FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
KRK 平成28年新年会
新春講演会は千葉工大石原准教授

KRK新年会長谷川会長 
講演会後の懇親会で挨拶する山口会長。

KRK講演会
講演テーマは「石原研究室における研究内容紹介」


合成高分子ルーフィング工業会(KRK)は平成28年1月22日、東京四谷のスクワール麹町で、平成28年新年会を開催した。

懇親会に先立って行われた講演会では、屋根・壁を対象に「、耐久性や伝統的建築材料、屋根」をキーワードに研究を進めている千葉工業大学石原沙織准教授が、研究室の研究内容を紹介した。具体例として、ウレタン塗膜防水層の膜厚と施工性の研究報告、また伝統的建築材料では、次のように報告した。

伝統的建築材料のうち、良いものは継承してゆきたいが、高機能・高性能建材には劣る部分がある。それは施工性、コスト、メンテの難しさなど。一方良い点は、シックハウス症候群の抑制、吸放湿性、防カビ、脱臭、耐久性、柔らかさ、香などである。この材料を残すには、良い部分を見直し、使いやすいように工夫する、他の使用法を考える。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会