FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*ルカ先生に聞いた「聖書とアスファルト」の話
鳥取大学名誉教授で理学博士。「独創的な視点からの化学教育と振興への貢献」により日本化学会・化学教育賞を受賞している中島路可(るか)先生に聞きました。


中島ルカ
2012年2月27日、名古屋駅のマリオットホテルで待ち合わせました。 先生の目印は、向かって右奥におかれた赤茶色のリュック。古本屋めぐりにこのリュックは欠かせないそうです。


聖書の中には、アスファルトに関連する記事として、ノアの箱舟と、バベルの塔、幼いモーセをのせたパピルス
の小舟、についてかかれている。

創世記6章14節「あなたは、いとすぎの木で箱舟を造り、箱舟の中にへやを設け、アスファルトでそのうちそとを塗りなさい」。
また、出エジプト記2章3節「……パピルスで編んだかごを取り、それにアスファルトと樹脂とを塗って、子をその
中に入れ、これをナイル川の岸の葦の中においた」

このアスファルトは石油のなかの揮発性の成分がなくなって高沸点の部分が残ったもので、昔から舟の水もれをとめるシーリング剤や、燃料として用いられていたのである。古代における石油関連物の利用は思ったより多い。
バベルの塔の構築にアスファルトが接着の目的に使われたり(しっくいの・代りにアスファルトを用いた
(創11・3))
工ジプトのミィラの製作にアスファルトを湊ませた布が防腐の目的で使われている。ローマのポンペイの遺跡では、路の舗装にアスファルトが使われていた。「聖書の中の化学と生物」より



中島先生は昭和61年9月から教区の教会の月報に「聖書の中の化学と生物」にかんして100回にわたって書かれた話は、その後単行本になっている。この中から、ルーフネット向きの項目を選び出し、先生の注釈をいただきながら紹介して行きます。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会