FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY平成30 年度マンション総合調査
マンションへの永住意識 過去最高(6割超)に

国土交通省は、管理組合や区分所有者のマンション管理の実態を把握するための 調査を約5年に一度行っている。(前回調査は平成25年度) 。このほど住宅局市街地建築課マンション政策室が平成30年度調査の結果を発表した(平成31年4月26日)。

~~

調査対象者は全国のマンションの管理組合及び区分所有者 管理組合向け調査 区分所有者向け調査 アンケート配布数 4,200 件 8,400 件 有効回収数 1,688 件 3,211 件 回収率(%) 40.2% 38.2% 。

主な調査結果
(1)マンション居住の状況

1 永住意識 )

永住意識 ・・・マンション居住者の永住意識は高まっており、平成30年度調査において 「永住するつもり」が過去最高の 62.8%(前回調査より+10.4%)となった。
②世帯主の年齢 ・・・居住者の高齢化が進展し、70 歳代以上の割合は 22.2%(前回調査より+3.3%)と なった。なお、完成年次が古いマンションほど 70 歳代以上の割合は高くなってお り、昭和 54 年以前のマンションにおける 70 歳代以上の割合は 47.2%であった。
③賃貸戸数割合 ・・・賃貸住戸のあるマンションの割合は 74.7%(前回調査より-3.1%)となった。 なお、完成年次が古いマンションほど賃貸住戸のあるマンションの割合が高くな る傾向が見られた。
④空室戸数割合 ・・・空室があるマンションの割合は 37.3%(前回調査より-3.6%)となった。なお、 完成年次が古いマンションほど空室がある割合が高くなる傾向が見られた。



(2)マンション管理の状況

2 計画期間25年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金の設定

計画期間 25 年以上の長期修繕計画に基づく修繕積立金の設定割合 ・・・計画期間 25 年以上の長期修繕計画に基づいて修繕積立金の額を設定しているマ ンションの割合は 53.6%(前回調査より+7.6%)となった。
②修繕積立金の積立状況(新規調査項目) ・・・計画上の修繕積立金の積立額に対して現在の修繕積立金の積立額が不足してい るマンションの割合は 34.8%であり、計画に対して 20%超の不足となっている マンションの割合は 15.5%であった。


(3)管理組合運営の状況

3 外部専門家の理事会役員への選任

外部役員の選任意向理由(新規調査項目) ・・・外部専門家の理事会役員への選任について、「検討している」又は「必要となれ ば検討したい」としたマンションの割合は 28.3%であり、その理由として 「区分所有者の高齢化」や「役員のなり手不足」が多く挙げられた。

※ 本調査結果の詳細は、 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000058.html



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)