FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
静かな屋根

keep quiet !


こえだめにに入らないでください DSC06545

肥溜めの屋根制作中

こえだめの屋根
2018年3月8日世田谷区で撮影

都市近郊農村であった世田谷では、農作物の肥料として下肥(しもごえ=人糞尿)は欠かせないものだった。 汲み取ってきた下肥は、肥溜めに一定期間貯蔵した後、使用する。
 肥溜めの覆いには、屋根のないものもあったが、竹や木を数本渡して、筵(むしろ)をかけただけ、トタンや草で屋根をかけただけのもの、など様々であった。
 世田谷次太夫堀民家園茅葺き研究会が、茅葺きの技術を生かして、肥溜めの屋根を制作している。 完成後は、肥溜めの上に移設する。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!