FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
感動ものの連係プレー
もしやギネス?
足場つくり。
足場
ブックカフェで作業中、何気なく窓の外に目を移すと、男が8人、竪に並んで何かをリレーしている。手渡したり、投げたり。実にリズミカル。位置を少しづつ移動しながら、見るみる組み上げてゆく。
しばらくウットリ眺めていたが、たまらず外へ出た。

足場IMG_0104 (1)
ホイ、ハイという声が聞こえて、長い支柱が、流れるように上昇し、数本続くと、踏み板を止める短いパイプが放り上げられる。2個続いた後、踏み板がスルスル昇る。最上段で受け取る男は、一瞬の手待ちもなく、カシャンカシャんとはめ込む。最後は側面をガードする長いパイプが2回。再び竪の支柱が上がる。
横移動しながら、人間リフトの縦のラインは奇麗な斜め一直線に伸びている。

あれよあれよと、いう間に、足場が出来上がってしまう。 正確なリズムを刻みながら滑らかにつながる動作。
動きが途切れるのは、車の荷台に積まれた足場の部材が無くなり、部材を積んで控える次の車に移動するときだけだけ。
全体像を掴みながら、一人一人が前後との調整を図る。これってもしや The JAPAN ? 感動の15分でした。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)


ピサロのワラボッチ
ピサロが描いた、 ワラボッチ
wara ピサロの収穫 R0240397


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY 「施工と管理」銅屋根クロニクル-63-
名古屋市市政資料館(旧控訴院)・愛知県

現存する旧控訴院庁舎は、札幌・名古屋のみ。

控訴院内部 PG9P5781


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。

バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

63 名古屋 
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№368、2019年3月号より

800 1
800^2



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
「屋根を調べる2019」
屋根協が計算ソフトの改訂版作成
荷重算定・強度計算・断熱性能計算など

yane 2019
一般社団法人 日本金属屋根協会が ,「屋根を調べる2019」を発行した。旧版「屋根を調べる2017」からの改定点は以下の通り。

保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件(平成19年5月18日国土 交通省告示第594号)の改正が本年1月15日に施行されたことにより、一定の区域での積雪荷重の計算方法が変わった。これに対応して同協会・技術委員会では『屋根を調積雪荷重算定ソフトを更新した。

『屋根を調べる』には、以下の計算ソフト並びに参考資料が含まれている。
[風圧力関連規定]
建築基準法の風圧力関連規定に関する解説である『風と金属屋根 第3章・風荷重関連基準』をPDFファイルで掲載。
[風圧力算定ソフト]
1.屋根・外壁などの外装材用の風圧力算出用で、構造骨組用風圧力の算出はできない。
2.屋根は負圧のみ、外壁は正圧・負圧とも計算できる。
3.平均速度圧の算出式は、簡略版を使用している。
[積雪荷重算定ソフト]
建築基準法施行令第86条の規定に基づき作成した。
積雪荷重の算定に際しては、積雪の単位荷重(雪の重さ。例えば雪が氷結した場合、著しく荷重が増加)、不均等荷重、雪庇の発生などの考慮必要。
[屋根性能計算ソフト]
屋根材や部材・ファスナーの強度計算や断熱計算、排水量計算などが行える。
計算に当たっての考え方については、耐風強度関係については、『鋼板製屋根構法標準』、『風と金属屋根』を、その他については本ソフトにある『金属屋根の性能確認』を参照。
このソフトでできる計算一覧
【耐風強度計算】【耐積雪強度計算】【性能確認計算】
[屋根ふき材の構造計算]
鋼板製屋根に関する構造計算の考え方や構造計算書の作成例を示した「屋根ふき材の構造計算」をPDFファイルで掲載している。
併せて以下の屋根材についての標準仕様(屋根材強強度)についてもPDFファイルで掲載している。

心木あり瓦棒ぶき
心木なし瓦棒ぶき(部分吊子)
心木なし瓦棒ぶき(通し吊子)
立平ぶき・蟻掛けぶき
横ぶき
波板ぶき

[工事管理報告書作成ソフト]
工事管理報告書作成ソフトは、金属屋根工事技士の方々より寄せられた「自分たちが工事管理をした証明書を提出したい」との要望に応えして作成した。

● 価格:会員 4,600円(税抜き) / 非会員 5600円(税抜き)

一般社団法人 日本金属屋根協会・技術委員会では、これまでに『風と金属屋根』並びに『金属屋根の性能確認』を編集・発行し、荷重の算定や屋根材の強度計算・断熱性能計算などに対する考え方を整理してきた。併せて各種の計算様式を提案し、金属屋根業者自らが屋根の安全性や性能の確認などを行える態勢を整えてきた。
これらの計算様式の中で、風圧力の算定については、建築基準法の改正により計算が複雑化したこ とに対応して、2002年に『風圧力算定ソフト』を作成。他の計算様式についても「ソフト化してほしい」との要望が数多く寄せられたことが2004年の『屋根を調べる』の作成につながったという。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
2019年度CWAウレタン塗膜防水学校
ウレタン防水学校開校
法規・製図から実習まで 3日間実施
CWA本橋講師SR0240503


CWA一社・建築防水安全品質協議会(本橋健司代表理事)は2019年3月26日、東京・新宿・NSビルで2019年度CWAウレタン塗膜防水学校を3日間の日程で開催した。

448CWAshonichi BRN3C2AF425D8EC_000730
初日カリキュラム

448CWA2日目 BRN3C2AF425D8EC_000730
2日目カリキュラム。

3日目は、補強布を使用した密着工法で、ウレタン防水の基本作業を学ぶ。防水工事店などから30名が参加した。

石原講師R0240530
石原沙織(千葉工大)講師、は「複数の職種間での共通言語」となる図面の位置付け、規格や通則、種類などに関して、大学での学生たちの学びの様子を交えて、解り易く解説した。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
RNY SDGs(エスディージーズ)の経済効果
2015年9月、国連193ヵ国・地域が全会一致で合意したSDGs(持続可能な開発目標)。
以下は、初めて参加した、SDGsセミナー(2019年3月15日、調布)でのメモである。

ime-ji_20190324171822863.jpg
写真は本文とは関係がありません。

注目のきっかけは、ダボス会議(世界経済フォーラム) SDGsの経済的価値が発表された。SDGsを達成すると、2030年までに少なくとも12兆ドルの経済価値がもたらされ、 最大3億8千万人の雇用が創出される。

これを受けて、日本では、経団連(上場企業の8割が約1200社加盟)が7年ぶりに行動指針を改定。行動指針とは、加盟企業が、企業運営の指針とするもの。
従来の指針:企業の経済成長が社会に貢献し、それが日本の発展、未来ににつながる。
今回改訂された指針:社会に貢献する企業が発展することが、日本の未来につながる。

国:安部首相が、先頭に立ってSDGs推進。ジャパンSDGsアワード・SDGsを推進している企業・行政・団体をプッシュ、総額4500億円。資金支援する。


^^^^^^^^^^^^
具体策を見るには、平成30年12月 SDGs推進本部が作成した以下が、よさそうだ。

700ポイント

SDGsアクションプラン2019
全文は https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/pdf/actionplan2019.pdf

SDGsアクションプラン2019 ~2019年に日本の「SDGsモデル」の発信を目指して~

以下前書きのみ

 日本は,豊かで活力のある「誰一人取り残さない」社会を実現するため,一人ひとりの保護と能力強化に焦点を当てた「人間の安 全保障」の理念に基づき,世界の「国づくり」と「人づくり」に貢献していく。

 『SDGsアクションプラン2019』では,次の3本柱を中核とする日本の「SDGsモデル」に基づき,『SDGs実施指針』における8つ の優先分野に総力を挙げて取り組むため、2019年におけるより具体化・拡大された政府の取組を盛り込んだ。 
2019年のG20サミット,TICAD7,初のSDGs首脳級会合等に向けて
①国際社会の優先課題,②日本の経験・強み,③国内 主要政策との連動を踏まえつつ,以下の分野において国内実施・国際協力の両面においてSDGsを推進・・・以下略。

一部だけ見てみると、


優先課題4.持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備。

700.png

このうち「文化資源の保護・活用と国際協力」に関して、予算額は以下。

建造物
国宝・重要文化財(建造物)を次世代に継承するための 修理や,自然災害等から護るための防災施設等の整備, 耐震対策等に対して補助。 (31当初126億円)

美術工芸品
国宝・重要文化財(美術工芸品)を次世代に継承するための修理や,盗難等により所在不明となることや,自然 災害から護るための防災・防犯施設等の整備に対して 補助。 (31当初11億円)

伝統的建造物群の基盤強化
定期的な修理による個々の伝統的建造物の健全性確保とともに、耐震対策や防災施設等の整備を一体的・総合的に 実施。 (31当初18億円)

史跡等
歴史上,学術上価値の高い史跡等について,保存と活用 を図るための事業を行う所有者,管理団体等に対する補 助を充実するとともに,地方公共団体が史跡等を公有化する事業に対する補助を実施。 (31当初216億円)

文化遺産保護等国際協力
「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関 する法律」及び「無形文化遺産保護条約」に基づき,有形・ 無形の文化遺産に対する国際協力を推進
文化資源の保護・活用と国際協力 (31当初3.3億円)



::::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
上野コルビジェ 5月19日まで。
西洋美館開館60周年記念
コルビジェの建築でコルビジェを見る。

コリビジェ展 R0240471

メゾンドミノR0240387
1階の模型展示場は撮影可能。

R0240429.jpg




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
2019年 開花宣言
東京で桜の開花宣言

448ゆるり会 花見 IMG_0070
2019年3月21日。 
東京の基準木は靖国神社能楽堂横のソメイヨシノ。気象庁が3月21日開花を宣言した。平年の開花日は3月26日で、−5日。昨年は17日で、+4日。
写真の桜は 早咲きの啓翁桜(左)と一才桜(右)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
日新工業社長に相臺志浩氏
相臺志浩(そうだいひろゆき)専務が社長就任


T350 相台社長
日新工業は平成31年2月開催の定時総会、取締役会で、相臺公豊代表取締役社長の代表取締役会長就任また、相臺志浩専務の代表取締役社長就任を決めた。経営トップの若返りによって体制を一新し、経営基盤の強化を図ることが狙い。

相臺志浩(そうだいひろゆき)氏。昭和48年6月12日千葉県生まれ。45歳。明治大学経営学部経営学科卒。日新工業入社。 2009年取締役生産部長、20013年専務取締役。趣味は音楽鑑賞。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)


RNY 勅封という密封システムと正倉院の漏水対策
奥のみず道第20回
The seal 「勅封」という密封システムと正倉院の漏水対策

seihoukei 割り印 P2070252 (2)


日本シーリング材工業会(略称・日シ工機関誌「& SEALANT」(年4回発行)の2013年12月10日発行NO.83 から、「奥のみず道」シリーズが始まりました。
狙いは、屋根と雨仕舞のウェブマガジン「ルーフネット」編集長が全国をブラブラしながら、古の人達が防水や雨仕舞にどう取り組んできたか、また著名建築における防水・雨仕舞という視点で、防水やシールのルーツを探ったりヒントや知恵を見つけたりといった内容を目指しました。今回は20回目。
ルーフネットではRN436号の読み物として、No.104 (2019年3月10日発行)の掲載記事を転載させていただきます。

Y700 20 no1
y700 20no2

T448正倉院の歴史平成9年 吉川弘文館 3800円。
正倉院の歴史、橋本義彦著。平成9年 吉川弘文館 279頁3800円。
表紙に描かれているのは天保4年の開封の様子、


///
日本シーリング材工業会(略称・日シ工)http://www.sealant.gr.jp/N-profile-gaiyo.html
は、昭和38年2月設立。わが国のシーリング材メーカーが加盟し、賛助会員は原材料メーカー、取扱業者等が加入しており、全国に7支部を有する全国的組織。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

ドローンによる建物点検
JADAが来年度にインスペクション実施
マニュアル・仕様書も公表予定


JADA

 建築物の点検業務複雑さ、難しさははその対象となる建築物の構造や環境、劣化事象さらには点検者の経験等によってさまざまである。
しかし依頼者に引き渡す成果物は、一定の基準に達した、かつ信頼できる精度での点検結果でなければならない。

JADA日本建築ドローン協会(本橋健司会長)は2017年9月、建築物へのドローン活用のための安全マニュアルを発行した。これは建築施工管理・点検調査において、 安全にドローンを活用するための、ガイドラインに相当する。 

同協会の建築ドローンインスペクションSWG(二村 憲太郎主査・写真左))は、常に信頼を損なうことのない検業務を遂行できるよう、建築物の点検(インスペクション)を「具体的」にどのように実践するのかを検証し、マニュアル作成に取組んできた。現在、モデルと事例、用語の定義やルールの策定も詰めの段階にきており、 来年度にはこの成果を受け、「標準仕様書」「モデル・事例」の公表を目指している。さらにこれらを使用した安全講習会・セミナー等の実施を検討している。


二村主査左

建築ドローンインスペクションSWG 二村 憲太郎主査(左)

またJADAの建築ドローンスクール検討WGでは、既に開催を続けている「建築ドローン安全教育講習会」や、建築ドローンインスペクションSWGで作成を進めている「標準仕様書」、「モデル・事例」の内容を実技講習としたカリュキュラムの検討や、現場での試行を計画している。将来的には「JADA認定建築ドローンスクール(仮称)」の開設を目指す。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

どうする  修繕積立金不足 
リニュアル協が管理組合向けセミナー 

1448リ協


スクリーンショット (259)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
 ⦿ 特別講演会「文化遺産とSDGsを考える」
3月19日(火)東京文化財研究所で開催
文化遺産国際協力コンソーシアム
スクリーンショット (264)
SDGs(エスディージーズ)のことを知りたい、でもワークショップや無理やり共同作業をさせられたり、はいやだ。浮遊感の漂う環境論にも付き合いたくない・・・、そんな人には、ぴったりかもしれない。「防水と屋根とSDGs」を考えたい人に、ルーフネットのお薦めです。


スクリーンショット (265)

申し込み、講師プロフィール、詳細は以下へ
https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20190308/


:::::::::::::::::::::
 2015年9月に国連総会で採択された2030年アジェンダおよびSDGs(持続可能な開発目標)は、様々な分野や国を超えて持続可能な開発を達成し、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ための国際目標である。

169項目のターゲットの中には、文化遺産の保護・保全の努力の強化が掲げられている。2019年1月に開催された文化遺産国際協力コンソーシアム第24回研究会「文化遺産とSDGs」の場においても、国際協力を実施するうえで、SDGsは避けることのできない重要な枠組であるとの共通認識が得られ、文化遺産保護に携わる者がSDGsとどう向き合っていくべきかについて、さらなる議論の必要性が確認された。

 文化遺産国際協力コンソーシアムは、この度、オーストラリアICOMOS会員(国内学術委員会Energy and Sustainability所属)であり、建築家、ヘリテージ・コンサルタントとしてオーストラリア国内での文化遺産の修復・保存に携わっているルース・レッデン氏を迎え、特別講演会を開催する。海外の事例や動向を学び、SDGsと文化遺産について理解を深め、議論を進める機会としたい。 (文化遺産国際協力コンソーシアムHPの開催案内より)
::::::::::::::::::::::

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

エスディージーズ(SDGs)とルーフネット
エスディージーズ(SDGs)と屋根と防水と雨仕舞
のやや長いまめもらんだむ


お花クラブO3040016
写真はマンションの維持管理と「おはなくらぶ」活動


「お前のやっていること、ルーフネットの支離滅裂さはエス・ディー・ジーズ(SDGs)の視点で説明すれば、理解されるかもしれんなあ」とある人から言われた。「なんじゃそれは?」というと、
SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。SDGs(エス・ディー・ジーズ)と読む。GはGoals(ゴールズ)の略。~~~【SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている】とロボット声で答え、日本もこれで動き出した、~~~という。

しかたなく、その夜、安直ネット検索で調べてみた。イマココラボのメルマガ登録もした。たしかに理念は立派、そのとおり。そんな「あるべき論」は大昔から唱えられていた。国連憲章やユネスコの理念だし、国家や団体、企業、個人もそうあるべきだ。ユネスコに言われるまでもなく、「自分よし、相手よし、世間よし」の近江商人の理念と同じである。「三方よし」の継続を願って、心ある人は、技能の伝承に努め、まっとうな消費者は、そうした人に発注し、その心でものを作り・売る店で、商品を買う。SDGsは見事なプレゼンテーションではあるが、今更ごたいそうな言葉を作って騒ぐ意味があるの?というのが、率直な感想だ。
解っていてもできないから、或いは、わからない人が多いから、実行方法を示しました。仕組みを作りましたから、これでやろうね。
ということなのか。


とはいっても、明日SDGsのワークショップ付きの講習会が近くで行われるのを見つけてしまった。WSというものが嫌いなのだが、行ってみるしかないだろうな。

行くからには予習だ。
SDGs_20190314195009c29.png
朝日新聞の:https://miraimedia.asahi.com/sdgs-description/ が見やすい気がします。

SDGsの17の目標のうち、直接関係する目標は次の3つだろう。
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
11.住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
12.つくる責任 つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

各目標には、それぞれ、少しだけ具体的な、ターゲットが示されている。(詳細は次回)

また間接的な目標としては
1.貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
4.質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
8.働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

も関わってくる。

とは言っても、まじめにお考えればどれも関連してくるわけで、自分と関係があるのは、これとこれ、とは切り取れない。実はすべてに関わるよ、というのが。SDGsの考えでもあるようだ。
関連する世界で起こっている問題や課題、今後世界がどういった方向に進んでいこうとしているのかという全体像を把握し、それぞれがお互いに繋がっている、という感覚を持つことが大切、という。そのうえで、それぞれが自分の生活・職業を通じて、どう働きかけるべきかを考え、実行すること。これを目標とするのであろうな。と理解した。

イマココラボは「そのつながりの中に、途上国で作られた製品を消費する消費者の一人として、私たち自身もつながっていて、私たち自身の小さな選択がSDGs達成に影響しているということに自覚することが重要」という。

それならば、ルーフネットがいつも言う
~消費者は「ちゃんとした仕事をする人に」仕事を発注し、「ちゃんとしたものを作り・売る人」から買おう。そのことによってのみ、社会は、ちゃんとしたものつくりの継続が可能になる。そこに関わることは、ある意味で、良いものを手に入れる以上の喜びがある。
~という主張と同じだ。

この考えで、良いのだろうか。 それを明日、問うてみよう。

課題:では「ちゃんとした」とは何なんだい!
「ちゃんとした」を、どうやって、「そうじゃないもの」と区別するの?

は次回。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
土器誕生が物語る人類史の転換点

建築博物教室第18回「うつわのアーキテクチャ ――」
東京大学総合研究博物館小石川分館

あーきてくとにか

日時:2019年3月30日(土) 13:30〜15:00

講師:小髙敬寛(東京大学総合研究博物館特任研究員/近東考古学)

会場:東京大学総合研究博物館小石川分館 2階「空間標本」展示室
   東京都文京区白山3-7-1 tel.03-5777-8600
地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩8分

参加費:無料。 先着順
事前申し込み不要。定員:50名

^^^
* ルーフネットは、土器にアスファルトなどによる防水・コーティングがあるか。ひび割れ補修の材料は何か?などに注目しています。






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
高いところに、遠くに手を伸ばそうとしたら、
足元が大事だ。(2019年3月13日午前4時35分の夢)

mamemoクレーン O3060048 (2)

長さが2倍になると面積は4倍。 するとクレーンの高さが2倍になると、土台の「しっかり具合」は2の3乗で、8倍になるのだろうか。
自らの歴史を疎(おろそ)かにする会社に未来はない。過去から学ばない業界は尊敬されない。だから屋根・防水雨仕舞の歴史を、追いかけています。「それがどうした。俺は未来志向なんだ。過去には興味がない!」と言われながら。

木はその高さに応じた根を張ります。光合成しながら成長するための養分はチッソ・リン・カリの三大栄養素と水だけではありません。様々な微量元素が不可欠です。

ルーファーが誇りを持って、尊敬される良い仕事が継続できるように、尊敬される人も尊敬する側も力が必要です。その仕組みを考え、周辺に働きかけて実践することが、業界団体の存在意義だと思います。

その実現のために職人・親方・経営者、メーカーの技術・営業、販売店の営業マン、ゼネコンの現場監督・研究者、大学の研究者、マスコミ、カメラマン、施主それぞれの立場で、できることは有ります。 そして最終的に最も恩恵を受ける発注者には、「良い仕事をする人に、発注する」、という最大の役割と、喜びがあります。

で、ルーフネットの役割は、というと、「屋根と防水と雨仕舞に関する知恵と技と、関わる人の心意気」を、歴史、文化、美術、音楽の面から掘り起こし、「俺たち結構、カッコいいじゃない」、と励ましあい、「屋根屋って、なかなか凄いでしょ」と発注者に示すことです。そのために、聖書、日本書紀、鳥獣戯画、オペレッタ、中銀カプセルマンション、 能、歴史絵画、 ホームレス、環境保護、音楽、の記事が出てきます。微量元素です。

以上、このクレーンの夢を見て、「そうか!」と思い付いたことでした。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)






2011 + 8
2019年3月11日 

2011 _8



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
「ルーファーのための音楽会」ビデオ
ノアの方舟の音楽


タイトル t
ROOF-NET PRESENTS 屋根を遊ぶ。


方舟
ノアの方舟
448おわりのノア P8100064

R&R会場

菅沼起一と中世音楽アンサンブルが、R&R建築再生展「防水と雨仕舞の歴史館」で演奏した、ノアの方舟の演奏を仮編集してみました。 間もなく、視聴環境が整います。

:::::::::::::::::::
 神はノアに言われた。
 あなたはゴフェルの木の箱舟を作りなさい。箱舟には小部屋をいくつも造り、内側にも外側にも瀝青(アスファルト)を塗りなさい。
創世記6章 9節
 創世記には舟のサイズも記載されている。その大きさは、平凡社世界大百科事典によると、約15,000トンクラスの舟にあたるという。

さて「方舟」だから「舟」とはいうものの聖書の表現では、3階建ての家である。 多くの絵で、舟の再上層は切り妻の屋根である。
 方舟の大きさに関して、旧約聖書『創世記』は「長さ300キュビト、幅50 キュビト、高さ30キュビト」という。1キュビトを約44.5cmで換算すると、およそ「長133.5m、幅22.2m、高13.3m」となる。
 方舟の目的は40日の洪水の後、150日間水が引くまで、のちの世界の「種」となる生き物たちを生存させる大空間を提供することである。舟とはいっても、水上航行ではなく水面浮揚が主目的である。

今まで、「舟」に注目しすぎて、防水は舟底に施した、と思いこんでいたのではないか? 外側とは喫水、船体だけでなく、当然 壁、屋根が含まれておかしくない。何しろ神は40日40夜雨を降らせて洪水を起こしたのだ。神の命令で3階建ての大きな建物をつくり、内外側に塗るよう命令されているのだから、屋根に塗らないほうが不思議だ。

 すると、防水材としてのアスファルトは「ノアの方舟の船体に利用された」ではなく、「ノアの方舟(浮かぶ家)の屋根防水に利用された」ということになる。

:::::::::::::::::::::



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
防水の歴史を建築学会誌掲載論文から紐解く(1)

防水の研究はいつ始まったか

建築雑誌総目録(2~7)

明治19年(1886)4月、造家学会が設立された。翌年明治20年(1887)1月には機関誌「建築雑誌」が創刊される。「造家」の名称は、現在の東京大学工学部の、当時の名称が、工部大学校造家学科であったことによる。明治12年(1879)第1回卒業生が辰野金吾、片山東熊らである。

建築学会のHPから、建築雑誌創刊号より、掲載論文を一編ずつクリックしてゆけば、逐一検索は可能である。
一方、写真の「建築雑誌総目録」では、各時期ごとに、材料・工法に関するどのような論文が掲載されていたかを、概観できる。

写真右端の「2」のシールが上部に貼られたのが、建築学会創立50周年記念として昭和11年6月に発刊された、「建築雑誌総目録」で実際上の(*)第1号である。
この号では、論文は、
Ⅰ歴史、Ⅱ意匠及装飾、Ⅲ設計に関する基本事項、Ⅳ設計計画、Ⅴ各種建築、Ⅵ材料、Ⅶ構造、Ⅷ施工、Ⅸ設備、Ⅹ法規、Ⅺ都市計画、Ⅻ災害、ⅩⅢ雑。
に分類され、

Ⅵ材料 の11項に「アスファルト、ピッチ「」という分類項目があり、最も古いものは
◎地瀝青  黒沢利八 2集 17号 明治21年(1881) 5月 73頁

であった。

続く。
次回は
①2~7巻の発行年次、分類方法と
⓶2集の掲載論文
③3集以降の掲載論文


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)







初の増刷分も完売で電子版発行。
ボヘミアン・ラプソディ効果
増刷分6000冊も3週間で在庫切れ

BI448.jpg

大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』主演俳優ラミ・マレックのスペシャルインタビューを3ページにわたり掲載した、ビッグイシュー351号(1月15日発売)が、創刊16年目にして、最新号発売期間中に異例の増刷を行った。しかし増刷分した分もアカデミー賞の発表前に各事務所では在庫切れが続発、現在でも問い合わせが続くため、3月8日16時~より電子版を発行した。
写真上段左から2つ目。

ビッグイシューは、ホームレスの仕事をつくり、東京、大阪をはじめ全国の13都道府県の路上で販売しているストリートマガジン。
増刷した6000冊も全国的に在庫がなくなった.

ビッグイシュージャパンによると「問い合わせや、連日、フレディの号が欲しいと聞かれる、といった販売者からの声を受けて、今回電子版(PDF版)を発行することにした。電子版の売上は販売者の収益にはならないが、販売者サポートのための人件費・雑誌の継続発行のために使用する」という。

電子版はホームページ(https://www.bigissue.jp/)より購入可能。

<351号の注目コンテンツ>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』主演俳優ラミ・マレックのスペシャルインタビューを3ページにわたり掲載。いまや、アカデミー主演男優賞受賞でますます注目されるレミ・マレックのスペシャルインタビューを目当てに買いたいお客様も多いようです。
ありのままの自分を愛する難しさについて描いた作品でもある『ボヘミアン・ラプソディ』。自身も移民の家庭で生まれ育ったという主演俳優ラミ・マレックは「身体的にも精神的にもフレディと同化できた」と語ります。::::::::::::
*351号読みどころ紹介:http://bigissue-online.jp/archives/1073644250.html

* ルーフネットは、ビッグイシューを応援しています。ミニマルハウスとは。家とは。脳のリセットに役立つからです。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
防水の歴史資料館計画始動
燃水祭関連資料展示コーナー設置へ
近江神宮宝物館2階

大木権宮司交代O3070023
長年「燃水祭ねんすいさい」を担当してききた近江神宮大木権宮司(ごんぐううじ・写真中)が。2019年3月末をもって定年退職。後任は嶽山権禰宜(ごんねぎ・写真左)。3月7日、燃水祭燃える土世話人の杉本憲央氏が、同じく世話人を務めるJWHA防水の歴史研究会事務局長とともに、 近江神宮を訪問、本年燃水祭及び、展示に関して、意見交換を行った。


448展示室PG9P4129
現在の二階示室。正面が小堀鞆音作「燃土燃水献上図「」、左が前田青邨作「燃水の図」。

448小堀解説kPG9P4106
124.fc2.com/r/o/o/roofnet/201902280005033ec.jpg" alt="448こぼりPG9P4105" border="0" width="448" height="323" />
解説文の修正。奉納者が2者欠落しているため、「ARKアスファルトルーフィング工業会・JWHA日本防水の歴史研究会「」を追加。
また解説文には佐野美術館での展示の際使用されたものを、補う。


448青邨PG9P4107
前田青邨「燃水献上図」

448前田青邨解説 PG9P4108



近江神宮宝物館・燃水祭関連展示案
目的:燃水祭とは何かを示す、日本唯一の展示。
近江神宮にとって、「燃水祭」は「漏刻祭」や「かるた祭」に次ぐ重要な祭事である。日本における石油・アスファルト利用に関する産業史、としての重要性にも着目して展示する。



現状:小堀鞆音「燃土燃水献上図」・前田青邨「燃水献上図」レプリカと解説。

提案:
① 鞆音解説文、追加と修正。 
◎奉納者が芝野氏(燃水祭代表世話人)1人ではなく、ARK アスファルトルーフィング工業会(猪野瀬正明)、JWHA日本防水の歴史研究会(杉本憲央)両氏を含む3名だったので、2名(2団体名)を追加。
  ◎現物を佐野美術館が本邦初展示した際の解説文を利用。

② 佐野美術館展示の際、同時に展示した日本石油の記念誌(絵が描かれた背景)。
③ 同図録とプレスリリース。
④ 土瀝青(燃土)、燃水
⑤ 鞆音図を彫金作品にした「塚田秀鏡」の写真(清水三年坂美術館の許可)冊子「近江神宮燃水祭」にあり。
⑥ 同、元図となった、鳥獣戯画乙巻の図像。
⑦ 日本書紀27巻「燃土燃水献上」部分の図像(北野天満宮所蔵重文)冊子「近江神宮燃水祭」子にあり。
⑧ オペレッタ「燃える水」台本表紙。(日石100年史より)

検討課題
① 黒川燃水祭関連の扱い。
② シンクルトン石油記念館、郷土資料館展示物の紹介。

天智展示 (1)
天智天皇。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
桜の塔

日本一高い五重塔と40m高所作業車

桜 O3060085 (2)
京都・東寺五重塔の特別公開が3月13日まで行われている。
啓蟄の6日、名物枝垂桜の蕾はまだ固いが、髙さ55メートルの五重塔の西面の桜はこの日三分咲き。

448kousho O3060281 - コピー
上層の風鐸を取り外しているようです。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
第3回  JADA安全講習 
第3回 建築ドローン安全教育講習会
JADA・一般社団法人 日本建築ドローン協会

万華鏡PA160010


【講習形式】座学による講習
【日  時】2019年3月6日(水) 9:30~17:00
【開催場所】ちよだプラットフォームスクウェア(会議室 504 505 506)
      〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
【対 象 者】建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる者
      (年齢20歳以上、資格・経験は不問。)
【C P D】建築CPD情報提供制度認定プログラム(4単位)
【講習内容】ドローンの概論、法律、ドローン技術と安全運用、
      ドローンを活用した建築物の施工管理、点検調査等における安全対策
【受 講 料】日本建築ドローン協会会員2万円(税込)/1名、 非会員4万円(税込)/1名
     
時刻 講習内容
9:00 受付
9:30 挨拶・説明
10:00~
12:00
建築分野におけるドローン活用の基礎
ドローンの技術と安全運用
12:00 昼食
13:00~
17:00
ドローンを活用した建築物の施工管理
ドローンを活用した建築物の調査
考査(知識の確認)

*********
ドローンが建築物の施工管理・点検調査等への活用の期待から実際の業務として使用され始めていま す。しかし建築物を対象とする場合、国土交通省航空局が定める飛行ルールに加えて、施工管理・点検 調査に関わるドローンの飛行前の準備と飛行計画、及び建物周りで飛行させるための安全対策が必要不 可欠となります。これより当協会ではドローンの活用に関わる基礎知識、ドローン技術と安全運用、建 築物の施工管理・点検調査におけるドローンの安全活用を解説した「建築物へのドローン活用のための 安全マニュアル」を作成しました。さらに今年 9 月より上記マニュアルを教材として、建築物へのドロ ーンの安全活用を促進していくために「建築ドローン安全教育講習会」をスタートしました。 第 1 回東京開催の講習会では多数の方々が受講され、受講を修了された方から業務で本マニュアルを 活用されているとの報告を受けております。このように建築分野におけるドローン活用の高まりに対応 すべく、大阪にて第 2 回講習会を,そして今回第 3 回講習会では再び東京での開催に至りました。 建築ドローン安全教育講習会を修了された受講者に対しては、「建築ドローン安全教育受講修了証」 を発行致します。建築物の施工管理や点検調査においてドローン技術の適用・運用に直接的に携わる方 のみならず、建築ドローンに関わる幅広い皆様を対象としています。(日本建築ドローン協会)
**********



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
世界茅葺き会議 2019  5月18日白川郷で
世界の茅葺職人150人集合

8oo.jpg

国際茅葺協会は、イギリス、オランダ、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、南アフリカ、日本で構成され、二年に一度世界会議を開催している。日本は2013年に加盟。 前回はイギリス。

800ITC6.jpg

一社・日本茅葺き文化協会は、法人設立10周年を記念して、岐阜県白川村と共催で、第10回茅葺きフォーラムを兼ねて、世界茅葺き会議第6回日本大会を開催する。

世界の茅葺職人150名が参加して儀jyつの交流を図る。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)

SDGs エスディージーズ・池井戸・屋根屋


「ルーフネット」になぜ、音楽や絵の話、日本書紀、鳥獣戯画、百人一首が?どうしてホームレスや熊森協会まで出てくるんだ!! とお怒りの貴兄に、「私の中では終始一貫しているんです」といいつつも、適切な説明ができなかった。ところが1週間のうちに「それを解きほぐし整える鍵言葉があるよ」と3人の人が教えてくれた。一人は「SDGs エスディージーズ・持続可能な開発目標https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html  だ
」という。別のひとは「それよりも池井戸潤だろ!コンクリートにたばこを投げ入れた話だよ」と。さらに「大人のためのほのぼのエロティックファンタジー・屋根屋」という本をあげる人もいた。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
大嘗宮は逆葺きで
茅葺き文化協会・安藤代表理事の論考
「大嘗祭は茅葺きで」

大嘗宮110銭切手この時の大嘗宮は真葺きで葺かれた
大嘗宮の切手。

一社・日本茅葺文化協会は、フェイスブックで、同協会代表理事である安藤邦廣筑波大名誉教授の論考が2019.2.11付「神社新報」に掲載されたことを紹介している。https://www.facebook.com/kayabunkyo/
(文章は神社新報の慣例に従って、歴史的仮名遣いで表記されている。)

500神社新報平成31年2月11日5面

大嘗宮(だいじょうきゅう)は大嘗祭(だいじょうさい)で天皇が神事を行なうために新設される建物で大嘗殿(おおにえどの)とも呼ばれる。東西65メートル、南北46メートルを宮地とし、東西に悠紀(ゆき)殿・主基(すき)殿、北に廻立(かいりゅう)殿を設け、それぞれの正殿は黒木造 (皮つき柱) 掘立柱、切妻造妻入り、青草茅葺きの屋根、8本の鰹木と千木、むしろが張られた天井を有する。外を柴垣でかこみ、四方に小門をつける。地鎮祭の後、祭の7日前から大嘗宮を造り始め、5日間以内に造り終え、「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」後にはただちに撤去される。(ウィキ)

2019年11月14・15日に行われる大嘗祭で、大嘗宮の建築費は19.7億円。秋篠宮文仁親王は、新嘗祭が行われる施設である宮中の神嘉殿(しんかでん)を活用して費用を抑え、それを天皇家の私費で賄うという具体案を示していたことが報じられている。
大嘗宮は天皇即位に際して新たに作られ、祭祀の終了と同時に取り壊される、それに20億円の税金を費やすのはいかがなものかという秋篠宮親王の発言は極めてまっとうな意見であるが、別の見方もある。

茅葺き屋根の屋根を葺くにはイネ科の多年草は春に生え、秋に枯れ、また生え、常に更新される。同協会安藤氏は「大嘗宮の屋根を清浄な茅で葺くことは、この新たな生まれ変わりの形を端的に表すものだ」。更に万葉集の歌を例に挙げながら、簡易で機能的な古代の葺き方である逆葺きに戻すことを提唱している。
「大嘗祭が稲作文化に深く結びついた祭りであるとすれば、その当初の姿が南方の逆葺きであったと考えることは自然なことである。その後、日本の茅葺き屋根は、耐久性、と居住性に優れる真葺(まぶ)きに代わっていく。前回の大嘗宮もまた真葺きで葺かれていた。しかし今、大嘗祭のあり方が議論される中で、 大嘗宮が祭りの間だけの短期間の利用であることも考えると、屋根を古代の簡素な逆葺きに戻すということを考える良い機会ではないだろうか」という。
一読をお薦めする。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)