FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
NSK 55期 通常総会

高性能湿式材料の需要拡大図る

NSK会長挨拶P2200843
総会で挨拶する藤井実広会長(エスケー化研)


NSK・本建築仕上材工業会が、令和元年5月10日、東京・明治記念館で、平成31年(令和元年)度通常総会を開催し、新年度事業計画などを決定した。

平成30年(暦年)の新設着工戸数は前年に比べ2.3%減少しているが、NSK生産数量の建築用仕上塗り材・左官材料・補修材料の総計は1.2%減少と健闘している。しかし生SL材(㎥)は、質量換算した場合は4.7%減少となっており、予断を許さない状態。

民間調査会社による今後の需要予測においても、新設住宅着工戸数は2020年度には
70万戸台、2030年度には約60万戸になると予測されている。さらに専門工事業者の不足が別途問題視されている。
大工を例に挙げると2015年時点では35万人であったが、2030年には21万人まで減少すると見込まれており、「大工の1人当たりの新設着工戸数」が年間約2戸前後であることから、約60万戸の需要でも供給できなくなる可能性が指摘されている。

改修市場は2030年までに年間6~7兆円台で横ばいに推移すると予想されている。
新築・リフォームを問わず高機能な製品の市場展開が期待されている中、今年度は性能を重視した湿式材料需要拡大を目指してゆく、としている。

建築用仕上塗材生産量
700 建築用仕上塗材生産量NSK生産量


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)