(旧 「防水屋台村」建設中)
建築学会大会始まる(速報)
「育てる」をテーマに広島工大で開催
材料施工部門の報告は659題

448会場 
AIJ・日本建築学会の2017年度大会が、広島市佐伯区の広島工業大学NEXUS21を会場に、8月31日から3日間の日程で始まった。

本年度の学術講演の発表数は6,657題。そのうち9.9%の当たる659題が材料施工部門の発表である。

材料施工委員会広報委員の橘高義典氏によると、「過去10年間の当該部門の発表題数はほぼ10%程度であり、コンスタントな研究活動が継続されている」という。分野別にみれば、材料施工部門の25%を仕上げ技術分野の発表が占め、その中で毎年最大の発表題数を誇るのが防水で、今年は56題と例年並み。タイルは12、塗料・塗装も12で、いずれも減少。内装12、左官18、床材22は例年並み。その他、エイジング・汚れ6、屋根・外装6が報告される。

このほかの特徴として「維持・保全分野では補修・改修が6、耐用年数が4。特に試験方法・調査・診断は42題に達し、ここ数年非常に関心が高い。品質を確保するためには、試験・評価方法が重要であることは言うまでもない。また新たに設けられたUAV・ドローンセッションで6題の報告があり、世の中の趨勢を反映している(橘高広報委員)」としている。

448 10時1分 防水  P8310009
最初の講演が始まるのは10時15分。防水の会場は10時01分時点で、ほぼ満席。

448明治35年の民家の屋根は何で葺かれていたか P8310021
別会場では、「明治35年の民家の屋根は何で葺かれていたか」といった興味深い発表が、ゆったりした部屋で行われる。同時に聞けないのが、残念だ。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
平成29年(2017)8月30日
ドーム上の月2017830  1831 P8301266 (2)
2017年8月30日18時30分の月。 写真は記事とは関係がありません。

2017 8 30 中国新聞

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
苫の隙間から落ちた雫が私を濡らす
 ♪(/・ω・)/ ♪ 勝手に屋根文庫
お薦めします
ピーター・J・マクミランの「英語で読む百人一首」

例えば百人一首の巻頭歌。 天智天皇の雨漏りの歌をマクミランは、こう訳した。

マクミラン英訳百人一首 P2200255
文春文庫2017年4月10日発行。 780円 269頁。
1959年、アイルランド生まれの詩人、日本文学研究者。日本在住25年。2008年に小倉百人一首を初めて英訳。
彼の英訳を読んで「百人一首が初めて理解できたと話す日本人が、当時から現在まで、大勢いる」という。確かに英語で見えてくる世界がある。
DSC02225.jpg 
「秋の田の 刈穂の庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」
In this makeshift hut
仮庵に降った雨は

gaps in the thatch let dewdrops in,
やはり、苫の隙間から漏るのである。

参考:http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E3%80%8C%E5%A5%A5%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%9A%E9%81%93%E3%80%8D%E7%AC%AC10%E5%9B%9E%E3%81%AF%E3%80%8C%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%B1%E3%81%97&word=%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%AD%8C

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RNY360  建物の劣化診断技術とトライボロジー

建物の再生を支えるトライボロジー技術⑫
設備劣化診断技術

トラ最終 イメージ 

「屋根、防水、雨仕舞」をキーワードとする「ルーフネット」でで、なぜトライボロジーを取り上げるのか。
トライボロジーとは「摩擦や摩耗を制御し、利用する技術」である。「トライボロジー」とは摩擦を大きく、または小さく制御して、モノを滑らかに動かす技術である。建築との関わりでは、免振や曳家のほか、床の滑りや壁面の汚れの問題なども重要だ。屋根の分野では、先人たちは雨水の挙動を経験的に理解しながら屋根材の素材選び、固定方法、勾配などに生かし、屋根づくりの知恵を伝えてきた。
技術情報誌およびポータルサイト『ベアリング&モーション・テック』の編集長である橋浦克彰氏が、建築リフォーム&リニューアル技術誌に「建物の再生を支えるトライボロジー技術」を連載している。その最終回は「建物の性能を再生させるための設備劣化診断技術」を報告している。これを紹介させていただく。

さいしゅうかい
 (テツアド―出版、月刊「リフォーム」2017年8月号)

10 12no1

12no2.jpg

12no3.jpg


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2017年 日本建築学会大会(広島) 8.31(木)~9.3(日) 

研究協議会と講演の見どころ聞きどころ

松
松の精

1.研究協議会「建築保全標準の作成に向けて」
  9月1日 14:45~18:00 Nexus21 101室(デネブホール)
2.研究協議会「鉄筋コンクリート造建築物の限界状態再考~中性化は寿命か?」
  9月2日 10:00~13:30 Nexus21 101室(デネブホール)
3.パネルディスカッション「建築生産の近未来」
  9月3日 10:00~13:30  Nexus21 805室

4.防水講演
  メンブレン 8月31日 10:15~16:36 Nexus21 510室
  シーリング 9月1日  10:00~12:30  Nexus21 510室
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
■8月31日(木) Nexus21 510室
ウレタン塗膜防水 (1)(10:15~10:55)
司会:岡本肇・志村重顕
1402 ウレタンゴム系塗膜防水層施工における施工具に掛かる荷重と施工性 ○梅本康裕(フジタ)(803)  
1403 ウレタンゴム系塗膜防水層の立上り部表面の仕上りに及ぼす粘度と施工具の影響 ○三浦大和(千葉工業大) (805)  

ウレタン塗膜防水(2)(10:58~11:46) 司会:志村重顕・岡本肇
1406 プロセス管理法を用いたウレタンゴム系塗膜防水の品質管 理 その3 施工実験概要および作業時間の分析 ○名知博司(清水建設)(811)  
1407 プロセス管理法を用いたウレタンゴム系塗膜防水の品質管 理 その 4 膜厚の測定 ○法身祐治(長谷工コーポレーション) (813)  
1408 ウレタンゴム系防水材の塗膜厚さ管理基準に関する一提案 ○山宮輝夫(大成建設)
(815)  
1409 超音波法によるかぶせ工法で施工されたウレタン系塗膜防 水層の塗布厚さの推定 ○塚越雅幸(徳島大)(817)  
1410 防水工事において施工管理の改善と職人教育を導入した物 件の10年間の経年調査結果 その1 物件及び施工管理 の概要 ○奈良圭一(日防技研)(819)  
1411 防水工事において施工管理の改善と職人教育を導入した物 件の10年間の経年調査結果 その2 施工時の取組みと 改善及び点検記録の分析・検証結果 ○玉田雄次(匠リニューアル技術支援協会)( 8 2 1 )

性能評価(12:40~13:28) 司会:塚越雅幸・法身祐治
1421 防水層の通気性能実態について ○松本知大(建材試験センター) (841)  
1422 露出防水仕様における断熱・遮熱効果の検証 その3 防 水材温度と消費電力の長期測定結果 ○高槻一成(明治大)
(843)
1423 こけら葺き屋根の雨水排水性能に及ぼす勾配の影響 ○佐藤光輝(千葉工業大)(845)
 
防水設計・施工,その他(16:04~16:36) 司会:長谷川完・井原健史
1435 豪雨多発時代の屋上排水 その1 降雨負荷の傾向に対する屋上排水 ○竹本喜昭(清水建設)(869)  
1436 豪雨多発時代の屋上防水 その2 屋上からの排水の問題 点と将来の排水計画の考え方 ○田中享二(東京工業大)(871)  
1437 木造住宅における縦樋のない防水バルコニー ○鈴木利友(武庫川女子大) (873)  
1438 防水アーカイブズに関する研究 その4 1933年竣工の大 阪ガスビル南館のメンブレン防水について ○中沢裕二(日本防水材料連合会) (875)

その他
■8月31日(木) Nexus21 802室
日本建築史:住宅・門(11:57~12:37)
司会:丸山俊明・野口憲治
9013 蓑虫山人の「籠庵」について ○水野耕嗣(フリーランス) (25)

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||
駅からのシャトルバスを予約しなかった人のために。会場・広島工業大学へのアクセス(建築学会誌アクセスマップより)。
広島市内からタクシー30分、約4000円。
JR「五日市」よりタクシー20分、徒歩30分。広電「楽々園」より徒歩15分。
広島駅から広電2号線宮島口行き、「八丁堀」・「紙屋町西」・「新井口」・「五日市」経由「楽々園」まで50分。
JR広島から山陽本線「新井口」下車乗換、広電「商工センター入口」から乗れば「楽々園」まで約30分。
(広島駅シャトルバス乗り場は、北口、八丁堀ワシントンホテル、紙屋町ANAホテルプラザ)。
・広電「紙屋町西」 から広電2号線宮島口行きで、「楽々園」まで40分。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会







宇宙 
食べれない「豆板」
ス 
ジャンカ・豆板(まめいた)ともいう。コンクリートの打設時の締め固め不足やセメントと砂利の分離によっておこる。防水上の大きなウィークポイントの一つ。
土壁は、じっと見ていても飽きないが、コンクリートも味わい深いものだ。 本日2017年8月29日。旧暦7月8日。 上弦につき、ルーフネット更新。 第359号アプしました。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
鈴木了二 建築と映像の交差点
10月8日(日)13時~17時 埼玉県立近代美術館
美術館講座「映像の可能性」 講師:鈴木了二氏
30 埼玉img060


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
談山神社(たんざんじんじゃ)。

談合の寺

段残神社 P1060388
写真提供 T氏

談山神社(たんざんじんじゃ)。奈良県桜井市の多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は中臣鎌足。藤原氏の祖である中臣鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、十三重塔を建立した。
談山の名は、中臣鎌足と中大兄皇子が、大化元年(645年)5月に大化の改新の談合をこの多武峰で行い、後に「談い山(かたらいやま)」「談所ヶ森」と呼んだことに由来する。

享禄5年(1532年)に再建された十三重塔の他、権殿、本殿、拝殿、楼門、末社などが重文に指定されており、十三重塔は現存する世界唯一の木造十三重塔である。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
6階建て実験住宅でドローンによる点検の実証実験
ドローンで外壁点検と吹付けの検証実験
建研・西武建設などの共同研究を公開

448建研公開実験 P2200389
一眼レフカメラ(ソニーα6000、35㎜/F1.8)を搭載し、建物に55㎝まで接近する大型ドローン。


国立研究開発法人建築研究所は8月22日、茨城県つくば市立原の建築研究所内の展示館と実験棟で無人航空機(ドローン)による建物点検・維持管理手法検証実験を公開した。
実験は、国立研究開発法人 建築研究所、芝浦工業大学 伊代田研究室、同 長谷川研究室、一般社団法人 日 本ツーバイフォー建築協会および西武建設株式会社による共同研究によるもの。
実証実験の対象となった建築物は、ツーバイフォー工法で建設された、高さ 17m、建築面積 39.85 m²、延べ床 面積 201.75 m²、築 1 年の6階建ての実大実験棟で、純木造による現代木造建築としては現在国内最大階数。

今回の実験は3段階で行われ、従来からの①高所作業車と使って目視や打診検査、②地上からの写真撮影による点検の後、新たに③ドローンによる写真撮影による点検を順次行い比較するというもの。
屋根部分など下からは死角となる部分も点検できるほか、使用するカメラの画素数が上がれば点検精度も向上する。


448ドローンスプレー P2200407
壁に向かって塗料を噴射するドローン。 ここでは水を使用。通常のドローンは約400万円。この日使用したドローンは、バッテリーを外し有線給電方式にして、吹き付け塗料用の2Lタンクを装着、外に向けてノズルが伸びている西部建設による特別仕様。

448色とひび割れの識別 P2200425
築年半であり、壁面にひび割れや変色は無いため。各階の窓に、ひび割れに相当する線と色によるこのようなチャートが貼られている。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RNY 359 防水関連の文献資料を分類する

「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館


防水歴史図書館

2010年4月24日に発信を開始した「ルーフネット」の最大の目的は「屋根・防水・雨仕舞」に関する材料・技術・知恵と技・分献等の資料を残すことです。
まず取り掛かったのが文献紹介で、最初の記事が、~「BOUSUIデジタルアーカイブ」防水歴史図書館 開館 ~というものでした。

防水歴史図書館(BOUSUIデジタルアーカイブ)では、文献を1冊ずつ選び、本が書かれた当時の様子、おもな内容、その本のどこが「すごい」のか、現在生きる人たちにとって、どんな価値があるのか、それぞれの資料を担当するキュレーターが、時には執筆関係者への取材を交えて、分かりやすく解説します。


と気合が入っていました。もちろん今も同じです。
http://www.roof-net.jp/index.php?ARCHIVES
で、それらの文献と資料をご覧ください。

月のフェイズに合わせ、ほぼ週刊でアップしてきた「ルーフネット」 も現在358号となりました。 350を超えたのを機に、このあたりで、今後のために、文献の整理方法を考えてみました。

30 図書分類法img051 (1)
30図書分類法img051 (2)

我が国の図書館で利用される分類法は、多くの図書館で利用される①日本十進分類法。②国立国会図書館分類法。 ③国際十進分類法(UDCコード)に基ずく日本建築学会図書館の分類です。

30建築学会図書館分類(国際分類 (1)
30建築学会図書館分類(国際分類 (2)
30建築学会図書館分類(国際分類 (3 ) 


防水に関わる文献資料ですから、建築学会分類によるべきでしょうが、何分細かすぎる。 そこで、建築学会図書館分類にできるだけ沿った形で、分類を試みてみました。
<

a href="http://blog-imgs-108.fc2.com/r/o/o/roofnet/20170823134415360.jpg" target="_blank">30 20170823案



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
平成29年(2017)8月23日 旧暦7月2日  処暑 
処暑(しょしょ):立秋から数えて15日目頃。暑さが和らぎ、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
厳暑も峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山では秋の気配を感じる(はず)。


クズ。建築研究所の夏。 処暑とはいえ、炎天下で15分のバス待ちは命がけだ。

P2200429_20170823150742039.jpg
ギンナン。
P2200427_2017082315073824e.jpg
クリ。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
プロジェクトアシアス第19回研修セミナー
「マンションを取り巻く悪徳コンサルタントの実態に迫る【後編】」
~悪徳コンサルタントに騙されないためのチェックポイントと勘所~

根付 ケータイストラップ DSC00088


プロジェクトアシアスはさる6月30日(金)の18回セミナーで、「このまま放置すれば、改修業界が疲弊し、発注者の利益につながらない」。として、発注者を食い物にする悪徳コンサルへの対抗手段を解説した。 今回はその続編。
8月25日 18時15分から、東京・JR中野駅前の中野サンプラザで開催される。

参加費:3000円/人(管理組合役員等関係者は、1500円/人)
定 員:70名
主 催:プロジェクトアシアス
後 援:東京建物診断協同組合
講 師:鈴木 哲夫
問い合わせ先
TEL 03-3204-1530(鈴木哲夫設計事務所 代行)
FAX:03-3203-1503 メールアドレス:s-arc@tsaa.jp

前回の様子は
http://www.roof-net.jp/index.php?%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%81%8C%E6%B8%BE%E8%BA%AB%E3%81%AE%E7%AC%AC18%E5%9B%9E%E7%A0%94%E4%BF%AE%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
民泊ホテルの前を神輿が通る
商店街と一体化した民泊型ホテル

民泊ホテルの前を神輿が通る
東京都北区・中田端町内会の神輿が商店街を通る。昔ながらの個人商店が活気の源だ。下町の暮らしが息づくその一角に立つ、民泊サービス型のホテルが完成した。2階の見学者が神輿を眺める。

イラスト

高池葉子建築設計事務所設計・監理によるJR駒込駅近くの民泊サービス型ホテル「Urban Lodge Komagome」が竣工。
8月20日(日)に内覧会を開催した。ホテルは「田端銀座」の中にあり、昔ながらの商店街と連続性のある建築となっている。

街の要素を取り込んだファサード
街の要素を取り込んだファサード。
RC造、一部鉄骨造。敷地面積:80.12㎡、建築面積:54.90㎡、延床面積:170.25㎡。

設計者・コンサルタントを対価の多寡で選んで良いのか
公開シンポジウム「設計者・コンサルタントを対価の多寡で選んで良いのか」
-知的生産者の公共調達に関わる法整備~会計法・地方自治法の改正~




■ 日時 2017年9月11日(月)14:00~17:30
■ 会場 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
■ 参加費 無料
日本建築学会・日本学術会議共催
詳細
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/248-s-0911.pdf


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
鶴川絵日記 20170819

実 P8130002

茶の実 2P8130005
茶の実
チャノキ学名: Camellia sinensis


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RNY358 銅屋根クロニクル45 新潟県政記念館

国内で唯一現存する府県会議事堂の遺構
新潟県政記念館

内部議長席より

建物は木造2階建、桟瓦葺き。正面玄関のある中央棟の左右(南北)に大きな切妻屋根の棟を正面に向けた両翼を張り出し、屋上中央に八角塔屋を構えた左右対称の擬洋風建築である。規模は間口が両翼部分を含めて43.7メートル、奥行は北翼(向かって右)が21.9メートル、南翼は14.6メートルである。北翼はもと議場で、2階部分は大部分を吹き抜けとするが、壁に沿った部分にギャラリーを設け、傍聴席としていた。ギャラリーは1階床に立てた鋳鉄製の柱で支えている。南翼は1階が傍聴人控室、2階が議員控室だった。中央棟には廊下に沿って知事室、議長室などの部屋が並ぶ。建物の隅や窓枠を縁取る石貼り(地元産の間瀬石を使用)や、軒周りの垂飾り、棟端の擬宝珠形の妻飾りや破風板の刳形などの意匠に、明治期擬洋風建築の特色がある。小屋組をクイーンポストトラスとし、窓を上げ下げ窓とする点などには西洋の建築技術や様式が取り入れられている。
伝統建築と西洋建築を織り交ぜた典型的な擬洋風建築で、文明開化期の高揚感が感じられる。

P7020141.jpg
県会議事堂新設を訴えたのは県令(現在の県知事)永山盛輝。1882年(明治15年)5月建設に着手、翌年3月に完成。議事堂庁舎を設計したのは当時の大阪駅などを手掛けた新潟県西蒲原郡出身の大工棟梁・星野総四郎。建設には3万7千円の巨費をかけ、本県出身の新進建築家星野総四郎を起用し設計・監督に当たらせた。
建設場所は、火災の心配がなく、新鮮な空気に富んだ信濃川に臨む河畔の白山公園隣接地を選び、完成した建物は見事な洋風建築で、当時の人々は目を見張ったという。

7,8がつごう P2200253

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

同屋根クロニクル45新潟県政記念館(旧新潟県会議事堂) (新潟県)
銅クロimg048

銅クロ45-2img049

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
「ものづくり・匠の技の祭典2017」
東京国際フォーラムで3日間
「ものづくり・匠の技の祭典2017」


防水コーナーも大賑わいDSC00042
防水コーナーも大賑わい

衣食住あらゆる分野で日本を支える伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2017」が、8月9日(水)~11日(金・祝)の3日間、東京国際フォーラムで開催された。主催は東京都。地下2階のメイン会場では、東京都等の技能士会連合会、職業能力開発協会に参画している団体がそれぞれ嗜好を凝らして出展した。ブースではさまざまな職種のものづくりを体験する親子の姿が多く見られた。 また実演や鑑賞、商品を購入することもでき、盛りだくさんの内容で、会場は賑わいを見せていた。

この祭典は、日本のものづくりを支え、伝統を継ぐ約80団体が、衣・食・住・工・伝統工芸・全国のゾーンに分かれ、匠の技術の実演や逸品の展示紹介するもの。建築関連では、防水、大工、左官、瓦、タイル、板金などの技術が紹介された。
夜のニュースDSC00083
kawara shounenn (1)


また期間中は、ステージ上にてさまざまなイベントが開催される。オープニングイベントでは国内外で活躍する左官職人の「挾土秀平」氏が、匠の技を披露、初日夜のTVニュースでも紹介されていた。

suzuki.jpg
kawakami.jpg
uchida.jpg
ウレタン防水材を使用した携帯ストラップ造りが人気

防水関係では、東京都の委託を受け昭和52年度より防水工事施工職種の技能検定実技試験を実施し、下部組織である「東京都塗膜防水技能士会」が講習会を行い優秀な防水施工技能士を育てている東京都塗膜防水技能検定協議会などが20名のスタッフの協力を得て参加した。
その他、主な建築仕上げ関係の参加は以下の通り。

左官 :東京都左官組合連合会 左官の最高級の上塗りに属する「大津磨き仕上げ壁」の構造体を展示。匠による現代大津磨きの実演、塗り壁体験、光る泥団子づくり体験。
板金: 東京都板金工業組合 東京都建築板金技能士会 金属の展性・延性を生かした板金技術による作品の実演、展示、販売。板金工具を使ったホイッスル、レリーフ製作。
かわらぶき :東京都かわらぶき技能推進協議会 『KAWARA』は1400年の歴史ある屋根材。かわらぶきマイスターが2級技能検定内容を実演。実際の瓦で施工体験。
塗装 : 東京都塗装工業協同組合 建物は塗装を施すことで保護されている。塗装職人の技と、機能性塗料・高意匠性塗料など多種多様な塗装を展示
タイルアート :東京都タイル技能士会 タイルは数千年前のエジプトピラミッドの装飾に遡る歴史的な建材・意匠材である。モザイクアート、世界で1つのマイ・タイルアートを体験。
内装 : 東京内装仕上技能士会 内装仕上げの技能は、建設現場で壁紙やプラスチック製床材、カーテン等を施工するときに使われる。プロの指導で体験工作。インテリア雑貨販売。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RN357   夏休み特別号 (後編)

茅葺き博士(安藤邦廣筑波大名誉教授)に聞く
茅葺き屋根による循環 と苫の思想  (後編)

夏の特別号茅葺きインタビュー(後編)表紙

img025.jpg

img026.jpg

img027.jpg

img028.jpg

img029.jpg

img030.jpg

img031.jpg

img032.jpg


img033.jpg


img034.jpg


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2017 年 長崎原爆忌
長崎原爆忌 2017年8月9日
長崎原爆忌 2017年8月9日 銀座教会でDSC00081
東京・銀座教会


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
RN356 夏休み特別号(前篇)
茅葺き博士(安藤邦廣筑波大名誉教授)に聞く
茅葺き屋根による循環 と苫の思想  (前篇)
 

1000夏の特別号茅葺きインタビュー(前編)表紙


1000 2img018



1000 3



1000 img020


1000 img021

1000img022.jpg

1000img023.jpg

1000img024.jpg

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会