FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建築学会大会始まる(速報)
「育てる」をテーマに広島工大で開催
材料施工部門の報告は659題

448会場 
AIJ・日本建築学会の2017年度大会が、広島市佐伯区の広島工業大学NEXUS21を会場に、8月31日から3日間の日程で始まった。

本年度の学術講演の発表数は6,657題。そのうち9.9%の当たる659題が材料施工部門の発表である。

材料施工委員会広報委員の橘高義典氏によると、「過去10年間の当該部門の発表題数はほぼ10%程度であり、コンスタントな研究活動が継続されている」という。分野別にみれば、材料施工部門の25%を仕上げ技術分野の発表が占め、その中で毎年最大の発表題数を誇るのが防水で、今年は56題と例年並み。タイルは12、塗料・塗装も12で、いずれも減少。内装12、左官18、床材22は例年並み。その他、エイジング・汚れ6、屋根・外装6が報告される。

このほかの特徴として「維持・保全分野では補修・改修が6、耐用年数が4。特に試験方法・調査・診断は42題に達し、ここ数年非常に関心が高い。品質を確保するためには、試験・評価方法が重要であることは言うまでもない。また新たに設けられたUAV・ドローンセッションで6題の報告があり、世の中の趨勢を反映している(橘高広報委員)」としている。

448 10時1分 防水  P8310009
最初の講演が始まるのは10時15分。防水の会場は10時01分時点で、ほぼ満席。

448明治35年の民家の屋根は何で葺かれていたか P8310021
別会場では、「明治35年の民家の屋根は何で葺かれていたか」といった興味深い発表が、ゆったりした部屋で行われる。同時に聞けないのが、残念だ。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会