FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
JADA 第 4 回建築ドローン技術セミナー
 ドローンデジタル、南極観測 などテーマに

448JADA gijyutsu セミナー

講演者 と発表の概要(JADAのHPより)

①講演: デジタル技術を活用した外壁調査等の効率化

三島 直生 氏 (国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部
住宅ストック高度化研究室 主任研究官)

近年のデジタル技術の進歩は目覚ましく、これまでは不可能であると思われていた高
度な処理が速く、安く、容易に実現できるようになってきています。一方で、これらの最
新技術の現場への適用がなかなか進まない状況も散見され、その原因の 1 つとして、IT
技術者と各分野の実務者のコミュニケーション不足が挙げられます。本講演では、昨年度
実施された開発研究を中心に、AI による画像診断、デジタル画像相関法、AR、リアルタ
イム流動解析、の各テーマに関する開発技術の概要と開発に至った経緯をご紹介いたし
ます。


②講演: ドローンデジタルプラットフォームの現在と未来

藤山 真美子 氏 (東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻
都市・建築デザイン学講座 助教)

近年、建設現場の生産性の低迷や建設労働力の不足といった課題を背景として i-
Construction の推進が注目されています。自動化や IoT(Internet of Things)による建

設分野の生産性向上は、少子高齢化が進む日本における喫緊の課題であり、ドローンも同
フィールドを支える新技術として、今後の活躍が期待されています。本講演では、ドロー
ンによるモニタリングによって建築分野における物理情報とデジタル情報の統合化を促
進するためのデジタルプラットフォームの現在と未来について紹介します。


③講演: 南極観測隊でのドローンの活用事例
齊藤 晃紀 氏 (株式会社四門 UAS オペレーションリーダー)

南極の観測においても撮影、測量などでドローンの活用が期待されています。南極にお
ける実際のドローンの利活用とその利用する様々な環境についてご説明いたします。ま
た、今後の観測隊での期待されている分野と 60 次隊でまだ一般公開していない撮影映像
を紹介します。そして、テレビなどで時々紹介される昭和基地の建物や生活などについて
もあまり知られていない部分に焦点を当ててご紹介したいと思っております。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です