FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
名建築が生きのびる方法
東京人2017年1月号に「中銀カプセルタワービルの使い方」

中銀カプセルタワービル保存・再プロジェクト代表の前田さんから、先週「12月2日発売の”東京人”に面白い記事が載りますよ」という連絡をもらった。
東京人2017年1月号  DSC00039
当日の昼前に、図書館に行ってみたが、まだ並んでいない。その足で本屋に向かい入手する。「東京で全国のうまいものを食う」という特集だ。目次で見つける。P116からP123 まで。8ページ。自称「古い建築が好きな”建てたがらない建築士”」いしまるあきこ氏が執筆した「中銀カプセルタワービル・名建築が生きのびる方法」のことだった。

都市出版(株)が発行する月刊誌”東京人”は約10年前にカプセルタワーの建て替え問題について黒川紀章氏へのインタビュー記事を掲載している。2007年2月号、で松葉一清氏が黒川紀章氏に「築34年目にして取り壊しの危機に瀕している日本を代表する現代建築の保存問題」を聞いたものだ。前年の206年、管理組合の取り壊し賛成派が過半数を締め、アスベスト問題を絡めてマスコミが大きく取り上げた。また2007年1月には黒川氏が設計した国立新美術館が開館している。この年の10月同氏が亡くなった、そんな時期だ。

「メタボリズムの代表的建築というのに、なぜ黒川氏は保存、カプセルの交換をしなかったのか」としばしば問われる。このインタビューで、いかに本人が、カプセルタワーを残したかったか、努力をしたかが、読み取れる。

それから10年、日本建築学会や建築家協会、ドコモモなどの保存要望とは別の立場で、ただこの建物が好きな人たちが、雨漏りもものともせず住みつき、それぞれの立場、思い思いのやり方で保存運動を始めている。

名建築が生き残る方法 DSC00037

ライターのいしまるあきこさんも、そんな一人だ。ネット情報で見つけたカプセルタワービルに住んで、シェアオフィスとして使用しながら、みんなで使いながら名建築を次世代に引き継ぐ、とても具体的で魅力的な提案をしている。

いしまるあきこDSC00038

この提案はいしまるあきこさんのHPでも見ることができる。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

大鬼(おおおに)・隅鬼(すみおに)・降り鬼(くだりおに)
櫛田神社神殿の大鬼(鬼板)

櫛田 大鬼 P2130974

P2130984.jpg
博多の総鎮守。「お櫛田さん」の愛称で市民から親しまれている。祭神は大幡主命(櫛田宮)・天照皇大神(大神宮)・素盞嗚尊(祇園宮)。櫛田神社は伊勢松坂の櫛田神社を勧進したものだと考えられ、天正15年(1587年)の豊臣秀吉が博多復興にあたり、現在の社殿を建立寄進した。
同社に奉納される博多祇園山笠は、博多の夏の風物詩として全国的にも有名である。境内の「櫛田の銀杏」の根元には2点の蒙古碇石がある。

住所:福岡市博多区上川端町1-41
アクセス:地下鉄「中洲川端駅」「祇園駅」徒歩5分
参拝時間:本殿4:00~22:00

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

檜皮葺きの劣化(毘沙門堂)
毘沙門堂(山科)

毘沙門堂の檜皮PB280103

15毘沙門堂解説PB280098

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会