FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY315 すべらせないトライボロジー
「仙台堀切川モデル」に見る床/靴のすべり制御

織マクロPA030037


「トライボロジーと建築」というと免振や曳家などを思いつくが、床の滑りや壁面の汚れの問題なども重要だ。屋根の分野では、先人たちは雨水の挙動を経験的に理解しながら屋根材の素材選び、固定方法、勾配などに生かし、屋根づくりの知恵を伝えてきた。
「屋根、防水、雨仕舞」をキーワードとする「ルーフネット」でも、このトライボロジーは取り上げたい分野でありながら、先送りになっていた。このほど技術情報誌およびポータルサイト『ベアリング&モーション・テック』の編集長である橋浦克彰氏が、建築リフォーム&リニューアル技術誌に「建物の再生を支えるトライボロジ―技術」として建築におけるトライボロジー技術の応用事例を紹介している。

建物の再生を支えるトライボロジ―技術 ②  
すべらせないトライボロジー  「仙台堀切川モデル」に見る床/靴のすべり制御
テツアド―出版、月刊「リフォーム」2016年9月号より転載

東北大学・堀切川一男(ほっきりがわかずお)教授の研究室では早くから、歩行中の滑り転倒を防止する靴底/床面間の問題に取り組んでいる。地元の産学官のトップが一緒に研究開発・製品化を進める堀切川研究室の活動は「堀切川モデル」と命名されている。


2-2 (2)
2-2 (1)
2-4 (2)
2-4 (1)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会