FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
第 17 回司法支援建築会議講演会 「躯体を巡る建築紛争の実態と対応」
「構造スリット」などを含めて広く 議論

akebiPA040066.jpg


日本建築学会司法支援建築会議は建築物を支える「躯体」に関して設計責任・施工者責任・監理者責任 の観点から、建築紛争の実態と紛争につながる不具合事象について「構造スリット」などを含めて広く 議論を行うため、講演会を開催する。

主 催:日本建築学会 司法支援建築会議運営委員会普及・交流部会
日 時:2016 年 11 月 28 日(月)13:30~17:30
会 場:建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)
プログラム: (敬称略)
司 会 宮内 靖昌(普及・交流部会/大阪工業大学)

1.開会挨拶13:30~13:35 辻本 誠 (司法支援建築会議運営委員会委員長/東京理科大学)
2.主旨説明13:35~13:45 井上 勝夫 (司法支援建築会議 普及・交流部会長/日本大学)
3.基調講演「近年の建築紛争の実態」13:45~14:25 齋藤 大(東京地方裁判所民事 22 部判事/裁判官)
4.主題解説(躯体を巡る建築紛争の実態と対応)
4-1 構造に関する設計者・施工者・監理者の責任14:30~15:00 大森 文彦(東洋大学法学部教授/弁護士)
4-2 構造設計における建築紛争の要因15:00~15:30
金箱温春( かねばこ よしはる )(工学院大学教授/金箱構造設計事務所 代表取締役)
4-3 施工不良を巡る建築紛争の実態15:30~16:00
宮本 慶中 けいちゅう (構造企画KDM代表/一級建築士)
4-4 構造における工事監理者の責任16:00~16:30 柴田 亮子(司法支援建築会議 調査研究部会/弁護士)

(休憩)

5.総合討論16:40~17:25 進行:一瀬 賢一(普及・交流部会/大林組)
6.まとめ・閉会17:25~17:30 山本 康友(普及・交流部会/首都大学東京)

参加費:会員・会議会員 1,000 円、会員外 2,000 円、学生 500 円 定 員:200 名
問合せ:司法支援建築会議事務局 TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058 E-mail:shiho@aij.or.jp

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会