FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY320 「施工と管理」銅屋根クロニクルー38-

神武天皇元年創建  関東最古の大神社


roumonn.jpg

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら→http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

doukuro_201611012116350fb.jpg
ルーフネット320号の読み物は、「神武天皇元年創建  関東最古の大神社」。
鹿島神宮は、古文書では神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられている。近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と歴史の長さでは別格の存在。日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社である。旅立つ際に道中の無事を鹿島神宮で祈願する「鹿島立ち」の文化も育まれた。
JR鹿島神宮駅より徒歩10分。
P8150101.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
銅屋根クロニクル 38 鹿島神宮(茨木県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№341、2016年10月号より


kashima 20

kashima2 20










↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会