FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 建築ストック統計 平成27年1月1日現在の暫定値を公表
建築物ストック統計(平成27年1月1日現在)
国交省 7月30日 発表


ファイブスター
真夜中のファイブスター。(写真は記事とは関係がありません)

 国土交通省は、我が国の建築物を対象とし、住宅・土地統計調査、法人建物調査及び建築着工統計調査を基に、住宅、非住宅の別に用途別、構造別、竣工年代別等に床面積の総量を推計した建築物ストック統計を作成しており、7月30日、建築物ストック統計(平成27年1月1日現在)(暫定値※)をとりまとめ、公表した。
建築物ストック統計(平成27年1月1日現在). 
http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000545.html


平成27年1月1日現在の我が国の
建築ストック総面積は、73億6,567万㎡。 
このうち
住宅は 55億 2,973万㎡(対前年比 0.6%増)、
非住宅は 18億 3,594万㎡(対前年比 0.3% 増)
となった。

ただし平成23年3月11日に発生した東日本大震災で被害の有った建物は含まれていない。
なお、津波により全壊、大規模半壊の被害があった建物は2,976万㎡と推計している。このうち住宅は2,167万㎡(住宅ストックの0.40%)、非住宅は810万㎡(非住宅ストックの0.45%)となる。


住宅


非住宅



建築物ストック統計 法人等の非住宅延べ床面積(竣工年代・構造・用途別)  単位:万㎡

35トリミングのみ


我が国の建築物ストックの特徴として、以下の点を挙げている。
○新耐震基準が定められた1981年以降に建てられた建築物の延べ床面積の割合は、69.3%。
○全建築物ストックの延べ床面積における住宅の割合は、75.1%。
○住宅の延べ床面積における木造建築物の割合は、67.5%。
○非住宅の延べ床面積における非木造建築物の割合は93.1%。
○非住宅の延べ床面積における割合で大きなものは、事務所・店舗(32.8%)、工場・倉庫(42.9%)。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

絵日記  真夏の屋上庭園
隠れる蟷螂
L10C0007 (2)
2015.8.12 ケータイ撮影。


逃げる蟷螂
L10C0004 (2)


連続猛暑記録更新中。土厚30センチ。遮るものなし。 カンカン照りの屋上緑化は、植物にとっては過酷だが、屋根スラブにしてみれば随分楽なはずだ。 ただし防水さえキチンとしていればの話だが。

屋上庭園に植える植物の選択は難しい。条件差が多く、あまり定石に囚われないほうがよい。いろいろ試して、当たればもうけけもの、といったいい加減さも大事だ。

この現場での実績。適応度ランクで言えば
憎らしいほどの萩、雪柳、レモングラス。  驚きのシュウメイギク、スパニッシュひまわり。 定番のローズマリー、ラベンダー、オレガノ。案外いけるバラ、桔梗。 料理に欠かせない山椒やハランはお手上げ・・・。
お試し下さい。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会