FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2016年建築学会大会 九州 福大会場に3日間
材料施工部門は全体の1割強 756題

学会会場P8240001
福岡大学正門。 初日は開会式の開始30分前には、資料販コーナーに長蛇の列ができていた。

大会プログラウ P8240081
猛暑の3日間。2日目の福岡は37.5度を記録。


部門別発表件数
2016年度大会学術講演部門別発表題数

今年度の材料施工部門の学術講演部門別発表題数は756題(前年より106題増加)で、過去10年間では最大となった。建築デザイン発表会を含む全発表題数は7,138題で、10%以上が材料施工部門となっている。この傾向はここ10年来続いており、研究活動がコンスタントに続いていることを示している。
このうち仕上げ技術分野の発表は194題で前年より40題増加。防水関連は71題で、ほぼ前年並み。

アーカイブterauchiP8240034 - コピー

iijimaP8240044 - コピー

二期目を迎え、資料収集を続けてきたた防水アーカイブ委員会は、今回初めてその成果の一部を「防水アーカイブズに関する研究
~霞が関ビルCWシーリング設計関連資料収集状況~」として、委員の寺内伸氏(写真上)、飯島義仁氏(写真下)が発表した。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会