FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY388 アンドシーラント100号 松本洋一氏追悼文

日本シーリング材工業会機関誌「&SEAIANT」100号 
工業会は55年目を迎える

S100号 PG9P1506

2018年3月10日、日本シーリング材工業会機関誌「&SEAIANT」100号 が発行された。長年広報委員長を務める飯島義仁氏が発行の経緯や苦労話、創刊時の様子など、「機関誌の変遷」を記している。


800iijima.jpg



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2017年11月13日、74歳で逝去した松本洋一氏の追悼文を、元清水建設 小野正氏が記している。
800ono1.jpg

800ono2.jpg

800ono3.jpg

800ono4.jpg
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
無人航空機の飛行許可・承認手続がより便利に
飛行許可・承認のオンラインサービス開始
国土交通省が4月2日より


国土交通省は平成30年3月20日、4月2日より、航空法に基づく無人航空機の飛行許可・承認手続の利便性向上のためオンラインサービスを開始することを発表した。

 ドローンなどの無人航空機については、その安全性を確保するために、平成27年12月より航空法に基づき飛行空域及び飛行方法が規制されている。 例えば、空港等の周辺や人又は家屋が密集している地域の上空を飛行する場合には、国土交通大臣の許可が必要となり、夜間や目視外等で飛行を行う場合には国土交通大臣の承認が必要となっている。

これらの許可・承認手続は、飛行する地域に応じ定められた地方航空局又は空港事務所等にて行っているが、申請書の記載漏れ等により、申請者と審査側とでやりとりが生じ、手続に時間がかかっているとの声も寄せられていた。 一方で、許可・承認手続の件数は急速に増加し、平成29年はその前年と比べ約1.5倍の件数の許可承認手続を行っており、今後も一層増加することが見込まれている。  こうした状況を踏まえ、航空局では当該手続の利便性向上や円滑化に向けて、平成30年度(4月2日)よりオンラインサービスを開始することとした。

航空局はオンラインサービスの利用により、申請者の方は場所や時間を選ばず申請が可能となるほか、質問に答えていくと申請書が自動で作成されるため、簡単にかつ確実に申請ができスムーズに手続が進むなど多くの利点がある、としている。 


DIPS.png
無人航空機の飛行許可承認手続をオンラインで便利でできる ドローン情報基盤システム(DIPS)のHP

詳細は
www.mlit.go.jp/common/001226550.pdf

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!