FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
 第5回 建築ドローン安全教育講習会
JADAがさいたま市で9月26日

7StoP8020006.jpg





一般社団法人 日本建築ドローン協会(JADA)は、2019年9月26日、建築分野におけるドローン活用の高まりに対応すべく、第5回建築ドローン安全教育講習会をさいたま市のスクエアJSで実施する

 ドローンが建築物の施工管理・点検調査等への活用の期待から実際の業務として使用され始めています。日本建築ドローン協会(JADA)は、建築物を対象にドローンを活用する上で必須となる、国土交通省航空局が定める飛行ルールに加えて、ドローンの活用に関わる基礎知識や、建築物の施工管理・点検調査におけるドローンの安全活用を解説した「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を作成し、昨年9月より安全教育講習会を実施し、これまで143人が講習会を受講し、「建築ドローン安全教育講習修了証」が交付されている。

建築物の施工管理や点検調査においてドローン技術の適用・運用に直接的に携わる技術者のみならず、広く建築ドローンに関わる人たちを対象としている。

:::::::::::::::::::::::::
第5回 建築ドローン安全教育講習会
【主  催】一般社団法人 日本建築ドローン協会
【後  援】(一社)日本建築学会、日本建築仕上学会、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会、
      (一社)住宅生産団体連合会、(一社)日本建設業連合会、(公社)ロングライフビル推進協会、
      (一社)日本UAS産業振興協議会、(一社)日本ドローンコンソーシアム、(一社)日本ドローン無線協会
【講習形式】座学による講習
【日  時】2019年9月26日(木) 9:30~17:00(受付9:00~)
【開催場所】スクエアJS 
      〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島7-2-3(JR武蔵野線 西浦和駅徒歩3分)
【対 象 者】建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる者
      (年齢20歳以上、資格・経験は不問。)
【C P D】建築CPD情報提供制度認定プログラム【4点】
【講習内容】ドローンの概論、法律、ドローン技術と安全運用、
      ドローンを活用した建築物の施工管理、点検調査等における安全対策
【受 講 料】日本建築ドローン協会会員2万円(税込)/1名、 非会員4万円(税込)/1名
      (教材:講習日配布の「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を含む)
【定  員】30名
【申込〆切】2019年9月13日(金)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です


第21回 リ協会管理組合セミナー
第21 回「マンションの設備改修工事事例 その2(排水設備改修工事編)」

やまぶどうP8120024



 特定非営利活動法人 リニューアル技術開発協会(望月重美会長)は 2019 年10 月19 日(土)14 時~16 時30 分 田島ルーフイング株式会社東京支店 会議室 (〒101-8579 東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX南21F)で,第21回 「マンションの設備改修工事事例 その2(排水設備改修工事編)」を開催する。

詳細は
URL:http://www.renewal.or.jp/   E-mail:jimukyoku@renewal.or.jp

以下リニューアル技術開発協会パンフより

600 り協 (2)
600 り協 (1)






防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


お詫びとお知らせ
ほぼ週刊「ルーフネット」は8月30日まで夏休みです。
*「夏休み写真ニュース」は 「編集長の日記」からどうぞ
猛暑 P8120027
残暑お見舞い申し上げます。



猛暑により、サーバーダウン。また記者兼カメラマン兼編集長は、7月末、祇園祭りの大船鉾を、京都初の猛暑日に曳いて、熱中症にかかり、オーバーホールのため、本日より、10年振りの休暇をとることにしました。ルーフネットは2週間お休み。新たな記事の仕込みに入ります。
但し、「夏休み写真ニュース」は、いつも通り 「編集長の日記」から見ることができます。

ルーフネットは。月のフェイズに合わせて、ほぼ週刊で配信しているウェブマガジンです。2010年6月12日号から年中無休で、435号まで発刊してきました。その前のブログ時代を合わせると10年になります。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 板金による草葺き屋根改修手引き
昭和42年 亜鉛鉄板会が下地造りの手引きを作成
委員長は波多野一郎千葉大教授(当時)


448表紙

日本金属屋根協会は機関誌「施工と管理」2019年8月号から、昭和42年に亜鉛鉄板会が作成した「亜鉛鉄板・カラートタンを使った草葺き屋根改修下地工法」(40頁)の掲載を開始した。

委員長は千葉大学・波多野一郎教授。委員は、建設省関東地方建設局・本間正直技官、登之内工業・登之内聡一郎社長、東邦シートフレーム・山田庚五郎常務。
背景、下地造りの注意点、方法などを詳細な図面で示している。

波多野一郎氏については
本「ルーフネット」 の「防水の博士たち」
http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1&word=%E6%B3%A2%E5%A4%9A%E9%87%8E%E4%B8%80%E9%83%8E#j33e390c
wp 
  を参照下さい。

800見開き

茅葺き屋根の缶詰は タイムカプセル?  http://www.kinzoku-yane.or.jp/feature/n_10.html
も、合わせて、ご覧ください。

800 ご挨拶(亜鉛鉄板会)波多野委員長
800 目次

下葺き材に関しては、このように記されている。
800プラスチックフィルム葺き 
なお草ぶき屋根は、急勾配のため亜鉛鉄板・カラートタンぶきの下ぶき(アスファルトフェルトぶき、アスファルトルーフィンぶき、プラスチックフィルム下ぶきなど)は屋根ぶき作業上嫌われるけれども、下ぶきは、屋根ぶき板の保護にもなり、結露防止にもなるものであるから、ぜひ使用すべきである。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
平成30年の水害被害額は1兆3,500億円
昨年年7月豪雨が統計開始以来最大の被害


国土交通省は、このほど平成30年の水害被害額(暫定値)を公表、平成30年の水害被害額(暫定値)は、全国で約1兆3,500億円となった。
特に平成30年7月豪雨による被害額は約1兆1,580億円となり、単一の豪雨による被害としては、昭和51年台風第17号等による被害額(8,844億円※)を上回り、統計開始以来最大の被害額となった。

被害金額


同省では昭和36年より、水害(洪水、内水、高潮、津波、土石流、地すべり等)による被害額等(建物被害額等の直接的な物的被害額等)を暦年単位でとりまとめている。

都道府県別水害被害額




集中豪雨に関しては近年の頻度、規模の急激な拡大が、屋上の排水機構のあり方対して、新たな取り組みを、求めている。

以下、国交省が令和元年7月30日公表した、被害状況の概要を示す。(詳細は
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_000985.html   )
 


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 施工と管理 銅屋根クロニクル67 
施工と管理」銅屋根クロニクル-67-
かつて120の堂宇が並び、 3千人の学僧が学んだ大寺院
増上寺(東京)
2 三解脱門 本殿より IMGP0028


67 3 シンボルの東京タワーと共に


448 67イラスト 7 熊野

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
448   67-

「施工と管理」銅屋根クロニクル-67- 増上寺(東京)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№372、2019年7・8月号より
800 67 1
800 67 2



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です