FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
本邦最初鉄筋コンクリート橋
109年前のRC橋

本邦最初
「本邦最初鉄筋混苦凝土橋」の銘
琵琶湖疏水11号橋
2012年1月の11号橋。109年前に造られた日本初の鉄筋コンクリート橋(撮影:防水の歴史研究会森田喜晴)

建設当時の11号橋
建設当時の11号橋

 明治維新で東京に都が移り、活気を失っていた京都の復興を目指して、明治18年(1885年)琵琶湖疏水の建設が始まり、明治23年(1890年)第一疏水が完成しました。
 奥に見える第3トンネル入り口約50メートル手前に、「日本初の鉄筋コンクリート橋」と言われている幅1メートル強の小さな橋がかかっています。これが第11号橋。明治36年(1903)年のことです


琵琶湖疏水11号橋アップ
路面下のH鋼、手すりはもちろん後年取り付けられたもの。

本邦初RC橋石碑裏側
明治36年7月

11号橋路面拡大
11号橋路面断面の拡大。右岸橋脚。

11号橋トンネル側より
11号橋トンネル側より「撮影:防水の歴史研究会・森田喜晴)


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会