FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
凍土シール作戦は破綻
福島第一原発の汚染水対策
地下水遮れず

819 asahi
8月19日朝日新聞

 東電は8月18日、福島第一原発の汚染水対策として実施している凍土壁について、凍結開始から4カ月半経過したが、なお1%ほどが凍っていないと原子力規制委員会の検討会に報告した。凍土の壁で地下水の流れを遮るという当初の計画は達成されておらず、橘高(きつたか)義典・首都大学東京教授は、規制委の外部有識者として「計画は破綻(はたん)している」と指摘した。

 東電の報告では、「3月末に凍結を始めた長さ約820メートルの区間の温度計測点のうち、8月16日時点で99%が零度以下になったが、地下水が集中している残りの部分はまだ凍っていない」とした上で、「セメントなどを注入すれば凍らせられる」と主張した。

 凍土壁の下流でくみ上げている地下水の量は、凍結開始前とほとんど変わっておらず。外部有識者の橘高(きつたか)義典・首都大学東京教授は「凍土壁で地下水を遮る計画は破綻している。このまま進めるとしても、別の策を考えておく必要がある」と指摘した。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

28年度労務調査で、関連団体向け説明会
調査精度向上のため、関連団体向に説明会
調査概要説明と質疑応答

kokkoushou.jpg

国土交通省は平成28年8月19日(金)14:00~15:00、中央合同庁舎3号館 10階共用会議室A (東京都千代田区霞が関2-1-3)で、公共事業労務費調査(平成28年10月調査)に関する関係建設業者団体向け説明会を開催した。
.
これは平成28年度における公共事業労務費調査の実施にあたり、関係建設業者団体向けに行ったもので、 公共事業労務費調査は、公共工事における予定価格の積算に使用する公共工事設計労務単価を決定するために、例年10月に実施している。
今年度の調査を実施するにあたり、調査の精度向上及び円滑化を図るため、関係建設業者団体への説明会を開催したもの。

当日は、
 (1)公共工事設計労務単価・公共事業労務費調査の概要
 (2)公共事業労務費調査(平成28年10月調査)の概要
 が説明された。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会