FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNface 20160102
池上本門寺 
face P1020441

P1020436.jpg

P1020433.jpg
東京・池上本門寺 大堂:大堂(祖師堂)   旧大堂は、昭和20年4月15日の空襲で焼け、昭和39年、鉄筋コンクリート造の大堂が再建された。寺のHPによれば、
「旧大堂は、慶長11年(1606)加藤清正が、母の七回忌追善供養のために建立、間口25間の堂々たる大建築であった。清正公が兜をかぶったまま縁の下を通ることができたと伝える。その壮観さを江戸の人々は「池上の大堂」と称し、これに対して、上野(寛永寺)は中堂、芝(増上寺)は小堂と呼んだという。」


池上本音字本殿P1020431
日蓮宗大本山 長栄山 池上本門寺 (ちょうえいざん いけがみほんもんじ)
大堂(祖師堂)昭和39年建立 鉄筋コンクリート造 入母屋造 本瓦葺 間口15間 奥行16間 240坪 棟高27.27メート

アクセス
〒146-8576 東京都大田区池上1-1-1  TEL 03-3752-2331(代)
東急池上線「池上駅」下車徒歩10分 、都営浅草線「西馬込駅」南口下車徒歩12分 


* 鐘楼の梁にも噛みついているようです。(正確にはくわえている)探してみてください。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会