FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
琵琶湖ホテルの鬼
琵琶湖ホテル旧本館の鬼瓦

鬼 P7070469

解説 P7070471
大津はかつて瓦産地として有名で、旧本館の8組の鬼瓦は大津の瓦工房で復元された。

琵琶湖ホテル P7070479

琵琶湖ホテル - 1934年(昭和9年)竣工の旧本館(大津館)はRC造の近代和風建築であり、近代化産業遺産に指定。1998年(平成10年)ホテルの移転新築に伴い敷地及び建物を大津市に譲渡。修復された現在の建物は2002年に文化施設「びわ湖大津館」として活用されている。滋賀県大津市柳が崎5-35

琵琶湖ホテル エントランスP7070474


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

8月15日の新聞
2016年8月15日

2016年8月16日の新聞

精一杯の言葉と、聴こうとしない耳。
精一杯の言葉と、聴こうとしない耳


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

一枚瓦城主 募集中
3000円で水戸城城主に。
水戸城大手門など復元整備寄付金

1枚瓦城主P2200511
記名会で、平瓦、丸瓦に、自分で名前を書く。 その瓦が復元建造物の屋根に葺かれる。


P裏2200512

水戸市が一枚瓦城主を募集している。

水戸城大手門等の復元整備寄付金「一枚瓦城主」を募集
ご自分や家族の名前を未来に残しませんか?


というものだ。 募集期間は平成27年5月1日(金)からおおむね3年間。目標額
は1億円以上。

趣旨: 弘道館・水戸城跡周辺地区は、水戸らしさの原点である歴史や文化が築かれ、育まれてきた、水戸の顔とも言える重要な地区です。  水戸市では、本地区の個性と魅力を磨き上げ、来て、見て楽しめる交流拠点の形成を目指し、在りし日の水戸城歴史的建造物のうち、大手門・二の丸角櫓・塀の整備を進めています。


 
 特 典 1回の額

3千円以上1万円未満
一枚瓦城主手形(ブロンズカード:有効期間1年間)、
竣工写真ポストカード

1万円以上10万円未満
一枚瓦城主手形(シルバーカード:有効期間3年間)、
竣工写真ポストカード、オリジナル手ぬぐい

10万円以上100万円未満
一枚瓦城主手形(ゴールドカード:有効期間5年間)、
竣工写真ポストカード、オリジナル手ぬぐい、
鬼瓦レプリカプレート(実物大の1/2サイズ)、感謝状

100万円以上 一枚瓦城主手形(プラチナカード:有効期間10年間)、
竣工写真ポストカード、オリジナル手ぬぐい、
鬼瓦レプリカプレート(実物大サイズ)、感謝状

問い合わせ: 旧水戸城大手門等復元整備促進実行委員会
(水戸市教育委員会事務局教育部歴史文化財課内)
〒310-0852 水戸市笠原町978-5   TEL:029-306-8132 
  FAX:029-306-8693   メール:bunka@city.mito.lg.jp


スケさんの右奥に水戸城址 P2200653
スケさんの右奥の緑が水戸城址。(写真・茨城A.Sさん)