FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 夫婦の創造神を祀る延命長寿の古社
銅屋根クロニクル77 多賀大社(滋賀県)
P1030603.jpg
雪のお多賀の銅屋根巡り
P1030228.jpg
天下泰平・五穀豊穣を祈念して三番叟を踏む。  新型コロナウイルスの感染拡大防止を願い、全国各地で法要 や終息を祈る花火などのイベント、また魔除・厄除お札の配布 も盛んだ。  東京都は、6月11日新型コロナ第2波の到来を警戒しつつ、 おっかなびっくり東京アラートを解除し、また関東の梅雨入り も宣言された。
 滋賀県多賀大社で は毎年1月3日「翁始式・おきなはじめしき」が斎行される。 奉仕するのは京都を代表する大蔵流狂言師「茂山社中」・観世 流能楽師「片山社中」、使用する面は多賀大社所蔵の白色尉の 逸品である。ほかにも現在能面五十九、狂言面十三面が残され ており、この地が近江猿楽の発祥地であり、古くから神事に際 して能が奉納されていたことを示している。

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

77表紙
 表紙写真は一昨年の大雪の日の舞台。夏を控えて、また天下泰平・新型コロナ退散を祈念して6月号の表紙に掲載された。雪の積もっ た美しい銅板屋根の能舞台で発せられた黒色尉の叫びが届きま すように。



P3280337.jpg

銅屋根クロニクル-77-多賀大社(滋賀県)
施工と管理2020年6月号No.382より

kakeru 70 3077 (1)
kakeru 703077 (2)
×703077 (3)

雨紋
雨紋
明後日7月1日は、黒川燃水祭のはずでした。中止です。 6月28日1300撮影
雨滴
雨滴
令和2年の夏至は、6月21日午前6時44分。コロナ禍は季節感も遠ざけます。 6月28日撮影

2019年JWMA 防水施工実績
2019年JWMA 防水工法別施工実績
JWMA2019年施工実績(千㎡)


2019年(暦年)sekoujissekiki

一般社団法人日本防水材料協会(略称JWMA)
https://www.jwma.or.jp/

会長写真(白黒) (1)
高城哲也会長

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職のみで開催。

日シ工第57回通常総会 
会長に和田 裕氏(サンスター技研)

nisshikou.jpg


日本シーリング材工業会は、2020年6月19日、第57回通常総会を、書面総会として開催、すべての議案を承認した。

2020年4月1日 現在の 会員数は 正会員17社 賛助会員25社 合計42社。

2020 年度 役員は以下の通り
会長 サ ン ス タ ー 技 研 ㈱ ・ 和 田 裕
副会長 横 浜 ゴ ム ㈱・ 大 島 幸 雄 、 コ ニ シ ㈱ ・ 巖 利 彦 、
理事 オ ー ト 化 学 工 業 ㈱ ・ 小 石 川 勇、 シ ャ ー プ 化 学 工 業 ㈱ ・ 村 上 幹 男 、 信 越 化 学 工 業 ㈱ ・ 山 口 時 弘 、 セ メ ダ イ ン ㈱ ・ 大 津 功 、 日 本 シ ー カ ㈱・ 國 友 拓 也
会計監事 ダ ウ ・ 東 レ ㈱ ・ 阪 下 智 之、 東レ・ファインケミカル㈱ ・ 桂 田 恭 宏


2020 年度事業計画のうち. 規格・制度などへの対応 に関しては、
(1)シーリング材ノンホルムアルデヒド認定制度の継続 (2)住宅瑕疵担保法対応の3条確認制度の継続 (3) PCB含有シーリング材判定対応の継続 (4)検定制度のシーリング管理士・技術管理士資格者数の拡大
などを実施する。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職のみで開催。
篠田朋子さん(日興社常務)死去
通夜:2020年6月25日
告別式     6月26日

日興社訃報700

kokubetsushiki IMG_1921[2463]


nikkousha IMG_1920[2464]
JWMA第10期 定時総会
高城会長ほか全役員を再任
コロナ対策で三密避けて開催

448JWMA会長写真(第10期定時総会)[1073]

(一社)日本防水材料協会(JWMA)は6月12日、東京・市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で2020年度(第10期)定時総会を開催した。
今回は、JWMA会員に対して、新型コロナウイルス感染症 予防のため、総会には委任状及び議決権行使書を利用し、出席の自粛を依頼した。そのため出席者は9名(理事、監事のみ)、委任状16社、議決権行使社9社、欠席2社で開催した。


防水業界の地位向上を目指し、2020 年度事業を策定した。保証関係では、JWMA防水保証ガイドライン改訂検討、防水保証ガイドライン説明会開催、防水保証に関する法律顧問事務所との折衝、防水保証に関して関連団体折衝などを行う。
また建築学会に対しては、委員会対応として、防水工事運営委員会、防水材料の長期耐久性評価試験方法小委員会、地下外壁防水仕様評価小委員会への参画。WGでは、JASS 8改定WG、寒冷地仕様研究WGへの参画などを決定した。

新年度役員は次の通り。
shinnyakuinnn
全防協関東・甲信支部 第8回 通常総会
新支部長に渡辺清彦(リノハピア)氏

448 uchida 前支部長
感謝状を手にする内田浩文前支部長と渡辺新支部長。

全防協関東・甲信支部は2020年6月1日、東京・内神田の 全農薬ビル9階会議室で、第8回定時総会を開催した、
来年度事業計画として、昨年に引き続き、2級建築施工管理技士試験対策講習会、建設業経理士2級試験対策講習会のほか、CAD研修などを実施する。
また役員改選では、前副支部長の渡辺清彦(リノ・ハピア社長・写真右)が新支部長に選出された。
新役員は次の通り。

700全ぼうJpegshibu支部役員

全国防水工事業協会 第8回通常総会
新会長に有山幸治郎(日本産業)氏
11期22年の髙山前会長は顧問に

448有山DSC01776


一社・全国防水工事業協会は2020年6月1日、東京・内神田の全農薬ビル9階の同協会会議室で、第8回通常総会を開催。2020年度の事業計画として、昨年にひきつづき防水工事に携わる人材確保・育成の観点から、「登録防水基幹技能者講習」、「防水施工管理技術者認定試験」および「防水施工管理技術者研修会」を実施するほか、特定技能1号外国人の受け入れに向けた準備を行うことなどを決定した。

また、役員改選では、前任の森田徹男氏から引き継いで11期22年間会長を務めた髙山宏(高山工業)が退任して顧問に、前副会長の有山幸治郎副会長が新会長(写真上)に就任した。さらに専務理事には遠藤和利氏があらたに就任した。

同協会の2019年期末での会員数は正会員654社、特別会員63団体、賛助会員42社。



新役員は以下の通り。
700本部役員


総会に参加できなかった会員に送られた会長退任の挨拶文
800退任挨拶

448 20200615高山顧問①[1081]

なお、後日有山新会長が高山工業を訪問、高山前会長に感謝状を贈呈した。



JADA 第3回定時総会 
JADAがNEDOプロジェクトに参画
「ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術開発」

JADAコロナ総会


一社日本建築ドローン協会(JADA)は、2020年5月29日、東京・神田のJADA事務所で、第3期定時総会を開催した。今回の総会では、新型コロナウイルス感染拡大対策として事前の議決権行使による表決を取りまとめ、同当協会としては初めてWeb会議システムを導入し、リアルの総会会場と会員をWebで繋ぐハイブリッド型バーチャル総会とした。(写真手前から本橋会長、右奥へ・楠副会長、兼松副会長)。

司会進行は兼松副会長。本橋会長が議長として、①2019年度事業報告②2019年度収支決算報告③2020年度事業計画案④2020年度事業予算案を審議、いずれも原案通り承認、可決した。

次年度最大の事業は、NEDOプロジェクトの採択を受け、研究開発事業をスタートする「規制の精緻化に向けたデジタル技術の開発」における「ドローン等を活用した建築物の外壁の定期調査に係る技術開発」への参画である。

平成29年度及び30年度に国土交通省の「建築基準整備促進事業(以下、基整促という)」において、赤外線装置を搭載したドローンによる診断方法(調査手順、安全確保技術等)の検討を行った結果、赤外線装置の性能に加えてドローン飛行の安全性や安定性等の複合的な影響により、外壁調査における精度や運用の課題が示された。このNEDOプロジェクトは基整促で示された課題を解決するための開発プロジェクト(全額助成、期間:2020年度)で、同協会及び、一般財団法人日本建築防災協会、神戸大学が共同で実施する事業として採択を得たもの。
国立研究開発法人建築研究所と共同研究契約を締結して4者で役割を決めて遂行される。その中でJADAは近接・建築調査用ドローン開発を担当する。


RNY  銅屋根クロニクル76- 石川県金沢駅
もてなしドームの向拝は 銅屋根の鼓門

銅屋根クロニクル 76  金沢駅(石川県)
448鼓門口
北陸新幹線の金沢延伸を見越した駅周辺整備事業の進捗によって、平成17年(2005)3月、金沢駅兼六園口東口(当時の呼称)正面に巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が完成した。
鼓門の2本の柱の内部には送水管が設置され、もてなしドームの屋根に降り注いだ雨は、この送水管を通して貯水槽に送られている。降雨量が多い金沢で、大きな傘であるドームの水が柱の下に流れ込んでいく

太鼓口448
門を支えるのは高さ13.7mの太い2本の柱。伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージしたもの。

448鼓門模型
駅のロビーにはその模型が展示されている。
鼓やね模型
鼓門には、米松の構造材が使われており、らせん状に組み上げられた柱と、ゆるくカーブを描く面格子の屋根が繊細で美しい。

448どうばん
その複雑な曲面に、銅板が葺かれている。

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

76 kanazawaeki (1)
76 kanazawaeki (2)