FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
toi photo 秋の竪樋
銀座の秋の竪樋

竪樋紅葉とP2170038
東京銀座.街路樹のアメリカハナミズキの紅葉がコンクリートとステンレスに映える。

プラスの竪樋 P2170037
パイプラインが外壁を引き締める。

非常階段と竪樋 
空地のおかげで普段は見えない非常階段と太い竪管の魅力を堪能できる。

8丁目銀座非常階段と竪樋 P2170048
こういった貴重な組み合わせも、銀座では珍しくない。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

RNY272 建築学会 防水シンポ 2 
日本建築学会第8回 防水シンポジウム (続)

第8回 防水シンポジウム 材料施工委員会防水工事運営委員会

司会
写真右・総合司会の宮内博之氏(建築研究所)



11月12日(木)13:00~17:00、建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)で開催された第8回目となる防水シンポジウム。日本建築学会材料施工委員会防水工事運営委員会が行ったもので、今回は防水工事運営委員会傘下の委員会活動成果の中から、「ウレタン防水層の脱気設計法」「シーリング材の耐疲労性区分に基づく耐用年数設定方法の提案」「地下の防水の現状と課題」および「ガラスファサードの可能性と構造シーラントに求められるもの」の4つのテーマについて活動内容を公開した。

プログラム
1.ウレタン防水層の脱気設計法
古澤洋祐(AGCポリマー建材)

2.シーリング材の耐疲労性区分に基づく耐用年数設定方法の提案
伊藤彰彦(オート化学工業)、

3.地下の防水の現状と課題
古市光男(日新工業)、

4.ガラスファサードの可能性と構造シーラントに求められるもの

ウレタン
古澤洋祐氏(AGCポリマー建材)


シーイング
伊藤彰彦氏(オート化学工業)、


P2170074.jpg
古市光男氏(日新工業)、