FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根とセンダンの実
四天王寺六時堂の屋根

せんだん PC040226
長楕円形の実がなり、10月頃に淡黄色に熟す。葉が落ちた後も残り目立つため、屋根や時代の入った壁に映える。

せんだん PC040225
紫桃の小さな花も美しい。屋根は青く見えますが銅板ではありません。瓦です。六時堂は、境内中央にある大きなお堂で、昼夜6回にわたって礼讃をするところから六時堂の名がついたという。

せんだんの実PC040237
センダン
ムクロジ目 センダン科センダン属の落葉高木。別名としてオウチ(楝)、アミノキ,トウヘンボクなど。
「栴檀は双葉より芳(かんば)し」のことわざでいう、センダンはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指す。
さらし首の台にした木ともいわれたり、インフルエンザの予防役になるという2004年の特許が公開されている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会