FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY「ドローンを活用した建築物調査 実施要領(案)」作成

ドローン+赤外線はどこまで使える?
 国交省・基整促報告会で。

kiseisoku T3


国土交通省は、建築基準法等に係る技術基準の整備・ 見直しを図ることを目的とした建築基準整備促進事業の調査結果(平成30年度実施分)について、2019年4月24、25日の両日、すまいるホール (東京都文京区後楽1-4-10)で報告会を開催した。

二日目に報告された「T3 非接触方式による外壁調査の診断手法及び調査基準に関する検討:一般財団法人日本建築防災協会 」では、「非接触方式による外壁調査の診断精度に関する整理・検証を行った上で、 ドローンの活用を含めた効果的かつ確実な診断手法及び調査基準の検討と技術基準の提案が行われた。

建築基準整備促進事業は国が建築基準等の整備を促進する上で必要となる調査事項を提示・公募し、最も適切な調査内容等の計画を提案した民間事業者等が行う技術基準 の原案となる基礎的な技術的知見の調査を支援するもの。

今回報告された15事業はこちら。↓
http://www.mlit.go.jp/common/001283023.pdf

このうち、「T3 非接触方式による外壁調査の診断手法及び調査基準に関する検討」では、以下の課題に対応することにあった。

現在、「建築基準法第 12 条に基づく定期調査の建築物の外壁調査」は、半年~3年に 一度の頻度で手に届く範囲での打診等による調査、竣工から10 年を経過した建築物については全面打診等による調査が求められている。しかし、 全面打診による調査には仮設足場等の設置が必要で、建築物の所有者にとって費用負担が大きいため、全面打診に代わり赤外線装置を用いた調査が行われて いるが、建物の高層階での調査が困難、適切な調査方法が徹底されていないこと、などの問題があった。

初年度の平成29年度は
① 環境条件や撮影条件等の適用範囲を十分に考慮して調査 が行われた場合、赤外線装置法による診断結果は調査員 による打診調査の結果に相当することを確認。 ② 赤外線装置法を用いた外壁調査を実施している技術者へ のアンケート調査を行い、技術者個人の経験等が外壁調 査実施において大きな判断要素として加わっている実態 を確認。
③ ドローンに関する法令、安全な運用、行政手続き、操縦者の資格、過去の事故事例、外壁調査に関する課題などについて整理。
④ ドローンを活用した外壁調査に関しては、赤外線装置法 の適用範囲と精度が確保されることを前提条件とした場合には、地上で実施する調査とほぼ同等の利用が可能で あることを実証実験(試験体)により確認。

その上で、平成30年度は
①. ドローンの活用を含めた非接触方式による外 壁調査の診断手法の検討 • 実建物での実証実験を計画 • ドローンを活用する場合の適用範囲と測定精度のグ レード化 等を検討。
②. 非接触方式による外壁調査の技術資料の作成 • 赤外線調査法の適用限界に関する補足実験 • 外壁調査を行う業者を対象とした調査業務に関する アンケート」の分析及び追加ヒアリングの実施
を行ってきた。


当日は、その成果として、
①赤外線装置法による外壁調査における「適用限界」に関するバックデータを整備した。
⓶実建築物での実証実験により、信頼性のある診断結果を得るための赤外線装置法による外壁調査の手順、撮影条件等を明らかにした。
③実建築物での実証実験により、ドローンを活用した建築物調査での安全性確保のための手順や実施条件を明らかにした。
④「定期報告制度における赤外線装置法による外壁調査 実施要領(案)」 および「ドローンを活用した建築物調査 実施要領(案)」を作成した。
ことを報告した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
600ドローンを活用した建築物の調査方法の検討
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日配布資料より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
800ドローン飛行計画作成項目 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「定期報告制度における赤外線装置法による外壁調査 実施要領(案)」 および「ドローンを活用した建築物調査 実施要領(案)」の目次は、次の通り。

600実施要領



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

平成31年 日シ工 通常総会
日本シーリング材工業会 第56回 通常総会 

会長挨拶 PF000034
日本シーリング材工業会は4月24日、東京・中央区のマリオット銀座東武ホテルで、年度臺56回通常総会を開催した。

大津功氏(セメダイン)会長が挨拶の後、議長席につき、議案審議、すべて原案通り承認・可決した。
新年度事業計画として、工業会活動の活性化、技術レベル向上、シーリング業界の地位向上と広報活動などを決定した。特に規格・制度への対応としては①ノンホルムアルデヒド認定制度継続、⓶住宅瑕疵担保法対応の3条確認制度の継続、③PCP含有シーリング材判定対応の継続④シーリング管理士・技術管理士資格者数の拡大などを決めた。
懇親会では、来賓の経産省製造産業局生活製品課住宅産業室 松田剛 課長補佐、日本シーリング工事業協組連合会、苅谷純会長、顧問の東京工業大学 田中名誉教授らが祝辞を述べた。

刈谷氏乾杯
刈谷日シ工連会長の発生で乾杯。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)



日比谷駅の雨水利用

上手すぎて 何か悲しい 漏水キャッチ

上手すぎて何か悲しい 漏水キャッチ
ビニールシートとペットボトルを利用した、地下鉄の漏水対策が定番となって久しいが。様々な試行錯誤や改良が試みられてきた。当初多かったペットボトルの飲み口を切って作ったドレンは、L字型になって、チューブの取り回しが容易に。 チューブの天井部分の固定にテープを利用する方法、排水パイプの取り回しの最短ライン、と、簡潔な固定。きっとテキパキ、短時間で作業を終えたのだろうと、作業中の姿まで想像できてしまう。

アップ 
余りに奇麗な、「しごと」に感嘆すると同時に、何か「悲しい」ものも感じる。

hibiya 終点
困ったことの本質は何も変わっていない。変わらない。でも現場はそれなりに、「おさめて」しまう。これも。ジャパン。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY 「施工と管理」 4月号  銅屋根クロニクルー64ー
天神さんもお慶び ~爛漫のキリシマと旬のタケノコ
長岡天満宮(京都府)


448手水舎の梅鉢
日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

福梅 
福梅

檜皮葺奉賛
本殿檜皮葺奉賛、一口2千円。

448 4月号
施工と管理」銅屋根クロニクル-64- 長岡天満宮(京都府)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№4369、2019年4月号より

700 64-1
700 64-2


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
ビッグイシュー357号
2019年4月15日号 特集・市民発電所

Bi357 A7R09442
新宿西口で、いつものおじさんから、最新号(左端)と355「ローリングストーンズインタビュー」號と、356「シェア・キッチン」特集号を買う。「売れてる?」と尋ねると、真ん中のローリングストーンズの355号を指さし、「よく売れます。 ほとんど年配の人です」とのこと。

mokuji.jpg
VOL.357 目次 特集は市民発電所

BI rire^ innta
巻頭のリレーインタビューは、ダンサー・振付家の森山開次さん。
「日本的な美意識では、気持を【包む】という感情の込め方をします。 すべてをさらけ出すのではなく、纏(まと)ってゆく表現をすることも大切なんです。・・・」
オペラ歌手・小林沙羅さんから、バトンを渡された森山さんが、次に託すのは、敬愛する能楽師・津村禮次郎さん。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
第6回 JADA建築ドローン利活用研究会
~ 建築物の大規模修繕等へのドローン活用に向けて ~

JADA大規模修繕基調講演 PF000198
基調講演で大規模修繕とドローンに関わる取り組みを紹介する中野谷昌司氏。

一般社団法人日本建築ドローン協会・JADAは、平成31年4月22日、13:30~16:50、東京都中央区銀座2-10-18の中小企業会館9階で、第6回 JADA建築ドローン利活用研究会~ 建築物の大規模修繕等へのドローン活用に向けて ~を開催した。

利活用研究会は、会員の特典として、ドローン活用に関して経験を積んだ会員による実施例を格安料金で、きくことができる、というもの。

今回は「大規模修繕とドローンに関わる取り組み」テーマに、4件の講演と質疑応答が行われた。

内容は以下のとおり。(敬称略)
13:30基調講演『大規模修繕とドローンに関わる取り組み』
   一般社団法人マンション計画修繕施工協会 常務理事 中野谷 昌司 
14:30『マンション大規模修繕工事におけるドローンの活用』
   ㈱神奈川建物リサーチ・センター 常務取締役  嘉山 亨 
15:10『建築物の大規模修繕へのドローン活用に向けて』
   建装工業㈱ MR業務推進部 次長  館林 匠 
15:50『吹付けドローンの開発』
   西武建設㈱ 土木事業部 エンジニアリング部 企画課 課長  二村 憲太郎 

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
屋根協HPペトップに写真

施工紹介
正倉院のやじろべえ(下り棟の銅板)

HP_201904140206401d6.png

JMRA/一社・日本金属い屋根協会ホームページのトップにJWHA 日本防水の歴史研究会提供の写真が掲載されています。
「施工紹介」 という部分で、同協会機関誌「施工と管理」 の表紙写真のうち、評判の良かったもの、意外なもの、などが選ばれ、今回変更になる前は、やはり防水の歴史研究会が提供した「笠間の三連砲(笠間神社)」の写真が採用されました。

今回の正倉院では、次のような解説文が書かれています。

2019-02-no367[1]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「正倉」とは、元来「正税を収める倉」の意で、律令時代に役所に設けられた保管庫だった。 また、南都七大寺にはそれぞれの寺領から納められた品や、宝物を収蔵する正倉があり、それを塀で囲ったものを「正倉院」と称した。各地に正倉院が存在したが、多くは廃絶して東大寺正倉院内の正倉一棟だけが残ったため、「正倉院」は東大寺に所在する正倉院宝庫を指す固有名詞化し、現在は宮内庁の施設等機関である正倉院事務所が正倉院宝庫および正倉院宝物を管理している。
創建は、遅くとも天平宝字三年(759)以前で、高床式檜造り、屋根は単層、寄棟本瓦葺き。東西に並ぶ10 列、南北 4列の自然石の上に束柱を立て、間口約 33メートル、奥行約 9.4メートル、床下約 2.7メートル、総高約 14.2メートルの巨大な建物を支えている。1200年の間に何度も修理が行われ、近年では天保、明治そして、大正 10年には解体修理が行われた。
棟の稜線上の銅板は、雨漏りを完全に防ぐ目的で、野地の二重化と共に採用された改良点であった。その銅板の上で踊っているや青銅のやじろべえは、大正の修理時点ではすでに取り付けられていたもの。修理・点検用の丸環で、瓦を葺けば、写真のように、本体は丸瓦の隙間に入り込み、下からは見えない。
写真:JWHA 日本防水の歴史研究会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
第5回国際ドローン展 
実用化に向けて着々

448会場俯瞰


2019年4月17日(水)~19日(金)の3日間、千葉県・幕張メッセで、の第5回国際ドローン展(一般社団法人日本能率協会主催)が開催された。同展はドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に集めたもので、
ドローン(無人航空機)、ドローンのデモ飛行、ドローン飛行技術、ドローン機体構成部品・機器や関連技術、ドローン活用ソリューションサービスに関する製品やサービスを提供する40の企業や団体が出展した。https://www.jma.or.jp/drone/visit/special.html

またドローン開発の第一人者 野波健蔵氏による特別講演会やセミナーの数は前年比5倍の15枠。内容は、空飛ぶクルマ、郵便局間輸送、改正航空法、インフラ構造物点検など。

初日、野波氏が特別講演で、日本・世界のドローン産業の現状、社会での実装がどこまで進んでいるかを紹介、課題を考察し、ドローン産業の未来を展望。JADA建築ドローンkyぷ回の宮内博之副会長も「安全・安心な建築×ドローンプラットフォームの構築と技術の高度化に向けて」のテーマで行った。


今回の国際ドローン展は6回目、前回より出展社数は減っているが、出展者は「この2年でドローンは珍しいものではなく、明確な目的があって、その実現に役立つドローンがあるか、どう使うか、といった具体的な質問を受けることが、多い」と話す。
メーカーも、単にドローンを販売するというビジネスから、多様な産業向けにビジネスモデルを提案してゆこうという方向に転換しているようだ。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
鬼板にインスパイア―されたりんごと怪魚
2017 年、UBEビエンナーレに展示された作品が東京・ 江東区の小松川公園と猿江公園に展示されることになり、このほど到着、設置の準備が始まった。
鬼板にインスパイア―されたりんごと怪魚 A7R09366
左は 土屋昌義さんの「りんごりんご」 。 右は 安藤 泉さんの 「ムー大陸」。
haze.jpg

「りんごりんご」の制作者土屋さんは、
「りんごは ふくよかでシンプルな形。だれからも愛され、気持ちが豊かになる。
藤村『初恋』・・・やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり・・・
の思いを込めて、デジタルな日々、誰の心にもりんごを描きたい」と語る。

制作にあたっては「 屋根そのものの美しさを取り出して建築を語ることは一般的ではないが、社寺建築の銅板屋根は優美な印象を与える。それは鍛金技術を生かし、小さな銅板を組み合わせて張るハゼの技術に秘密がある。古くから使われた合理的な方法で、作り手の感性で曲線の流れとリズミカルな空間を演出できる。新しい彫刻の表現として試みられると感じた」という。
作品は移動のため、一部のパーツは未装着です。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)  
防水の音楽 「ノアの方舟」 ルーフネットのテーマソング

屋根の歴史・ 防水の歴史を音楽や美術を通して見る、という屋根遊び
「屋根を遊ぶ」はルーフネットのテーマソングです。

タイトル t
438号で紹介したこのミュージックビデヲをトップページから、チェックできるようにしています。

https://youtu.be/-GQJjEx705c?fbclid=IwAR0NHOvpS2mMglUv37slzWf4UwuI1QLtonfq-8Z-TVrIrhKfGKEiVk81Ac4









防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)



第5回 国際ドローン展   明日から幕張で
野波氏特別講演他15の無料講演も

国際ドローン


会 期:2019年4月17日(水)~19日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場:幕張メッセ
主 催:一般社団法人日本能率協会

ドローン開発の第一人者 野波健蔵氏による特別講演会・出展者セミナーの本数は前年比5倍の15枠。内容は
空飛ぶクルマ、郵便局間輸送、改正航空法、インフラ構造物点検、野波氏講演など注目のテーマで開催される。

https://www.jma.or.jp/drone/visit/special.html

17nichi.png
18nichi.png
19nichi.png


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

国宝・飛雲閣の葺き替え完了で特別公開
重文・南能舞台でも祝賀能
5月21日(火曜) 12:30開演。

appu 飛雲閣の杮葺き終了 PF000122


京都西本願寺の飛雲閣。秀吉が築いた聚楽第の一部といわれる国宝・飛雲閣は、杮葺き(こけらぶき)の劣化が激しく、雨漏りも生じていたため鉄板を差し込んで応急措置が行われていた。昨年1月から葺き替え工事が始まり、このほど完成、特別公開される。

屋根フリークに勧めたいのは5月21日の宗祖親鸞の降誕会に合わせて開催される祝賀能と合わせての見学だ。
能が演じられるのは、重文・南能舞台。白書院前の北能舞台が、日本最古の能舞台(天正9年・1581)で、対面所前の南能舞台は
現存する日本最大の能舞台といわれている。宗祖親鸞の降誕会にあわせて祝賀能が行われる。能舞台は一般公開されておらず、この機会を生かしたい。

またすでに報じている、ITC国際茅葺き会議の3日目、5月20日の会場が京都府南丹市で、最終21日は京都市内の見学と表彰式になっている。ここに西本願寺南能舞台での祝賀能と、飛雲閣特別公開を組み込むのも一興。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY 防水アーカイブWGが黒川燃水祭に参加を計画
新潟県防水協も参加予定
シンクルトン記念館での講演も
採油

毎年7月1日、新潟県胎内市のシンクルトン記念公園の原油が湧き出る池で、黒川燃水祭が行なわれている。燃水祭は、日本書紀の天智天皇7年(668)の条に「越の国から燃える土と燃える水を天智天皇に捧げた」という記述があることにちなんで、新潟県胎内市(旧黒川村)と滋賀県近江神宮で行なわれている石油・防水業界にとっても重要な祭事である。

今年2019 年の黒川燃水祭は,例年同様、7月1日(月) 午前10時30分から、新潟県胎内市下館1622の シンクルトン記念公園で開催。また11時45分からは、胎内市役所黒川庁舎前通り(胎内市黒川1410)で、献上行列が行われる。

この祭事に防水関係者が参列するようになったのは2011年からで、今回、日本建築学会・防水工事運営委員会・防水アーカイブズ調査研究WG(田中享二主査)が、黒川燃水祭への参加にむけて調整を行っている。

現在の計画では、前日の6月30日(土)午後4時から、新潟市内で、胎内市文化財保存担当の伊藤崇(たかし)氏の講演「黒川燃水祭と黒川油田の歴史」を聞いた後、新潟県防水工事業協同組合(吉井 清理事長)との意見交換を行う。 
翌日の7月1日は、燃水祭開始前に、会場となる石油公園内の「天智天皇に献上した油を採取した油坪(池)」や、「明治時代に英国人シンクルトンの指導によって造られた木枠組の石油井戸跡」などを見学。燃水祭終了後は、献上行列見学、さらに時間があれば胎内側上流の黒川郷土文化伝習館訪問もメニューに上がっている。
 

燃水祭会場  (1)

日本書紀の記述は石油関係者にとっては「燃える水=石油に関する我が国最古の記述」 であることから、業界の起源となる重要な祭事として位置づけ、毎年多くの関係者が参列している。一方「燃える土=アスファルトに関するわが国最古の記述」の意義は防水業界にとっては重要だ。わが国の天然アスファルトの利用は1万5千年前・縄文時代の矢じりの接着や土器の補修や防水・防湿のためのコーティングに遡る。人類と石油とのかかわりはアスファルトのこうした利用に始まったのである。ゆえに「燃土燃水献上という日本書紀の記述が防水業界にとっても、防水業界の起源に関わる重要な記録である」という認識が徐々に高まり、5年前からは、防水関係者が、黒川燃水祭・近江神宮燃水祭に多数参列するようになってきた。2015年より地元・越の国の防水工事店の高橋英樹氏が毎年参加している。高橋さんは全国防水工事業協会北陸支部の副支部長を務めている。
a>
aburatsubo.jpg
臭水(くそうず)坪には油が浸み出し、真黒だ

黒川の地名は湧き出した原油が川に流れ、真っ黒になったことから付いたといわれている。黒川燃水祭は1983年から地元の保存団体「越の国黒川臭水(くそうず)遺跡保存会」が行っている。地元の小学生などおよそ80人が見守る中、保存会の関係者が、カグマと呼ばれるリョウメンシダの一種の葉を池(油坪)に浸したあと、葉を絞って油を集め、近江神宮の神職に油(燃える水)を手渡す。
油は天智天皇を祭る滋賀県大津市の近江神宮で、7月5日に行われる近江神宮燃水祭で奉納される。

献上行列

昭和60年に黒川石油公園が黒川油田跡地の森の中に整備された(面積8,250㎡)。公園内には明治期にシンクルトンが指導して掘った堅井戸や、排水溝、それ以前の古い油坪などが保存され、黒川油田の繁栄を示す建造物として、石油掘削櫓を模したシンボルタワー、東屋、遊歩道なども設置され、採油用のカグマを栽培する展示畑もつくられた。公園内では現在も天然ガスがポコポコ吹き出る様子や、池や井戸から臭いを漂よわせながら湧き出る原油をみることができる。この黒川石油公園が整備された年、アラブ首長国連邦駐日大使が黒川石油公園を訪れ、またその3年後、黒川村長がアラブ首長国連邦に訪問し国際交流を深めている。平成4年には黒川の臭水(4,822㎡)が新潟県の天然記念物に指定され、さらに平成6年には考古学的な価値が認められ国の史跡に指定された。


シンクルトン記念館は平成8年に建設された。室内展示の概要は、古代~現代までの臭水と共に生きた人々の歴史を紹介。石油関係民具の実物展示、イラスト・写真・模型などにより展示、説明をしている。ハイビジョンシアターでは臭水と人との関りを学習体験できる。またこの地方独特の臭水の採油方法や、黒川燃水祭の様子も紹介している。入口ロビーにはアラブ首長国連邦児童絵画の作品も鑑賞できる。過去の歴史だけではなく、石油の現在、さらには未来の地球環境の認識も深めてもらうような展示がされている。


石油記念展示室 
記念館展示室



防水アーカイブズ調査研究WG
2013年4月から活動を開始している日本建築学会・防水工事運営委員会・防水アーカイブズ調査研究WGの活動内容に関して主査の田中享二東工大名誉教授は、次のように述べている。

「わが国の防水の歴史はすでに100年を超えている。この間多くの材料・工法が開発され、多くの人が関与し、現在に至っている。ただこれら情報を保存する習慣、それを受け止める仕組みがなかったため、貴重な防水遺産が散逸・消失し、現在もその状況が続いている。これらを危惧し、次世代へ防水情報を伝達する仕組みとして防水アーカイブズを構想し、建築学会防水工事運営委員会内にワーキンググループを設置し活動を開始した。」 防水アーカイブズにおける収集対象は・ひと・もの・文書。
「現在のシーリングとメンブレン防水の材料と技術体系はいうまでもなく、過去の膨大な情報の上に成り立っている。幾多の漏水事故を糧として設計、材料、施工は進歩してきたからである。そして将来の防水は現在の情報の上に作られるだろう。過去を学ぶことは将来を考えることである。そのためには防水の過去から現在を繋ぐ装置が必要であり、その一つがアーカイブズである。」
更に同記事の中で、消失しつつある防水遺産の現状を憂い、「現在のものこそ消失しやすい」とも訴えている。
「実は現在のものも危ない」。現在のものはまわりにもふんだんにあり、電話でお願いすればすぐに材料も技術資料でも入手できるため、誰も取っておこうとは考えないが、放っておくと(古いものと)同じ運命をたどるからだ。

WG設置以来毎年「もの」情報を報告してきたが、昨年の学会大会では「ひと」に関する報告を初めて行った。「防水アーカイブズに関する研究 その5防水アーカイブズ資料としての「ひと」情報収集の現状」として、~現在までに200名を超える「ひと」のファイルが完成しているが、今のところ、情報の得やすい論文や雑誌等に頻出する「ひと」に偏っており、実際の工事に携わった実務関係の「ひと」が少ないこと、今後の収集計画、閲覧計画~などを報告した。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY H31 第3四半期リフォーム・リニューアル調査報告

受注高合計は、3兆183億円(前年比1.8%減)


兵士
調査奉告グラフ


国土交通省はこのほど、平成30 年度第3四半期に元請けとして受注した建築物リフォーム・リニューアル工事について、建設業許可業者5000者に対し調査を実施し、結果を取りまとめ,発表した。
その結果、受注高の合計は、3兆183億円(対前年同期比1.8%減)。うち、住宅に係る工事は、1兆 726億円( 同 6.4%増)、非住宅建築物に係る工事は、1兆9,457億円 (同 5.8%減)となった。

受注高
工事内容





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
銀のしゃちほこダイヤの眼
会津若松 鶴ヶ城

銀のしゃちほこO4040422
地上36m。赤瓦の天守にそびえる銀の鯱。銀箔に覆われたシャチの眼はダイヤモンド。
銀のしゃちほこ 
戊辰戦争の攻防戦を耐え抜いた鶴ヶ城。明治7年(1874)石垣を除いて取り壊された。現在の城は昭和40年(1965)RCで再建された。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
平成30年度 基整促事業報告会~
建築基準整備に係る調査結果
全15事業の報告会を開催

shirokuro 水仙帽 DSC08621 (2)


国土交通省は2019年4月24、25日の両日、建築基準法等に係る技術基準の整備・ 見直しを図ることを目的とした建築基準整備促進事業の調査結果(平成30年度実 施分)について、報告会を開催する。

このうちルーフネットが注目するのは二日目の4月25日(木)3:30~13:55 分に報告される「T3 非接触方式による外壁調査の診断手法及び調査基準に関 する検討:一般財団法人日本建築防災協会 」だ。
この研究は、「非接触方式による外壁調査の診断精度に関する整理・検証を行った上で、 ドローンの活用を含めた効果的かつ確実な診断手法及び調査基準の検討を行い、技術基準の提案を行う」、事を目的としている。

建築基準整備促進事業は国が建築基準等の整備を促進する上で必要となる調査事項を提示・ 公募し、最も適切な調査内容等の計画を提案した民間事業者等が行う技術基準 の原案となる基礎的な技術的知見の調査を支援するもの。

今回報告される15事業はこちら。↓
http://www.mlit.go.jp/common/001283023.pdf


1.開催日時 1日目:平成31年4月24日(水) 10:30~15:30
2日目:平成31年4月25日(木) 10:30~14:55
※ 両日ともに、受付開始時間は30分前から。
2.開催場所 すまい・るホール (東京都文京区後楽1-4-10)
3.聴講希望者は、各パー ト毎に事前の 申込みが必要。

申込先 :国土交通省住宅局建築指導課 報告会事務局 担当:加賀田氏宛 E-mail:kiseisoku@mlit.go.jp
申込締切:平成31年4月19日(金)17:00迄

T3 非接触方式による外壁調査の診断手法及び調査基準に関 する検討  について。


現在、「建築基準法第 12 条に基づく定期調査の建築物の外壁調査」は、半年~3年に 一度の頻度で手に届く範囲での打診等による調査、竣工から10 年を経 過した建築物については全面打診等による調査が求められている。しかし、 全面打診による調査には仮設足場等の設置が必要で、建築物の所有者にとって費用負担が大きいため、全面打診に代わり赤外線装置を用いた調査が行われて いるが、建物の高層階での調査が困難、適切な調査方法が徹底されていないことなどの問題があった。
そこで、課題解決に向け、平成29年度~平成30年度の2ヵ年にわたって、非接触方式による外壁調査の診断精度に関する整理・検証を行った上で、 無人航空機(ドローン)の活用を含めた効果的かつ確実な診断手法及び調査基準の検討を行い、技術基準の提案を行うことを目指した。


初年度の平成29年度は
① 環境条件や撮影条件等の適用範囲を十分に考慮して調査 が行われた場合、赤外線装置法による診断結果は調査員 による打診調査の結果に相当することを確認。 ② 赤外線装置法を用いた外壁調査を実施している技術者へ のアンケート調査を行い、技術者個人の経験等が外壁調 査実施において大きな判断要素として加わっている実態 を確認。
③ ドローンに関する法令、安全な運用、行政手続き、操縦者の資格、過去の事故事例、外壁調査に関する課題など について整理。
④ ドローンを活用した外壁調査に関しては、赤外線装置法 の適用範囲と精度が確保されることを前提条件とした場 合には、地上で実施する調査とほぼ同等の利用が可能で あることを実証実験(試験体)により確認。

その上で、平成30年度は
①. ドローンの活用を含めた非接触方式による外 壁調査の診断手法の検討 • 実建物での実証実験を計画 • ドローンを活用する場合の適用範囲と測定精度のグ レード化 等を検討。
②. 非接触方式による外壁調査の技術資料の作成 • 赤外線調査法の適用限界に関する補足実験 • 外壁調査を行う業者を対象とした調査業務に関する アンケート」の分析及び追加ヒアリングの実施
を行ってきた。

当日は、その成果の発表であり、ドローンを活用したどのような診断手法・調査基準が提案されるのか注目される。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)



AIJ 第3回 建築ドローンシンポ
平常時から災害時までの活用最前線
建築学会「建築×ドローン2019」

O4040320.jpg
写真は記事とは関係がありません。

日時 : 2019 年 5 月 9 日(木)9 時 30 分~17 時
会場 : 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)

日本建築学会材料施工委員会・ドローン技術活用小委員会は、災害委員会・災害調査にお ける UAV 利活用の可能性検討 WG が連携して研究活動を行ってきた。当日のシンポジウムでは、異分野・産官学・海外 連携の 3 軸を中心とした広範囲なドローンの活用事例が紹介される。
両 WG 関係者のこれまでの点検 や災害系のドローンの活用事例、基調講演として土木分野でのインフラ点検の最新の取り組み、災害ドロ ーン救援隊の取り組みについて報告。さらに、建築分野における国の動向、そして中国、韓国におけるドロ ーンの活用事例等、建築分野のドローンの最新情報を提供し、最後のパネルディスカッションでは、建築点 検及び災害分野におけるドローンの活用と課題について議論される。

プログラム :::
800プログラム
:::


Web 申込み https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=616378 。
問い合わせ:事務局事業グループ TEL 03-3456-2051




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
第6回 JADA建築ドローン利活用研究会
~ 建築物の大規模修繕等へのドローン活用に向けて ~

akebi_2019040809390564d.jpg

最先端の生の情報が得られる、と好評なJADA・日本建築ドローン協会利活用研究会の6回目の会員向け報告会が、平成31年4月22日、東京・銀座で開催される。


〇開 催 日:平成31年4月22日(木)13:30~16:50(受付・13:15~)
〇開催場所:中小企業会館 9階
      東京都中央区銀座2-10-18
基調講演『大規模修繕とドローンに関わる取り組み』
     一般社団法人マンション計画修繕施工協会 常務理事  中野谷 昌司 
      14:30 『マンション大規模修繕工事におけるドローンの活用』
            ㈱神奈川建物リサーチ・センター 常務取締役  嘉山 亨 
      15:10 『建築物の大規模修繕へのドローン活用に向けて』
            建装工業㈱ MR業務推進部 次長  館林 匠 
      15:50 『吹付けドローンの開発』
            西武建設㈱ 土木事業部 エンジニアリング部 企画課 課長  二村 憲太郎 
      16:30 質疑応答

〇参加対象者:JADA法人会員・個人会員(法人会員は3名まで参加可能)
〇参 加 費:【利活用研究会】3,000円/1名(個人・法人会員共通)
〇申込締切:2019年4月17日(金)
〇申込・入会等問合せ:一般社団法人日本建築ドローン協会 事務局
      電話:03-6260-8655  Mai:jimu@jada2017.org



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
磐越西線 に開花宣言
2019年。平成31年4月5日。
448磐越西線 に開花宣言 20190405 O4050036
一昨日は大荒れ、昨日は冷え込み、今日は一転開花宣言。


郡山から O4050066 (2)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)


「ルーフネットのテーマソング」ができました。
屋根を遊ぶ
「ノアの方舟の音楽」はルーフネットのテーマソングです

タイトル t

3分間のミュージックビデヲはこちら ↓

https://youtu.be/680A9gMC3RU?fbclid=IwAR3M1j6stjxXJxye-UOH2-Qmpe03LzI1mOJhxEktY9dTgrUOwnUcr8yfkEk

月のフェイズ(新月・、上弦・満月・下限)に合わせて、・配信するほぼ週刊ウェブマガジンルーフネットのテーマは「屋根なを遊ぶ」。
リーコーダー奏者で中世音楽研究者の菅沼起一さんが、第11回 Enjoy Roof コンサートで演奏した、ノアの方舟を題材にした聖歌を、会場で即興演奏。 翌月のコンサートでリコーダーとオルガネットýぴにアレンジした演奏を、ライブ映像と合わせて、仮編集したものです。




R&R建築再生展でのライブより、一部を仮編集したものです。
以下は、この時の解説です。

onngaku
onngaku2.jpg



アスファルトは、「ノアの方舟(浮かぶ家)の屋根と壁の防水に利用された」
dore.jpg

ノアの方舟の大きさに関して、旧約聖書『創世記』は「長さ300アンマ、幅50 アンマ、高さ30アンマ」という。1アンマを約44.5cmで換算すると、およそ「長133.5m、幅22.2m、高13.3m」となる。
素材はゴフェルの木。方舟には1階と2階と3階を造り、小部屋を幾つも造り、内側にも外側にもアスファルトを塗る。明かりとりの位置は上から1アンマ。側面には戸口を造る。

聖書に書かれているのは、これだけ。古来ノアの方舟の画は、石油タンカー型から、3階建てアパート型まで様々なものが描かれている。(ROOF-NET「聖書と防水」参照)旧約聖書創世記には、「方舟の内側外側に、瀝青を塗りなさい」とある。
方舟の目的は40日の洪水の後、150日間水が引くまで、のちの世界の「種」となる生き物たちを生存させる大空間を提供することである。舟とはいっても、水上航行ではなく水面浮揚が主目的である。ただ浮くだけとはいえ多少の方向転換は必要だから、タライや弁当箱型という訳にはいかないだろう。ウィキペディアは、形状について、多くのカップルの生活空間を確保するため、舟は直方体に近い形状であった。また総容積は、40,000立方メートル近くにも達し、ほぼタイタニック号にも匹敵する排水量になる、と試算している。

今まで、「舟」に注目しすぎて、防水は舟底に施した、と思いこんでいたのではないか? 外側とは喫水、船体だけでなく、当然 壁、屋根が含まれておかしくない。何しろ神は40日40夜雨を降らせて洪水を起こしたのだ。神の命令で3階建ての大きな建物をつくり、内外側に塗るよう命令されているのだから、屋根壁に塗らないほうが不思議だ。
すると、防水材としてのアスファルトは「ノアの方舟の船体に利用された」ではなく、「ノアの方舟(浮かぶ家)の屋根と壁の防水に利用された」と言ってよい。

すなわち屋根壁の防水の起源はBC3000年のノアの方舟ということになる。
世界最古の叙事詩「ギルガメッシュ」に、旧約聖書のノアの洪水の原型が見られる。

ノアの洪水伝説に似た話は、古代中近東には多いそうだ。日本聖書協会発行の大型本・パノラマバイブルにはそんな事例が書かれている。中でも有名なのは古代アッシリアの遺跡から発見された「ギルガメッシュ叙事詩」。この中で、神・ウトナピシュテムは瀝青で舟を防水するよう命じている。

古代アッシリアの叙事詩に登場するアスファルト防水と溶解釜
「1万リットルのアスファルトを溶かし、方舟に塗れ」と知恵の神エアは命じている。
命じられたウトナピシュテムは「私は3シャル(1シャルは3,600リットル)の瀝青を溶炉に注ぎ、3シャルのアスファルトで方舟を張り巡らした。」と英雄ギルガメシュに答えている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
新元号は「 令和 れいわ」  
中国古典ではなく万葉集から

2019年 平成31年4月1日。 午前11時41 分、新元号発表。
reiwa
万葉集より。れいわ 令和 。新元号を発表する菅官房長官

「元号に関する懇談会」のメンバー9人: ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京都大iPS細胞研究所所長(56)、直木賞作家の林真理子氏(65)、宮崎緑千葉商科大教授(61)。。法曹界からは寺田逸郎前最高裁長官(71)、経済界から榊原定征前経団連会長(76)、教育界から日本私立大学団体連合会会長の鎌田薫前早稲田大総長(71)、マスコミ界からは日本新聞協会会長の白石興二郎読売新聞グループ本社会長(72)、上田良一NHK会長(69)、日本民間放送連盟会長の大久保好男日本テレビ社長(68)