FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
縄文の家と笹の屋根
笹で縄文の屋根を葺く
2月18日(日) 10時~12時 相模原・勝坂遺跡

相模原縄文

京都の熱い茅葺職人塩澤 実が笹葺き屋根を修理しながら、その魅力を語る。


勝坂遺跡活用実行委員会より   
勝坂を学ぼう!「縄文の家と笹の屋根」~差笹を体験しよう~

今回は講師に伝統技術である笹葺技能をお持ちの職人さんを京都からお招きして、その魅力についてのお話と、屋根材の笹を手に取って、縄文の家作りの一部〈差笹(サシザサ)〉を体験します。

日にち:平成30年2月18日(日曜日)
時間:午前10時~正午
定員:30名(申込み先着順)
参加費:無料
申込み方法:1月15日(月曜日)~2月15日(木曜日)に問い合わせ先へ電話

企画:勝坂遺跡活用実行委員会

会場:史跡勝坂遺跡公園 管理棟(南区磯部1822)
アクセス:JR相模線下溝駅からバス「上磯部入口」下車徒歩5分または下溝駅から徒歩20分
問い合わせ先:文化財保護課 電話042-769-8371




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて