FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
Yanenikki 橿原神宮かしはらじんぐう

幣殿P2020234

日本書紀において奈良・橿原は日本建国の地と記された。さらに天照大神あまてらすおおかみの血を引く「神倭伊波禮毘古命かむやまといわれびこのみこと(後の神武天皇)が、国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、畝傍山うねびやまの東南の麓に橿原宮を創建した」と書かれている。
第一代天皇として即位したのが紀元元年、今から約2,600年前

P2020172.jpg
幣殿の鬼板。千木の根本のもので、縦100センチ、横190センチ、幅30センチ、表面に直径35センチの菊の紋章が施されている。



設計は伊東忠太(いとうちゅうた)。山形県出身。慶応3年(1867年) - 昭和29年(1954年)。明治から昭和期の建築家、建築史家。西洋建築学を基本に置きながら日本建築を見直し、日本建築史というジャンルを創始。法隆寺が日本最古の寺院建築であることを学問的に示したことで有名。
それまで「造家」と訳されていた「Architecture」は、「建築」と訳すべきと提唱した。これを受けて造家学会は「建築学会」に(1897年(明治30年)、東京帝国大学工科大学造家学科は建築学科に(1898年(明治31年))改称。
1943年(昭和18年)建築界初の文化勲章受章。

平安神宮1895年(明治28年)に先立つこと5年、1890年(明治23年)の創建。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


NUKが 「MOCAを含むウレタン防水材の取り扱いについて」改訂版

全防協と共同で1月発行目指す。

お尻が3つP1010064
(写真は京都市美術館の屋根飾り。記事とは関係がありません。)

厚生労働省は11月30日、MOCAを含む製品について、法令に基づく暴露防止措置などの徹底、膀胱がんに関する検査の実施等の要請を関連業界に要望した。 これを受けてNUK・日本ウレタン建材工業会(三浦吉晴会長)は、12月19日、すでに発行していた冊子「MOCAを含むウレタン防水材の取り扱いについて」を(一社)全国防水工事業協会と共同で、改訂版の準備を進め、来年1月には発行する予定であることを発表した。

NUKによると、MOCA(モカ : 3.3’-ジクロロ-4.4' -ジアミノフェニルメタン)は、ウレタン防水材の液状の硬化剤に練りこんであるもので、空気中に飛散することはない。また取材と硬化剤が反応硬化する過程で消費され、ウレタン塗膜防水材の中に残存しないため毒性もなくなり環境を汚染することはない。しかし特定化学物質障害予防規則(特化則)の第2類に分類されていることから、同工業会としてはMOCAを含むウレタン防水材の取り扱いに際し、昭和63年に「MOCAを含むウレタン防水材の取り扱いについて」
の冊子を、発刊していた。


NUK MOCA 50




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会