FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
最古のRC高層集合住宅が倒壊危機
軍艦島30号棟

軍艦島全景
軍艦島全景


現存する日本最古(1916(大正5))の鉄筋コンクリート(RC)造の高層アパートといわれる軍艦島30号棟の崩落が進んでいる。

長崎港の南西18キロメートルの沖合に浮かぶ無人島である軍艦島はその外観から称される通称で、正しくは「端島(はしま)」。長崎県長崎市(旧高島町)にある島だ。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱として繁栄し、東京以上の人口密度を有していた。人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人。人口密度は83,600人/km²と世界一を記録した。1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。
端島で鉄筋コンクリート造の施設や住宅が建設されたのは、狭い島内に最大限の住人(作業員)を住まわせるため、建物を高層化する必要に迫られたからである。

端島に残る集合住宅で、7階建140戸の部屋を持つ30号棟は1916年(大正5年)の建設。日本初の鉄筋コンクリート造の高層アパート(1916年の竣工時は4階建て)として特に注目されている。


朝日  軍艦島
建物崩落を報じる2020年8月29日付け朝日新聞


長崎市は、「3月下旬に強風で南側面の一部が崩れ、さらに6月中旬の大雨で崩落部分が拡がってしまった。南側の4~7階部分、西側の6~7階の外壁や床などが崩れている。崩落の危険があるため建物内部に立ち入ることができず、修復・保全工事が難しい」と今や重要な観光資源となっている軍艦島建築群の激しい劣化への対応に苦慮している。保存方法を模索している市の担当者は「崩落の危険があるため建物内部に立ち入ることができず、修復・保全工事が難しい」としており、ドローンの利用が期待され、ている。

また地元の長崎経済新聞は8月25日号紙面で、
 「今年3月ごろに建物南側、6階と7階の中央部にある梁(はり)が折れているのが確認されたのを最初に、日ごと崩落箇所が増え、現在では西側の一部でも崩落が確認されている。専門家による調査で、崩落の原因は主に強風とされている。島全体で建物の老朽化が進んでいるものの、30号棟は特に状況がひどく、床面の大部分がすでに崩れている。建物がいつまで原形をとどめていられるかは分からない」
という、かつて30号棟に住んだことがあり、現在軍艦島上陸ツアーを企画する会社社員の声を紹介している。

30号棟

2016年撮影の30号棟




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
茅葺き屋根の形式
日本建築の屋根を考える

白川郷

富山県の建築士・可部谷純一氏が日本屋根経済新聞の連載第3回で、茅葺屋根の形式、地域で異なる熱環境、地域経済と民家のつくりなどに関して執筆している。北の切り妻屋根の例として、ルーフネットが白川郷の茅葺屋根の写真を提供しています。

448屋根新聞
(日本屋根経済新聞2020年8月8日号)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
レジリエント建築シンポ原稿
応募締め切り8月31日




AIJが2020年11月26日(木)/ 建築会館ホールで予定している「レジリエント建築シンポジウム」発表講演原稿の締め切りが迫っている。

レジリエンスという言葉は、辞書的には、ものが外力を受けてた時、元に戻ろうとする弾性や回復力を意味し、1970年代に生態学・心理学分野で危機や逆境に対する回復や適応を、表す言葉として用いられるようになった。

近年、地震・豪雨・台風等の自然災害による被害が大きな問題となり、これまでの常識ではカバーできないような事象が多数観測されている。予測困難な時代においても有効となる「レジリエント建築」への取り組みが求められてくるだろう。防水に求められる要求性能もさらに複雑かつ高度化するはずだ。

昨年 9月の日本建築学会大会(北陸)では、パネルディスカッション「事業継続計画策定のための地震災害等に対する建物の機能維持・回復性能評価指標の提案に向けて」が開催され、レジリエント建築に関する現況報告と議論が行われ、今年2020年の建築雑誌1月号でもレジリエント建築が特集された。その中で京都大学・牧紀男教授は「レジリエンス建築」=「しなやかな建築」と解き、その現実的な表れを、いくつかのことばで例示している。例えば、災害時も使い続けられる建築、水害に対して建築はどう対処するか、移動できる建築、ライフラインを自給できる建築など。

このシンポジウムでは、そのような自然災害に対する抵抗性能に加えて、災害発生後の高い回復性能を有するレジリエント建築およびそれに関する研究についての議論が予定されている

「レジリエント建築シンポジウム」
<主 催>:日本建築学会 企画運営委員会 レジリエント建築タスクフォース
<シンポジウム開催日/会場>: 2020年11月26日(木)/ 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)もしくは オンライン
応募締切: 2020年8月31日(月) 17時

主催者は「レジリエント建築の概念は、研究者・設計者により異なることも予想されるため、レジリエント建築が適切に定義され、想定する災害時の機能維持と被害の状況およびその後の回復の程度と時間等が具体的に示されていることが望ましい。また、レジリエントでない場合との比較がわかりやすく示されることが望ましい」として、参考となるレジリエント建築の事例およびキーワードを以下のように紹介している。

・災害時に使用する建築物
・水がくると浮き上がる建築(移動する建築)
・所蔵庫や設備の高層部への移動
・トレーラーハウス
・敷地内の遊水池
・設備系統のゾーニング
・復旧性能に優れた建築計画に基づく建築物
・自家発電装置の設置建物
・免制振機構などを有する抵抗性能に優れた建築物
・多重化された設備システム(機器・配線)
・街区内におけるエネルギー融通(熱・電力等)
・電力不要な自然換気を考慮した外装(ダブルスキン等)
・地震後の損傷調査が容易な内装・仕上げ


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
紙芝居というプレゼンツール
扉を開くとA3のディスプレイ(額縁)が現れる

かみしばい
紙芝居の枠を窓にはめ込んだところ


明日は上弦の月
448jyougenn.jpg



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。

「トンネル覆工の防水技術(防水シート)」
要求性能に対する意見募集結果と技術を公募
国交省、新技術活用システムにおける取り組み

yaseiwashi DSC02026



国土交通省では、『トンネル覆工の防水技術(防水シート)』の要求性能(案)に対する意見(意見募集期間令和2 年5 月21 日~6 月5 日)を踏まえ、技術の要求性能を決定した。これを元に8月11日、新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)※」にて、本技術を令和2 年8月11 日(火)~ 9 月10 日(木)まで公募することを発表した。

※「テーマ設定型(技術公募)」:直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用
を促進する取り組み。


〈意見募集結果について〉
1.要求性能(案)に対する「意見」と「意見に対する回答」
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)にて公表

〈技術公募について〉
1.募集期間 令和2年8月11日(火)~令和2年9月10日(木)
2.公募要領、要求性能、応募資料作成要領、応募様式
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)よりダウンロード。


なお、本テーマに関する「テーマ設定型(技術公募)」の実施は、平成30年6月末に第三者機関等として選定された(一社)日本建設機械施工協会が行う。
『トンネル覆工の防水技術(防水シート)』 実施機関
一般社団法人 日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所
TEL:0545(35)0212 FAX:0545(35)3719 E-mail:netis-bousui@cmi.or.jp

○意見募集結果及び技術公募に関する問い合わせは、
実施機関HP(http://www.cmi.or.jp/)もしくは上記へ


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
RNY 「マンション長寿命化等モデル事業」
マンションストック長寿命化支援 第1回締切り
国交省が採択分 4件を発表 


アーモンド IMG_2091


国土交通省は、今後急増する高経年マンションについて、適正な維持管理を促進し、長寿命化に資する改修や建替えを促進するため、令和2年度から、先導性の高いマンション再生プロジェクトへの支援を決めた。
令和2年4月30日~6月30日に募った令和2年度(第1回)の募集に対して、8件の応募があり、令和2年8月5日、その中から、計画支援型3件、工事支援型(長寿命化改修工事)1件のプロジェクトを採択した。工事支援型プロジェクトには最大500万円が支援される。

応募のあった提案の中から、専門家による評価委員会における評価結果を踏まえ、以下のプロジェクトが採択された。
■令和2年度(第1回応募分)の採択結果
①計画支援型
事業前の立ち上げ準備段階への支援タイプ
②工事支援型
長寿命化等の改修工事や建替工事の実施段階への支援タイプ
募集期間 令和2年4月30日~6月30日
提案数 ①6件 ②2件
採択数 ①3件 ②1件

なお、次回の応募に関しては、令和2年9月30日(第2回応募締切)まで、提案を受け付けている。(消印有効)
第2回応募の採択事業については、10月末頃を目処に公表予定。



 我が国におけるマンションストックは約655万戸にのぼり、国民の1割以上が居住する重要な居住形態となっている。 このうち、築40年超のマンションは約81万戸であり、10年後には約198万戸、20年後には約367万戸と、今後急増することが見込まれており、 建設後相当の期間が経過したマンションでは、建物・設備の老朽化等が生じ、維持管理の適正化や再生の円滑化に向けた取組みの促進が求められている。

 今回の公募の狙いは、今後急増する高経年マンションについて、適切な維持管理を促進するとともに、改修や建替によるマンションの円滑な再生を図る取組を促進するため、 老朽化マンションの再生検討から長寿命化に資する改修や建替え等を行う先導的な再生プロジェクトを公募し、国が事業の実施に要する費用の一部を補助することにより、 優良事例・ノウハウを収集し、マンションの再生に向けた全国への普及展開を図ることにある。 


(1)募集部門
1)計画支援型[事業前の立ち上げ準備段階への支援タイプ]
  先導性の高い長寿命化等の改修や建替えに向けた事業を実現するために必要な
  調査・検討等の準備段階の取組を対象とする。

2)工事支援型[長寿命化等の改修工事や建替工事の実施段階への支援タイプ]
① 長寿命化改修工事
  老朽化マンションの長寿命化に向けて、先導性が高く創意工夫を含む改修や修
  繕の取組を対象とする。

② 建替工事
  長寿命化改修工事を行うことが、経済的に不合理なケースや、区分所有者の合
  意形 成の状況等によっては建替で再生を図ることが合理的であるケースとして有
  識者委員 会で認められた場合には、一定の要件を満たす建替工事については、支
  援対象となる。



(2)事業要件
1)共通要件
 (1)1)計画支援型と(1)2)工事支援型 の提案の対象となる共通要件と
    して、次の①~③の全ての要件を満たすことが必要。

  ① 学識経験者で構成する評価委員会による評価を踏まえた上で、採択されるも
    のであること。なお、(1)2)工事支援型において、建替を行う場合は、マ
    ンションの長寿命化に向けた改修工事を行うことが不合理なものとして、評価
    委員会で認められたものであること。

  ② マンションの長寿命化に資する先導的な取り組みとして、情報公開や、国へ
    の情報提供への協力を行うものであること

  ③ 令和2年度中に事業に着手するものであること。

2)提案の対象となる各事業の要件
  ① 計画支援型
  ・ 区分所有者が10人以上のマンションであり、減価償却資産の耐用年数等に関
    する省令に掲げる耐用年数の2分の1を経過していること。

  ・ 原則として、当該事業完了後、工事支援型の提案を行うことを想定している
    ものであること。

  ②-1 工事支援型(改修工事)
  ・ 区分所有者が10人以上のマンションであり、減価償却資産の耐用年数等に関
    する省令に掲げる耐用年数の2分の1を経過していること。 

  ・当該マンションが立地する地域の地方公共団体において、マンション管理
   に関する計画や条例等が策定されていること又は策定する見込みがあること。

  ・当該マンションにおいて、計画期間を25年以上に設定した長期修繕計画を作
   成し、当該長期修繕計画に修繕積立金(計画修繕工事の要する費用に充当する
   ための積立)を 設定していること。さらに、積み立てられている修繕積立金の
   額が長期修繕計画に設定されている修繕積立金の額と概ね一致しているもしく
   は長期修繕計画より余裕があること。

  ・メンテナンス性の向上などライフサイクルコストの低減につながる改修であ
   り、新たな技術の導入や工期短縮に資する工法の工夫があること。

  ②-2 工事支援型(建替工事)
  ・ 区分所有者が10人以上のマンションであり、減価償却資産の耐用年数等に関
    する省令に掲げる耐用年数の2分の1を経過していること。

  ・ 当該マンションが立地する地域の地方公共団体において、マンション管理に
    関する計画や条例等が策定されていること又は策定する見込みがあること。

  ・ 適切に計画修繕が行われていないことによって、建替えの時期が早まったも
    のでないこと。

  ・ 建替後のマンションにおいて、計画期間を30年以上に設定した長期修繕計画
    を作成し、長期修繕計画に適切な修繕積立金の額が設定されるものであるこ
    と。

  ・ 地域貢献機能を導入する建替であること。

(3)対象事業者
 1)提案者
  ① 計画支援型
  ・マンション再生コンサルタント、設計事務所、管理会社

  ② 工事支援型
  ・施工業者
  ・買取再販業者

 2)提案種別(②工事支援型の場合)
  ② 工事支援型における提案種別は、下記のA.またはB.のいずれか。
   A. 単独提案
   B. グループ提案

(4)補助対象費用
  提案事業の補助対象事業費は、下記に掲げる費用とする。

  1)計画支援型
   マンションの長寿命化等に向けた事業を実現するための必要な調査・検討経
   費等に要する費用。選定1案件につき500万円を上限とする。

  2)工事支援型(改修工事)
   下記に掲げる費用の合計の3分の1以内の額。
   ① 調査設計計画に要する費用
   ② 長寿命化に資する工事のうち先進性を有するものに要する費用

  3)工事支援型(建替工事)
   下記に掲げる費用の合計の3分の1以内の額。
   ① 調査設計計画に要する費用
   ② 土地整備に要する費用
   ③ 共同施設整備に要する費用
      ただし、建替前のマンションの共同施設の面積相当分を上限とする。

(5)応募方法・期間
 提案の受付期間
   令和2年4月30日(木)~9月30日(水)(消印有効)
   ・第2回応募締切 令和2年9月30日(水)


 ※詳細、
  https://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000184.html

800計画支援型
800工事支援型(長寿命化改修工事)
800評価した提案の概要と概評
700評価委員



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
省エネ社会実現ドローン
「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」
NEDOが実施10団体決定

魔女型ドローンMJD38号 
魔女型ドローンMJD38号(写真はイメージです)


国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2020年5月7日~2020年6月22日の間にかけて公募していた「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に応募があった10件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、実施予定先を決定した。

近年、小口輸送の増加や積載率の低下などエネルギー使用の効率化が求められる物流分野や、効果的かつ効率的な点検を通じた長寿命化による資源のリデュースが喫緊の課題となるインフラ点検分野において、無人航空機やロボットの活用による省エネルギー化の実現が期待されている。今回のプロジェクトでは、2020年度~2021年度(2年間)(予定)にわたって、物流、インフラ点検、災害対応等の分野で活用できる無人航空機及びロボットの開発を促進するとともに、社会実装するためのシステム構築及び飛行試験等を実施する。

800委託先BRN3C2AF425D8EC_001579


ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト委託先

800助成BRN3C2AF425D8EC_001580


ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト助成先

800テーマBRN3C2AF425D8EC_001581


研究開発テーマと実施予定先

700委員会 BRN3C2AF425D8EC_001582


ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト採択審査委員会




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
元三大師厄除け護符
疫病退散

延暦寺 元三大師厄除け護符

良源(りょうげん、延喜12年9月3日(912年10月15日) - 永観3年1月3日(985年1月26日)).第18代天台座主であり、比叡山延暦寺の中興の祖.. 。諡号は慈恵大師(じえだいし)。通称の元三大師(がんざんだいし)の名で知られる。

命日が正月の3日であることから、「元三大師」の通称で親しまれている。良源を象った護符には「角(つの)大師」「豆大師」「厄除け大師」など、様々な様式があり、魔除けの護符として今も信仰を集めている。

ウィキは「角大師と呼ばれる図像には、2本の角を持ち骨と皮とに痩せさらばえた夜叉の像を表したものと、眉毛が角のように伸びたものの2つのタイプがある[3]。『元三大師縁起』などの伝説によると、良源が夜叉の姿に化して疫病神を追い払った時の像である」という。


ルーフネット編集部の護符は、5年前から大船鉾の粽とこのお護符です。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
2020年前半ウレタン防水出荷量
上半期は 2万4,890トンで、前年同期比 95.6%。

アサヒカメラ休刊
写真は本文とは関係がありません. 大正15年(1926)創刊、全日本写真連盟が設立され、その機関誌としてアサヒカメラが創刊された。2020年7月号(通巻1125号)をもって休刊となった。



800建築土木用ウレタン出荷量NUK (2)

800防水材出荷量 NUK (1)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
みょうがの二番花
令和2年8月7日 午前十時六分 立秋 でした。

翌日の花 ELMAR 65

二番花
STAY HOMEの呼びかけに
取り残されつ春雷に 家を持たぬ人たち (ビッグイシューが紹介した松本典子氏の歌)

がレス・ジョーンズDSC02007
ビッグイシュー最新号(388)が届きました

700BI338gou.jpg


hyoushi 表紙DSC01999

見開き
2020年、関東の梅雨明け
梅雨明け宣言
関東地方梅雨明け。



みょうがの花盛り。


気象庁は8月1日、東海と関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より11日、昨年より8日、遅い。

448みょうが DSC01986

448みょうがDSC01984

448みょうがDSC01987