FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY339 「施工と管理」 銅屋根クロニクル-42  妙福寺(東京)
「施工と管理」銅屋根クロニクル-42」-
多摩の銅屋根ウォッチング隠れスポット

P2180137.jpg


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
「施工と管理」№346、2017年3月号の「銅屋根クロニクル」は東京都・町田市の妙福寺。
ルーフネット339号の読み物は、「多摩の銅屋根ウォッチング隠れスポット 妙福寺(東京) 屋根の板金技」の記事を転載させていただきます。

P2180182.jpg

「長祐山妙福寺」は、1391 年、足利将軍が幕府 を開き明と国交を開いた頃開山。身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の日億聖人によって開か れた池上本門寺・鎌倉妙本寺両山の旧末寺。約 5000 坪の境内にある伽藍のほとんどが、東京都 や町田市の有形文化財に指定されている。 この美しい銅版葺きの鐘楼門は、くぐり門形式 のめずらしい建物で、延享 3 年(1746 年)に建立 されたもの

42 doukuro DSC09383


銅屋根クロニクル 42 妙福寺(東京都)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№346、2017年3月号より
(画像をクリックすると拡大します。)
42-1).png
42-2.png
42-3.png

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


enikki 20170330
ミツバアケビの開花
mitsuba akebiDSC00905

三つ葉アケビDSC00909
外断熱材に絡みつくミツバアケビ

鶴田裕&田島常雄コレクション 
「昭和40年代の鉄道写真」
鉄道車両の屋根材で始まった田島ルーフィング

448 つるた
3月21日(火曜)~28日(火曜)  東京・岩本町 田島ルーフィングショールーム


15R0140587.jpg

R0140588.jpg
総合防水メーカー田島ルーフィングの田島常雄会長は鉄道写真の世界ではちょっと知られた存在だ。しかし鉄道との関わりという点では、創業者の田島武長氏には及ばない。同社のギャラリーにはこんな記述がある。
「客車や貨車の防水性を高めたい」。当時はまだ国営の鉄道院に勤務していた創業者・田島武長は考え続けていた。そこで生まれたのがパーマネント・ルーフィングだ。アスファルトで加工した2枚の布を張り合わせたその製品の防水性は画期的だった。その実績をたよりにルーフィング製造会社塗料会社を経て、創業者は、1919年田島ルーフィングの前身となる「応用化学研究所」を設立した。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら