)
( 5)中古住宅売買におけるトラブルの解決
①売買瑕疵保険の充実・普及促進【H32年度までに保険加入率20%】、②紛争処理体制の整備
(6)住宅の品質に応じた価格形成の促進


2.リフォーム市場の環境整備

1)リフォームに関する情報の提供
① リフォーム工事費用等に関する情報の提供
② リフォーム事業者に関する情報の提供
③ リフォームの進め方や適切な維持管理方法の周知
④ リふぉーむ効果・メリットの周知

2)リフォーム工事におけるトラブルの解決
① リフォーム瑕疵保険の充実・普及促進
【H32年度までに構造・防水部分のリフォーム工事について保険加入率30%】
② 消費者支援制度の活用促進(住まいるダイヤル、弁護士・建築士による専門家相談等)
③ 紛争処理体制の整備
④ 悪質リフォーム対策


詳細は
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000349.html


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会