FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2016年黒川燃水祭
2016年7月1日 黒川燃水祭斎行
古式に則りカグマで採油

2016黒川燃水祭採油の儀P7010427
7月1日、新潟県胎内市のシンクルトン記念公園の原油が湧き出る池で、黒川燃水祭が行なわれた。
燃水祭は、日本書紀の天智天皇7年(668)の条に「越の国から燃える水を天智天皇に捧げた」という記述があることにちなんで、行なわれている。

 黒川の地名は湧き出した原油が川に流れ、真っ黒になったことから付いたといわれている。燃水祭は1983年から地元の保存団体「越の国黒川臭水(くそうず)遺跡保存会」が行っている。地元の小学生などおよそ80人が見守る中、保存会の関係者が、カグマと呼ばれるリョウメンシダの一種の葉を池(油坪)に浸したあと、葉を絞って油を集めた。集めた油に火をともす点火の儀の後、参加者が砂をまいて清め、(清砂の儀)近江神宮の神職に油(燃える水)を手渡した。

今年は小学生もせいさのぎP7010486
今年は、小学生代表の2名も、砂を撒いた。

スタンバイ行列P7010567
献上行列
出発 P7010582

市内行列 P7010616

 黒川の地名は湧き出した原油が川に流れ、真っ黒になったことから付いたといわれている。燃水祭は1983年から地元の保存団体「越の国黒川臭水(くそうず)遺跡保存会」が行っている。
 集めた油は天智天皇を祭る滋賀県大津市の近江神宮で、7日に行われる近江神宮燃水祭で奉納される。

 儀式の後、黒川小学校の児童は「石油が黒いのはなぜ」「石油はどんな場所で出るの」などを質問し、参加した石油関係者が、わかりやすく答えていた。。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会