FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
平成30年(2018)9月24日 中秋の名月

中秋の名月
かりん PG9P3364

中秋の名月


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY413  奥のみず道⑰
防水の歴史資料館への序章

448燃土燃水 P7050489
防水の象徴「燃える土」を初めて奉献

448展示室 2
2階展示室で燃水祭展示コーナーを検討する。

奥のみず道「ぶらモリタ」シリーズが「&シーラント」で連載中です。狙いは、屋根と防水・雨仕舞のウェブマガジン「ルーフネット」編集長が全国をブラブラしながら、古の人達が防水や雨仕舞にどう取り組んできたか、または歴史的建築における防水という視点で、防水やシールのルーツを探ったりヒントや知恵を見つけたりといった内容です。
シリーズタイトルの「ぶらモリタ」は日シ工飯島義仁広報委員長、「奥のみず道」は&SEALANT 製作担当の阿部栄治氏がつけてくれました。
バックナンバーはこちらでご覧ください。>>「奥のみず道」
http://roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E3%80%8C%E5%A5%A5%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%9A%E9%

第17回が、分類項目の手違いで、この部屋に収納されていませんでした。改めて奥のみず道⑰として掲載します。



日本シーリング材工業会機関誌「& SEALANT」の2018年6月10日発行№01号より。

奥のみず道⑰「防水の歴史博物館」への序章
みず道⑰-2


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
植栽は管理の盲点
木は成長するという事実
植栽は管理の盲点?PG9P3359
10年前の入居時、たまたまスペースがあり、あれこれ木を植えてしまったある集合住宅。今、頭をかかえているのが植栽管理費だ。自主管理が基本で、なんでも自分たちでやってきたものの、木の成長と共に、もちろん住民の高齢化とともに、手に余ってくる。それと共に、剪定にかかる費用が増えてくるわけだ。早いうちの移植、間引き、思い切った強剪定なども必要だ。「新築時にメンテを考慮した防水設計が欠かせない」。この考えは、公共インフラや植栽も同じである。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です