FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
平成29年度建築物リフォーム・リニューアル調査報告
建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成29年度下半期受注分、平成29年度計、特別集計)

miiderasobatamuki.jpg



国土交通省は、建築物のリフォーム・リニューアル工事の市場規模及び動向の把握を目的として、平成20年度より、建築物リフォーム・リニューアル調査を実施している。平成30年6月29日、平成29年度下半期に元請けとして受注した建築物リフォーム・リニューアル工事について、建設業許可業者5000者に対し調査を実施し、結果を取りまとめた。併せて、平成29年度上半期及び下半期受注分についても、平成29年度計として取りまとめ、国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室 ストック統計係が詳細を発表した。
http://www.mlit.go.jp/common/001240837.pdf

発表されたのは以下。
平成29年度下半期受注分、平成29年度計、特別集計
平成29年度下半期受注分調査報告データ
平成29年度計調査報告データ
平成29年度下半期受注分調査報告(特別集計)データ
平成29年度計調査報告(特別集計)データ
受注高の推移


建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成 29 年度下半期受注分)
平成 29 年度下半期の建築物リフォーム・リニューアル工事の受注高 受注高の合計は、 5兆7,540 億円(対前年同期比29.0%減) <同08.6%減> うち、住宅に係る工事は、 1兆8,606 億円(同24.1%減) <同12.5%減> 非住宅建築物に係る工事は、 3 兆8,934億円(同31.1%減) <同06.6%減>
建築物リフォーム・リニューアル調査報告(平成 29 年度計)
平成 29 年度の建築物リフォーム・リニューアル工事の受注高 受注高の合計は、12 兆4,873億円(対前年度比20.6%減) <同02.5%減> うち、住宅に係る工事は、 3 兆8,295 億円(同31.4%減) <同07.8%減> 非住宅建築物に係る工事は、 8 兆6,578億円(同14.6%減) <同00.1%増>


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
大山 大神山神社奥宮

448国重文明神鳥居PG9P0155

大山神社への石畳の表参道の途中から 左にそれ、石造の国重文明神鳥居をくぐると10分程で、大神山神社奥宮だ。

448神門(後ろ向き門)PG9P9868
神門は、門の表裏が反対になっているため、「後ろ向き門」と言われる。写真は本殿側から見たところ。

448奥宮拝殿PG9P9880
奥宮拝殿
448奥宮拝殿向拝PG9P9883
末社の下山神社と同じ構造の権現造りで、規模は全国最大級。幣殿にある白檀の漆塗りも日本一の規模と言われる。
大神山神社の大神山とは大山の古い呼び名。大国主命(おおくにぬしのみこと)大黒様が祀られている。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」

大山 下山神社
大山 大神山神社奥宮(おくのみや)の末社である下山(しもやま)神社
448しもやま)山神社から大山を望む 
 こけら葺きの屋根と銅板の箱棟。下山神社から大山を望む。
448下山PG9P9919
大神山神社奥宮(おくのみや)の末社で、奥宮の左手に位置する下山(しもやま)神社も、昭和63年に奥宮と同時に国重文に指定されている。建築時期も同じで、奥宮社殿と同じく、本殿・幣殿・拝殿が一体化した権現造りの複合社殿となっており、現在の奥宮社殿より古い形式をとどめており、貴重とされている。

448大神山解説 PG9P9873 (2)

448下山神社解説PG9P9820


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら