FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
雨水(あまみず)活用で建築学会が講習会
雨とどう向き合うか。
技術基準制定で雨水活用推進に弾み

雨水活用会場
講習会会場

日本建築学会環境工学委員会は2016年3月7日、東京・田町の建築会館ホールで雨水活用に関する講習会を開催した。
「雨を防ぎ流し去る」という従来の建築のつくり方を根本的に見直す必要がある、と考えた建築学会は、雨を貯めて活かす「蓄雨(ちくう)」という新たな概念を提示し、2011 年「雨水活用建築ガイドライン」を制定した。さらに2014 年4 月に「雨水の利用の推進に関する法律」が公布され、これまでと社会の状況が変化している。建築学会環境工学委員会水環境運営委員会では、その後も雨水への取り組みを継続的に行い、このほど「雨水活用技術規準」(A4版 90 頁)を刊行した。
この基準をテキストに3月7日(月)建築、造園、土木の技術者や自治体職員、市民、雨水施設の管理者を対象に、今後の設計、管理、運用に役立つよう講習会を開催した。

後援:雨水貯留浸透技術協会、雨水利用事業者の会、給排水設備研究会、空気調和・衛生工学会、浄水器協会、東京建築士会、東京建築士事務所協会、土木学会、日本雨水資源化システム学会、日本建築家協会、日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会。

雨水活用
左:司会の笹川みちる氏、右:同基準刊行小委員会主査の神谷博氏。

当日のプログラムは次の通り (敬称略)。
13:00~14:00雨水活用の考え方と蓄雨の概念 神谷 博(法政大学)
14:00~15:00 蓄雨の計算方法と事例への適用 笠井利浩(福井工業大学)
✤休憩
15:15~16:15 雨水活用の評価と事例の調査研究 屋井裕幸(雨水貯留浸透技術協会)
司会:笹川みちる(雨水市民の会)。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会