FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
文化庁・「選定保存技術」認定書交付式で認定書を授与
選定保存技術「茅採取」の保存団体として認定
宮田文化庁長官から認定書

認定書 
写真提供:日本茅葺き文化協会(下も)

平成30年9月26日、平成30年度重要無形文化財保持者及び選定保存技術保持者・保存団体認定書交付式が、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で 行われ、一社・日本茅葺き文化協会(安藤邦廣代表理事、写真右)は、宮田亮平文化庁長官(中央)から認定書を授与された。

安藤邦廣代表理事コメント:
このたび、文化財の保存のために欠くことのできない伝統的な技術、技能であり、保存の措置を講ずる必要のある「選定保存技術」として、檜皮採取、屋根板製作とともに、「茅採取」が選定されました。
茅場制度の消滅に伴い、担い手不足の問題がある現状において、地域の地勢や植物に関する知識、慣習の蓄積によって支えられてきた、茅の育成、茅場の管理も含め、茅採取の技術は、保存の措置を講ずる必要があるとして選定されたものです。
また、「茅採取」が選定保存技術に選定されるにあたり、当協会が、これまで、地域色を尊重し、ふるさと文化財の森での茅刈り、加工の研修、記録作成などの事業に継続的に取り組んできた実績が評価され、選定保存技術の保存団体に認定されることになりました。
これも各地域の会員の皆さんをはじめ多くの方が共に取り組んできたこれまでの実績が評価されたものとして、大変喜ばしいことと思っております。

交付式(写真提供茅文協)





参考
ルーフネット記事 「茅採取」が文化庁の選定保存技術に選定(2018/08/15(水) 08:59:08|屋根|() 

http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E3%80%8C%E8%8C%85%E6%8E%A1%E5%8F%96%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%96%87%E5%8C%96%E5%BA%81%E3%81%AE%E9%81%B8%E5%AE%9A%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E9%81%B8%E5%AE%9A&word=%E9%81%B8%E5%AE%9A%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%8A%80%E8%A1%93



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
金の成る木
金のなる木の根幹は「しょうじ木」
東照神君の木
遺品を整理していたら、掛け軸の入った箱が出てきた。金目のものは全くないが、金の成る木のボロ軸があった。東照神君(徳川家康)の金のなる木だ。幹は下から、「しょうじき」、「じひふかき」、「よろずほどよき」。左右に4対の枝。金の成る木は、11の「き」 で構成されている。長い間眺めていると、なんとなく見えてきて九つまでは読めた。そこでウィキ博士に尋ねるとすぐに分かった。幹は家康、枝は傍に控えていた細川幽斎の昨だそうな。右の枝には、「あさお木」、「いさぎよ木」、「しんぼうつよ木」、「ゆだんな木」。左の枝には「かせ木」、「ついえな木」、「養生よ木」、「かないむつまじ木」。なるほど。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です