FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 308 カプセルタワー
中銀カプセルタワー保存要望書(建築学会、建築家協会、docomomo)
 
kかぷせる


中銀カプセルマンションこと「中銀カプセルタワービル」。昭和47年(1972年)竣工。黒川紀章の初期の代表作で、当時世界的に話題になった「メタボリズム建築運動」の世界初の実用建築である。
建築関係者の中でも、「え、まだ壊して無いの?」という人が少なくない。

建物名:中銀カプセルタワービル
設計:黒川紀章/黒川紀章都市計画事務所
所在地:東京都中央区銀座8-16-10
用途:集合住宅
規模・構造:SRC造、一部S造、地上11階~13階地下1階
建築面積:429.51㎡  延床面積:3091.23㎡
竣工:1972年(昭和47年)

1の目サイコロがたくさん積み重なっている。西洋人にはドラム式の洗濯機に見えるそうだ。「幹」に取り付けられた床面積10平方メートルの立方体ユニットを交換することで、建物としては新陳代謝を繰り返すことができる。2007年に管理組合の議決で解体が決定したのだが、実行されないまま時効になり、「保存か建て替えか」振り出しに戻った格好だ。しかし保存・再生プロジェクトの活躍により、世界初の実用メタボリズム建築が、メタボであることを実証できる可能性が出てきた。

保存活動を今後取り上げるにあたって、保存要望書をまとめておく。

JIA 日本建築学会の中銀カプセルタワー保存要望書

建築学会 (1)

建築学会 2

建築学会 3(2)


DOCOMOMO Japan の中銀カプセルタワー保存要望書

doco1.png

doco2.png



JIA 日本建築家協会の 中銀カプセルタワー保存再生に関する要望書

JIA (2)



ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会