(旧 「防水屋台村」建設中)
21回 くまもり 全国大会
新会長は教え子の室谷悠子さん

くまもりPG9P3942

2018年9月30日 一般財団法人日本熊森教会は、兵庫県・尼崎で第21回くまもり全国大会を開催。初代森山まりこ会長の教え子で、熊森を一緒に立ち上げた、室谷悠子氏が第2代会長に就任した。
下の集合写真2列目、中央2人のうち、左が室谷新会長、右が森山前会長。

80021回 熊森全国大会 CCF_000016 (2)
kumamori.org/

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
日シ工 平成30年度通常総会
新会長に大津功氏(セメダイン)

日シ工大津新会長

日本シーリング材工業会は4月24日、東京・中央区のマリオット銀座東武ホテルで、平成30年度、第55回通常総会を開催、新会長に大津功氏(セメダイン)、副会長に和田裕(サンスター技研)・長谷川祐二(横浜ゴム)を選出した。

新年度事業計画として、工業会活動の活性化、技術レベル向上、シーリング業界の地位向上と広報活動などを決定した。 特に規格・制度への対応としては①ノンホルムアルデヒド認定制度継続、⓶住宅瑕疵担保法対応の3条確認制度の継続、③PCP含有シーリング材判定対応の継続④シーリング管理士・技術管理士資格者数の拡大などを決めた。

懇親会では、来賓の経産省製造産業局生活製品課住宅産業室 松田 剛 課長補佐、顧問の東京工業大学田中名誉教授らが祝辞を述べた・

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
「施工と管理」銅屋根クロニクル-53 -
真夜中の銅屋根ウォッチング 江島神社初詣という選択
江島(えのしま)神社 ・神奈川県

竜宮城 P1010135
江島弁財天は西の厳島・竹生島とともに東の代表として、日本三大弁財天と称される。
これらの日本三大弁財天の中で銅屋根比率が圧倒的に高いのが江島神社である。

弁財天 P1010262 (2)
明治元年(1868年)の廃仏毀釈で三重塔の他多くの仏教施設や仏像などが破壊された。明治6年(1872年)神社となり「江島神社」へ改称、僧侶は全員僧籍を離れて神職となり、参詣者の宿泊施設としても利用されていた岩本院は旅館となり「岩本楼」に改称。

53_2018050909442174d.jpg
日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
銅屋根クロニクル 銅屋根クロニクル 53  江島神社(神奈川県))
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№358、2018年4月号より


700 53-1


700 53-2」




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!