FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
長岡天満宮

長岡天満宮

448長岡天満宮拝殿PG9P2289


本殿檜皮奉賛野お願い 長岡 PG9P2293


本殿

社のHPによると、長岡は、菅原道真が生前、在原業平らと共に、 しばしば詩歌管弦を楽しんだ縁深いところであり、太宰府へ左遷された時、この地に立ち寄り「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだ縁によって、道真自作の木像を祀ったのが同神社の創立であるという。
現在の社殿(本殿、祝詞舎、透塀)は昭和16年に京都の平安神宮の社殿を移築したもの。正面朱塗りの拝殿は既存の拝殿を平成10年に増改築した。池の中堤両側に樹齢百数十年のきりしまつつじが多数植えられており、見事。花の季節には多くの観光客で賑う。

本殿の設計は東大教授の伊藤忠太。.三間社流れ造り、素木の本殿で、 現拝殿は平成10年に既存の素木の拝殿を朱塗りにし増改築したもの。

阪急京都線 長岡天神駅(すべての特急停車)西口より徒歩10分。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
新刊 Q&A 雨仕舞のはなし
Q&A 雨仕舞のはなし
石川廣三著  彰国社 2018年8月10日

雨仕舞の話DSC06893
B6版 248頁 2700円。

目次DSC07279
建築のクレームの中で常にトップを争う「雨漏り」。 それをどう防ぐ?雨の流れ方の特性、地域による違い、日本古来の伝統工法、今に生かせる手法はたくさんある。本書は、雨仕舞研究50年の第一人者が、雨仕舞に関する疑問難問をQ&A方式で解説、問題解決に取り組むための知恵を満載。 また、「水を通すシートで水漏れが止まる?」 など雨仕舞の仕組みがわかるオモシロ実験も6件収録。

石川廣三(いしかわ・ひろぞう) 東海大学名誉教授
1942年東京都生まれ。1964年早稲田大学第理工学部建築学科卒業。1969年同大学院建設工学専攻博士課程修了後、東海大学工学部建築学科に勤務。助手、講師、助教授を経て1981年教授。2008年退官。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。