FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY SDGs(エスディージーズ)の経済効果
2015年9月、国連193ヵ国・地域が全会一致で合意したSDGs(持続可能な開発目標)。
以下は、初めて参加した、SDGsセミナー(2019年3月15日、調布)でのメモである。

ime-ji_20190324171822863.jpg
写真は本文とは関係がありません。

注目のきっかけは、ダボス会議(世界経済フォーラム) SDGsの経済的価値が発表された。SDGsを達成すると、2030年までに少なくとも12兆ドルの経済価値がもたらされ、 最大3億8千万人の雇用が創出される。

これを受けて、日本では、経団連(上場企業の8割が約1200社加盟)が7年ぶりに行動指針を改定。行動指針とは、加盟企業が、企業運営の指針とするもの。
従来の指針:企業の経済成長が社会に貢献し、それが日本の発展、未来ににつながる。
今回改訂された指針:社会に貢献する企業が発展することが、日本の未来につながる。

国:安部首相が、先頭に立ってSDGs推進。ジャパンSDGsアワード・SDGsを推進している企業・行政・団体をプッシュ、総額4500億円。資金支援する。


^^^^^^^^^^^^
具体策を見るには、平成30年12月 SDGs推進本部が作成した以下が、よさそうだ。

700ポイント

SDGsアクションプラン2019
全文は https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/pdf/actionplan2019.pdf

SDGsアクションプラン2019 ~2019年に日本の「SDGsモデル」の発信を目指して~

以下前書きのみ

 日本は,豊かで活力のある「誰一人取り残さない」社会を実現するため,一人ひとりの保護と能力強化に焦点を当てた「人間の安 全保障」の理念に基づき,世界の「国づくり」と「人づくり」に貢献していく。

 『SDGsアクションプラン2019』では,次の3本柱を中核とする日本の「SDGsモデル」に基づき,『SDGs実施指針』における8つ の優先分野に総力を挙げて取り組むため、2019年におけるより具体化・拡大された政府の取組を盛り込んだ。 
2019年のG20サミット,TICAD7,初のSDGs首脳級会合等に向けて
①国際社会の優先課題,②日本の経験・強み,③国内 主要政策との連動を踏まえつつ,以下の分野において国内実施・国際協力の両面においてSDGsを推進・・・以下略。

一部だけ見てみると、


優先課題4.持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備。

700.png

このうち「文化資源の保護・活用と国際協力」に関して、予算額は以下。

建造物
国宝・重要文化財(建造物)を次世代に継承するための 修理や,自然災害等から護るための防災施設等の整備, 耐震対策等に対して補助。 (31当初126億円)

美術工芸品
国宝・重要文化財(美術工芸品)を次世代に継承するための修理や,盗難等により所在不明となることや,自然 災害から護るための防災・防犯施設等の整備に対して 補助。 (31当初11億円)

伝統的建造物群の基盤強化
定期的な修理による個々の伝統的建造物の健全性確保とともに、耐震対策や防災施設等の整備を一体的・総合的に 実施。 (31当初18億円)

史跡等
歴史上,学術上価値の高い史跡等について,保存と活用 を図るための事業を行う所有者,管理団体等に対する補 助を充実するとともに,地方公共団体が史跡等を公有化する事業に対する補助を実施。 (31当初216億円)

文化遺産保護等国際協力
「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関 する法律」及び「無形文化遺産保護条約」に基づき,有形・ 無形の文化遺産に対する国際協力を推進
文化資源の保護・活用と国際協力 (31当初3.3億円)



::::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)