FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
南極建築は日本初のプレハブ建築
5月27日までLIXIL:GINZA で南極建築展

南極はがき

モリナガ・ヨウのミニ原画展」は5月9日(火)まで
会場:LIXIL:GINZA 1階レセプションスペース
http://ax86.asp.cuenote.jp/c/bohYaa7lrug7cOag
「南極建築 1957-2016」のために制作された建築物のイラスト原画を中心に、他の作品原画も含めた27点を展示。


1957年、日本の南極観測が始まった。 越冬隊が観測のために命を預ける建築は、素人でも短時間で作れる木質パネルのプレハブ建築だった。パネルには、最高の素材と木工技術を駆使し、「工芸品」とも言われた。
日本建築学会は南極建築委員会を立ち上げ、総力を結集して設計・製作に挑戦した。その責任者が浅田孝。浅田はメタボリズムのリーダーの一人だ。

南極
1957年、日本の南極観測が始まった。 越冬隊が観測のために命を預ける建築は、素人でも短時間で作れる木質パネルのプレハブ建築だった。
イラストには、「パネル目地は、気密性を高めるため、外側からコーキングで密閉」と書かれている。

448南極建築 青焼き 
企画展示に合わせて発行される書籍に、「屋根パネル組み立て工法」の青焼き図面が挿入されており、「エバーシールで外部目地を充填する」と書かれている。
この時期、田中享二氏(東京工業大学名誉教授)は極地研究所から南極建築で使用するシーリング材の試験を依頼され、報告書をまとめている。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会