FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第1回 建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」
5/18(木)13:30~17時
東京・建築会館ホールで

ドローン軍艦島
ドローンで撮影した軍艦島65号棟(写真・宮内博之氏)

5/18(木)13:30~17時 に、以下のとおり第1回建築ドローンシンポジウムが開催される。
今後,大規模修繕か部分修繕かの大まかな判断に、ドローンの活用が期待されている。当日は、建物劣化調査に関わる国の動向、点検調査事例、技能、海外事例等が紹介される予定。


第1回 建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」 建築物の維持保全の合理化を図る一つの手段として、UAV(以下、ドローン)技術の利活用に着目し、建築分野に係るドローンの技術情報の収集、建築物の点検・調査技術、そして建築分野でドローンを安全に活用するためのガイドライン等について検討している。一方で、ドローン産業は未だ黎明期であり、建築分野でのドローンの活用を促進させるためには、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、今回、「建築×ドローン2017」のシンポジウムを企画した。本シンポジウムでは、ドローンにおける国交省の動向、本 WG の活動内容、安全飛行と技能、建築物の点検・調査事例、海外のドローン技術等の最新情報を通して、建築分野におけるドローンの活用の可能性を見出すきっかけとなることを期待する。

主 催 材料施工委員会 耐久・保全運営委員会
後援予定 日本建築仕上学会、ミニサーベイヤーコンソーシアム
日 時 2017 年 5 月 18 日(木)13:30~17:00
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)

<プログラム> (敬称略)
司会:兼松学(東京理科大学)
1.主旨説明 宮内博之(建築研究所)
2.ドローンに関わる国交省(建築分野)の動向 眞方山美穂(国土技術政策総合研究所)
3.UAV を活用した建築保全技術開発 WG の活動報告 宮内博之(前掲)
4.ドローンを活用したインフラ点検調査事例 石田敦則(三信建材工業)
5.ドローンを活用した建物外壁点検調査事例 大場喜和(ERI ソリューション)
6.ドローンを活用した建築外壁タイル仕上げ調査事例
  河辺伸二(名古屋工業大)、渡辺正雄・中島圭二(コンクリート技術支援機構)
7.構造被害調査へのドローンの活用 楠浩一(東京大学)
8.海外におけるドローン最新技術動向 石田晃啓(三信建材工業)
9.ドローンの飛行安全と操縦技能について
  酒井学雄(ミニサーベイヤーコンソーシアム/スカイスコープソリューションズ)
10.まとめ 鹿毛忠継(国土技術政策総合研究所)

定 員:150 名
参加費:会員 4,000 円 会員外 6,000 円 学生 2,000 円
Web 申込み https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=1765



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会