FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
雨水活用建築の実践・活用めざし講習会

「日本建築学会環境基準 雨水活用建築ガイドライン (AIJES-W0002-2019)」 改定講習会

neji A7R08080


東 京 2019年 3月 1日 (金) 東京・田町 建築会館ホール
主催 日本建築学会 環境工学委員会
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/190301aijes.pdf


700プログラム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年、“雨水(あまみず)”の利用を推進することで、水資源の 有効な利用を図り、あわせて下水道、河川等への雨水の集中的な流出 の抑制に寄与することを目的として「雨水の利用の推進に関する法律」 が施行された。
2015年には、国土形成計画、第4次社会資本整備重点計画におい て、「国土の適切な管理」「安全・安心で持続可能な国土」などの課 題への対応のひとつとして、自然の力を賢く活かす“グリーンインフ ラ”を推進していくことが盛り込まれた。
2016年には、“雨水を蓄える”「蓄雨(ちくう)」という新たな概 念を掲げ、建築用途別での実践すべき雨水活用の内容やその評価方法 などについて数値基準を示した「日本建築学会環境基準 雨水活用技 術規準(AIJES-W0003-2016 )」が発行された。

ここ数年、気象状況も変化しており、“平成29年7月九州北 部豪雨”、“平成30年7月豪雨”など、これまでに経験したことのな い局所的集中豪雨や地震災害が多発し、防災・減災の観点でも、雨水 活用が注目されている。 このように、“雨水活用”を取り巻く社会環境や自然環境が急速に 変化している。このような変化に対応し、より多くの雨水活用建築 が実践され、普及していくために、この度、本ガイドラインの改定を 行った。

当講習会は、改めて本ガイドラインの目的や概要の説明ならびに、 設計・製品・施工・運用各章での改定ポイントやその背景等を解説す ることで、本ガイドラインの理解を深め、より多くの雨水活用建 築が実践されることを目的として開催する。 (主催者・日本建築学会 環境工学委員会 による開催趣旨より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です