FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
4月2日 東京下町桜の名所でパークぺインティング
今回も匠リ協が協力
4月2日 東京下町桜の名所でパークぺインティング


 4月2~10日、猿江恩賜公園(江東区毛利2、03・3631・9732)。166本のソメイヨシノが見頃を迎えている園内で春のイベントを行っている。
sぷりんぐフェスタ2016

初日の4月2日は、長さ約30メートルの木綿キャンバスに、水性ペイントで自由に絵を描ける「パークペインティング」を実施(2日午前11時から、先着100人、雨天時は翌日に延期)。巨木を使ったチェーンソーアート(2日)や、ミニコンサート(3、9、10日)、約1万本のチューリップやスイセンなどを照らすキャンドルナイト(8~10日午後7~9時)なども行われる。雨天時は一部中止。参加無料。

kaijyou_201604021913241f5.jpg
パークペインティングの様子。
kodomo.jpg

パークペインティングは、桜並木の中央に幅130センチ、長さ31メートルのキャンバスを作り、その両面に子供たちを中心に絵を描くという試み。




tamaki kakiumi


pinmnkuwotsukuru.jpg
いずれも絵を描くといっても大勢の子供たちが何色ものペンキを使って一斉に筆を動かせば、大混乱する。単にペイントを調達するだけでは始まらない。道具をどう手渡し、長大なキャンバスにどう描きすすめるか、色分けや洗浄の仕方、処理方法などの難問がある。これに一昨年から協力しているのが、防水・塗装・左官などの技能者育成・技術支援を行っているNPO法人「匠リニューアル技術支援協会」http://www.npo-takumi.or.jp/。 

一昨年から赤、黄、緑、青、黒、白色のペイントと刷毛及び容器の提供、調色指導、道具の洗浄液の回収などに協力している。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

公共建築工事標準仕様書等を3年ぶりに改定 ~より環境に配慮した仕様に見直し~

公共建築工事標準仕様書等を3年ぶりに改定
~より環境に配慮した仕様に見直し~
.
禅寺丸柿の新芽P4010008

国土交通省は 「公共建築工事標準仕様書」等については3年毎に見直しを行っている。平成28年版を平成28年3月31日に、ホームページに掲載し、4月1日よりより適用開始した。同仕様書等は、公共建築工事において使用する材料、工法等について標準的な仕様を取りまとめたものであり、工事請負契約における契約図書のひとつとして使用される。同仕様書等の適用により、建築物の品質及び性能の確保、設計図書作成の効率化並びに施工の合理化を図ることを目的としている。

 
  ・標準仕様書関連のアドレス
    http://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_tk2_000017.html#2-5
    ※現在掲載している平成25年版も引き続き掲載。


 公共建築工事標準仕様書等の改定に伴い、公共建築工事標準単価積算基準も併せて見直している。

  ・工事費積算関連のアドレス
    http://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_tk2_000017.html#2-6