FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 273 「施工と管理」銅屋根クロニクル-28-
「施工と管理」銅屋根クロニクル-28-
金沢城 (石川県)

kanazawajyou1 P9100133


(一社)日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら→http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
第28回は雪を頂く富士のように美しいとたたえられた石川県の金沢城です。銅板が雪に見える?いえ、実は銅ではなく鉛板板なのです。厚さ1.9ミリの鉛瓦で、すべての屋根が覆われています。鉛の屋根は日本では2例しかないといいます。

kanazawa城 2P9100336


銅屋根クロニクル 28 金沢城
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№332、2015年11月号より

銅クロ11月PB300258

pdf