FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
絵馬にも個人情報保護シール
見慣れた絵馬かけだが
絵馬 PG9P3990
こんな張り紙が。
保護シールPG9P3988
巫女さんほしいに、「希望者はいたのですか」、と尋ねたところ「3か月になりますが、今のところ、どなたも来られません」とのこと。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 421 「施工と管理」銅屋根クロニクル-59-
金閣・銀閣・祇園閣。銅閣造営を目指した大倉・伊東ペアの結論。
大雲院・祇園閣(京都府

RN3実はやはり蛙PG9P1631

京都・祇園、丸山公園音楽堂の西、高台寺の北隣にある祇園閣は、1928年(昭和3年)に建築された鉄筋コンクリート造三階建。高さ百二十尺(36m)、鉾先には金鶴が輝く。大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が建てた別邸の一部である。屋根は銅板葺きで、これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったため、と言われている。祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太。入口や内部のあちこちにに忠太の霊獣が据えられている。

Rn0門と鉾 PG9P1639

RN2振り返る PG9P1605

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です




「施工と管理」銅屋根クロニクル-59-祇園閣 (京都府)

(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№364、2018年11月号より

59-1
59-2.jpg
59-3.jpg