FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2016年度 日本建築学会大会[九州]

メインテーマは みんなとけんちく
gakkai

会期
8月24日(水)~ 8月26日(金)

会場
福岡大学 七隈キャンパス(福岡市城南区七隈8-19-1)
地下鉄空港線 博多駅→天神駅(約6分)→乗換(徒歩約8分)→七隈線 天神南駅(約16分)→福大前駅

-----------------------------------------

研究協議会・研究懇談会・パネルディスカッション
8月26日(金)
<午前>
構造〔仮設構造〕
期限付き建築物のメリットを活かした構造設計法の具現化


8月25日(木)
<午前>
材料施工
環境負荷低減に対応した建築外皮における防水技術の将来像―ガラスファサードのシーリング防水技術の現状と進化

<午後>
建築歴史・意匠
国立近現代建築資料館を国立建築博物館に―ネットワークでつなぐ新しい博物館のかたち 歴史意匠編

-------------------------
学術講演会

材料施工(1001~1757)は8月24日から26日まで10号館で開催される。
防水、屋根、雨仕舞関係の発表は以下。 (* ルーフネット編集部が独自の視点で注目している発表をあげました)。

■8月24日(水) 10号館1031室
防水設備(9:15~10:03) 司会:山宮輝夫・福田杉夫  6件
耐風性・雨じまい(10:06~10:54) 司 会 :司 会 : 山 宮 輝 夫 ・ 福 田 杉 夫  6件

*1358 こけら葺き屋根の雨水排水性能に及ぼす風の影響 ○佐藤光輝(千葉工業大)・石原沙織 (715)

ウレタン防水 (1)(10:57~11:45司 会 : 長 谷 川 完 ・松 本知大  6件

*1365 視覚的観点からみたウレタン塗膜防水におけるふくれ そ の1 官能検査条件の検討 ○和田渉平(千葉工業大)・石原沙織・ 古澤洋祐・田中享二 (729)  

*1366 視覚的観点からみたウレタン塗膜防水におけるふくれ そ の2 ふくれの認識限界と美観上の許容限界 ○古澤洋祐(AGCポリマー建材)・和田渉平・ 石原沙織・田中享二 (731)

*1368 塗膜厚さを基としたウレタン防水工事仕様の検討 ○山宮輝夫(大成建設)・田中享二・竹本喜昭・ 渡辺光・ 小 関 晋 平 ・ 鈴 木 博 ・ 島

高日射反射(13:30~14:18) 司 会 : 大 西 正人・阿知波政史 6件


特殊性能・標準化(14:21~15:09) 司会:大西正人・阿知波政史 6件

*1382 わが国における防水技術専門家もしくは防水コンサルタント の職能とありかたの考察 ○田中享二(東京工業大)・宮内博之・ 山宮輝夫・ 堀長生・田辺幹夫・中沢裕二・山田人司・ 佐藤篤・井上隆司

耐久性(1)(15:12~16:00) 司会:片岡弘安・中沢裕二 6件 

耐久性(2)(16:03~16:59) 司会:片岡弘安・中沢裕二 7件

*1394 軍艦島構造物の屋上防水層調査 ○鈴木崇裕(アスファルトルーフィング工業会)・ 古賀一八・中沢裕二・工藤勝・神谷愼吾・ 島村浩行・佐々木健一・八木裕明 (787)

■8月26日(金) 10号館1032室
折板屋根材・組積材料(9:00~9:48) 司会:金澤光明・吉澤玲児 6件

*1519 温泉地における折板屋根材の劣化に関する研究 その1  折板屋根材の成分分析結果に関する考察 ○石田久美子(JR東日本ビルテック)・ 杉村達朗・ 田 部 双 葉 ・ 勝 田 賢 悟 ・ 笠 原 康 多 ・ 佐 藤 博 之 ( 1 0 3 7 )  

* 1520 温泉地における折板屋根材の劣化に関する研究 その2  折板屋根材に影響を与える要因とその対策に関する考察 ○田部双葉(東日本旅客鉄道)・勝田賢悟・ 杉村達朗・ 石 田 久

■8月26日(金) 10号館1033室
補修材料(9:00~9:48) 司会:西脇智哉・越中谷光太郎 6件

*1638 建築仕上材料のコンクリート中性化抑制効果の評価方法に 関する研究 ○児玉文悟(首都大)・橘高義典・松沢晃一 (1275)  

*1639 被覆材および含浸材によるコンクリートの中性化抑制効果 に関する検討 ○山本佳城(大成建設)・吉田泰・陣内浩・ 渡邉悟士・黒岩秀介・並木哲 (1277)  

* 1640 コンクリート用表面含浸材の撥水効果の温度依存性に関す る研究 ○勝又洸達(東京理科大)・今本啓一・清原千鶴 (1279)

非構造部材の維持保全(9:51~10:39) 司会:西脇智哉・越中谷光太郎 6件

*1643 旅客上家における谷樋オーバーフロー抑制に関する研究  その1 原寸模型を用いた物理実験 ○渡邉修平(JR東日本ビルテック)・ 猪又宏太郎・遠田光志 (1285)  

* 1644 旅客上家における谷樋オーバーフロー抑制に関する研究  その2 実際の駅旅客上家における効果の検証 ○遠田光志(JR東日本ビルテック)・ 猪又宏太郎・渡邉修平 (1287)  

*1645 旅客上家における谷樋の詰まり防止に関する研究 ○森本太一(西日本旅客鉄道)・吉峰侑吾・ 北原英明・伊賀はるな (1289)  

* 1646 アクリルゴム系剥落防止塗膜の劣化度調査方法に関する調 査報告 ○寺島辰郁(コンステック)・石塚貴夫・ 上澤道彦・道村和正 (1291)  

* 1647 塩化ビニル樹脂系シート防水の取替え判断基準に関する研 究 ○佐々木淳(東日本旅客鉄道)・河合秀智・ 八城雅弘・笠原結樹・原基 (1293)

実構造物調査(1)(10:42~11:30) 司会:山本佳城・蓮尾孝一 6件

*1649 材料劣化した構造部材の簡易性能評価のための基礎的研究 および軍艦島構造物の構造性能調査に関する研究 ○関新之介(東京理科大)・今本啓一・清原千鶴 (1297)

*1651 築50年を経過したRC打放し建築物におけるコンクリート の物性調査 その1.調査概要と中性化深さの測定結果 ○瀬古繁喜(愛知工業大)・今本啓一・ 寺西浩司・ 野口貴文・兼松学・山田和夫

*1654 築50年を経過したRC打放し建築物におけるコンクリート の物性調査 その4.吸水試験の結果 ○寺西浩司(名城大)・瀬古繁喜・今本啓一・ 野口貴文・兼松学・佐藤晴香・丹羽大地 (1307)

補修・改修(13:30~14:10) 司会:瀬古繁喜・寺西浩司 5件

*1662 敷地境界に近接した庁舎建物を使用しながら実施した曳 家・免震化施工 その1:全体概要 ○中村和成(大成建設)・石田俊久 (1323)

■8月24日(水) 10号館1034室
シーリング材 (1)(9:15~9:55) 司会:大澤悟・松尾隆士 5件

シーリング材 (2)(9:58~10:46) 司会:大澤悟・松尾隆士 6件

*1679 防水アーカイブズに関する研究 その2 霞が関ビルCW シーリング設計関連資料収集状況 ○寺内伸(建築ガスケット工業会)・田中享二・ 飯島義仁・野口修 (1357)

シーリング材 (3)・ガスケット(1)(10:49~11:37) 司会:山田人司・山下浩平 6件

ガスケット(2)(11:40~12:20) 司会:山田人司・山下浩平 5件

補修改修・維持保全(16:03~16:51) 司会:奥田章子・田村昌隆 6件

*1716 外壁診断にかかる作業日数に関する調査 診断装置の活用 にあたっての基礎検討 ○眞方山美穂(国土技術政策総合研究)・ 棚野博之・根本かおり (1431)  

* 1717 チッタゴンの歴史的建造物の外装仕上材料の劣化状況 バ ングラデシュにおける歴史的建造物の評価と保存方法に 関する基礎的研究(その2) ○土屋潤(九州大)・谷正和・田上健一・ 井上朝雄・岸泰子 (1433)

■8月25日(木) 10号館1034室

床(1)(9:00~9:48) 司会:永井香織・福田眞太郎 6件

*1722 摩耗による床のすべりの変化の予測方法に関する基礎的研 究 ○小寺啓介(東京工業大)・工藤瑠美・ 福田眞太郎・横山裕 (1443)

試験・性能評価(11:33~12:21) 司会:横井健・高橋宏樹 6件

*1738 コンクリート表面の物性が雨滴の流下距離・速度に及ぼす 影響の分析 ○佐山諒(建材試験センター)・藤本郷史 (1475)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会