FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
もし、この世界に ワ ラ しかなかったら・・・
日本建築学会 ― 子どもの建築ワークショップ
つくってあそぼう!

wara.png

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/kodomo20190217.pdf

日時:2019年2月17日(日)13:00-16:00(受付12:30-)        
会場:建築会館イベント広揚/ギャラリー(港区芝5-26-20)
アクセス:JR田町駅/都営地下鉄三田駅(浅草線・三田線)徒歩3分
対象:小学生とその家族   ※子供だけの参加歓迎。
参加費:無料
持物:適宜、水筒などの飲み物。屋外での活動もあり防寒対策、動きやすい服装・靴など。
申込方法: 件名を「けんちく広場参加希望」とし、①~④を記入の上、メール にて。 ①参加者氏名(全員分) ②住所 ③電話番号 ④学年(年齢)
申込先:日本建築学会「けんちく広場」
e-mail : mishima@aij.or.jp (問合せTEL: 03-3456-2051)
申込期日:2019年2月10日(日)


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
ドローンによる近接撮影・外壁診断
AIJ 第22回建築の自動化技術シンポ

例えば水車の車軸
写真は水車の車軸。記事とは直接記事とは関係がありません。

日時:2019年2月1日(金) 10:00 ~ 16:30
会場:建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)
主催:日本建築学会 材料施工委員会 建築生産運営委員会 CA技術小委員会

作業 のロボット化や自動化、ICT による効率化や省力化への期待は大きいものの、実際に成果を上げるためには、技術的開発と共に導入に向けた整備・安全性、ロボット規格と性能評価 など、施工側と開発側が一体となった解決が不可欠。シンポジウムでは建築施工に関わるロボットや ICT を対象 に各種の研究・開発状況について報告し,実施工現場で有効な技術や方向性を示す。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/a730.pdf


【プログラム】 (ドローン関係のみ)
Ⅰ.開会の辞 10:00~10:10 井上文宏(湘南工科大)
Ⅴ.研究発表:セッション2「ドローンによる計測と点検技術」 14:20~15:20
司会:眞片山 美穂(建築研究所)
(4)二輪型マルチコプタを用いた構造物の近接撮影および IFC 三次元モデルを利用した点検システム 長谷川英司(富士通研究所)
(5)Visual SLAM による自律型ドローンを活用した建物点検技術の開発 宮内 博之(建築研究所)
(6)災害対応用建物外壁検査ロボットシステムの開発 井上 文宏(湘南工科大)

申し込み https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=615773


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
作田家住宅の栗の樋
「しめ縄展「」の建物の樋を見る

PG9P5245.jpg
川崎市立民家園の「作田家受託に壁面に、全国各地のしめ縄が飾られている。

樋 
この住宅の見どころは樋だ。
toi PG9P5173
樋を支えるのは竹。
九十九里浜地引網漁の網元の家。棟を別にする分棟型民家。棟と棟の間には栗の木をくり抜いた雨樋が設けられている。
mune.jpg
棟押さえの瓦も特徴的。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です