FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY336  ドローン技術と建築維持保全への活用   
平成28年度 国立研究開発法人 建築研究所講演会
研究報告とパネル展示

建研会場 P2210595

国立研究開発法人 建築研究所は平成29年3月3日、東京・有楽町の朝日ホール(有楽町マリオン11階)で、平成28年度 国立研究開発法人 建築研究所講演会を開催した。

研究発表は以下(敬称略)
①省エネ評価の高度化-省エネ基準義務化をふまえて-
環境研究グループ 主任研究員 三浦 尚志
②ドローン技術の動向と建築維持保全への利活用の検討
材料研究グループ 主任研究員 宮内 博之
③建築ストック活用に向けた建築物の情報マネジメント技術に関する研究と課題
建築生産研究グループ 主席研究監 髙橋 暁
④木材を利用した耐火構造の技術開発
防火研究グループ 上席研究員 成瀬 友宏
⑤応急仮設住宅から災害公営住宅等の恒久的住宅への移行の実態と課題 -東日本大震災から5年-
住宅・都市研究グループ 主任研究員 米野 史健
⑥平成28年熊本地震による建築物の被害調査及び要因分析等の対応
構造研究グループ 上席研究員 井上 波彦
⑦特別講演~「熊本地震による木造住宅の被害から耐震設計を考える」
東京大学名誉教授 坂本 功

建研、宮内氏発表 P2210583
材料研究グループの宮内博之主任研究員(写真 )は「ドローン技術の動向と建築維持保全への利活用の検討」として、
・ドローン技術の動向と取り組み
・ドローンを活用した建物調査診断方法(案)
・ドローンによる建物診断例
・建築分野においてドローン活用に必要な事項
などを報告した。

20EPSON002 (2)
ドローンを活用した建築保全技術(案)
25EPSON002 (3)
建物調査診断方法(案)

20ドローン表1
20ドロン表2


ドローンパイロット
ドローン操作中の宮内氏。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

銅板を竹に変える
竹節(たけぶし)という道具。

竹樋
孟宗竹などの竹を縦に割り、節の部分を抜いて軒樋(のきどい)としたものを、竹樋(たけどい)という。
これはもちろん竹ではない。 銅板を使った板金職人の仕事である。(写真・佐藤孝一。神奈川県)


竹節1 P2020316
銅板を竹に変身させる道具がこれ。「竹節」である。

竹節2P2020320
竹節の使い方を見せる京都府板金組合の田原理事長。(写真・JWHA日本防水の歴史研究会)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


 リニューアル技協が平成29年4月22日(土)に配管でセミナー

マンション給排水設備改修工事その1
配管材料とシステム


セミナーパンンフ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
特定非営利活動法人 リニューアル技術開発協会(望月重美会長)が平成29年4月22日(土)に管理組合向けセミナー開催。

同協会では、今回が第1回目として「基礎知識編」を、第2回目を7月に「調査・診断編」を、第3回目を10月に「改修工事編」としてコースを完結するよう企画している。

問い合わせ  NPO法人リニューアル技術開発協会 〒104 -0041  東京都中央区新富1-3-2 新富町1丁目ビル3F TEL:03-3297-0176  FAX:03-3297-0246
URL:http://www.renewal.or.jp/   E-mail:jimukyoku@renewal.or.jp


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

 騙されないため 管理組合と大規模修繕
大規模修繕での談合、リベートの実態
週刊ダイヤモンド のマンション特集

338週刊ダイヤモンド 騙されないための管理組合と大規模修繕のツボ
週刊ダイヤモンドが 2017年2月4日号P84~93 で、「業者に騙されない マンション管理と大規模修繕」 を掲載している。

特集の狙いを同誌は「複数の管理会社や設計コンサルへの取材を通じて、談合によって高値につり上げられた工事費の一部がリベートとして、管理会社や設計コンサルに渡っている実態をつまびらかにする」こととする。
○マンション工事業者と管理会社・設計コンサルの談合をめぐる関係図
○工事の公募記事が時に談合を生み出す装置に
○悪質コンサルの接待費が修繕費から
○国交省も調査を開始
○管理組合高齢化による機能不全
○積立金不足の実態と対策
○共用部分の地震対策
○駐車場使用料は修繕積立金会計に
○修繕積立金の目安として、国は1平米あたり200円/月。実情はその半分。
などが紹介されている。

読者対象は住民だ。 しかし、適切な工事の完成を第一義とする談合に加わらない工事業者や設計コンサルにとっては、この記事は、住民の理解を得るための一つのツールとして利用できるかもしれない。

例えば、小規模マンション改修の工事業者の応募条件に、資本金1億円以上、のほか、工事実績件数や工事金額を指定して、「協力関係」にある大手に絞り込む。談合でリベートを得ようとする設計コンサルに共通するのは工事管理費が格安。など。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会