FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
適切な施工確保のための技術者制度検討会
第14回適正な施工確保のための技術者制度検討会

国土交通省は12月20日、「第14回 適正な施工確保のための技術者制度検討会」を開催した。座長は、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻・小澤一雅教授。

会場PC200104

少子高齢化、労働力不足が懸念されるわが国で、ひと際人材不足が深刻な建設業界。技術者の高齢化が進むとともに、若年入職者が減少しているため、建設業の担い手の確保と育成が喫緊の課題となっている。そこで国土交通省では、優秀な技術者の確保と育成を促すための施策を検討するため、「適正な施工確保のための技術者制度検討会」を設置。2014年9月とから検討会を開いて、話し合いを進めてきた。

委員」PC200103

検討会では技術制度の現状と課題の確認、新たな施策についての議論が行われるが、具体的には技術検定資格が早期に取得できるよう、実務経験期間の見直しや、主任技術者と監理技術者の役割の明確化など、各種制度の再検討を行っている。
14回目となる今回の検討会では、1 技術者の役割に応じた配置・専任要件の基本的枠組みの再検討料2 技術者倫理について料3 技術検定制度の見直し 4.技術者制度検討会の当面のスケジュールなどを検討した。

20技術者制度検討会



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

縦樋のダイナミクス

toiphoto20161223
樋のダイナミクスPB280208
厚みのある銅の量感と緑青がタイルの質感を際立たせる。
竪樋ダイナミックスPB280210
養生筋の鉄さびが、さらに力強さを加える。 京都市美術館。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会